zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建総合問題⑥

カード 30枚 作成者: ゆういちろう (作成日: 2013/11/28)

  • 流通業務地区において住宅を建設しようとする者は、原則として①の許可を受けなければならない(流通業務市街地の整備に関する法律5条1項)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

宅建のための総合問題集その⑥

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    流通業務地区において住宅を建設しようとする者は、原則として①の許可を受けなければならない(流通業務市街地の整備に関する法律5条1項)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 都道府県知事

    解説

  • 2

    法人の役員に宅地建物取引業法に違反し、罰金の計に処せられ、その刑の執行が終わり、5年を経過しないものがいる場合は、その法人は免許を受けることが①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • できない

    解説

  • 3

    AB間の媒介契約が専属専任媒介契約である場合で,Aが所定の期間内に指定流通機構に登録をしなかったときには、免許権者または、Aが業務を行う都道府県の知事より、①を受けることがあるが、②を受けることはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①監督処分(指示処分)②罰則の適用

    解説

  • 4

    都市計画施設の区域又は市街地開発事業の施行区域内において建築物の建築を行おうとする者は,一定の場合を除き,①の許可を受けなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 都道府県知事

    解説

  • 5

    <開発許可の基準について>自分で住むためなら、地すべり防止区域の開発も可(都市計画法33条1項8号)、道路が無くても開発は可(2号)、水道が無くても開発は可(4号)、資力が無くても開発は可(12号)、工事施行者に完成能力が無くても可(13号)、①は、絶対必要(3号)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 排水施設

    解説

  • 6

    換地処分は、“原則として”換地計画に係る区域の全部について土地区画整理事業の工事が①において行わなければならないが、規準・規約・定款などで別段の定めがあれば区域の全部について土地区画整理事業の工事が②、換地処分をすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①完了した後②完了していなくても

    解説

  • 7

    地区計画の区域のうち地区整備計画が定められている区域内において、建築物の建築等の行為を行う者は、一定の行為を除き、①までに、行為の種類、場所等を市町村長に届け出なければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 当該行為に着手する30日前

    解説

  • 8

    <宅建業法33条>「工事の完了前においては」①があった後でなければ「業務に関する広告をしてはならない。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 必要な許可・建築確認等

    解説

  • 9

    【所有権以外の権利に関する仮登記に基づく本登記】申請する場合は、登記上の利害関係を有する第三者の承諾等は①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「不要」

    解説

  • 10

    木造建築物で「必ず」構造計算を行わなければならないのは①階以上(地階含む)または②㎡超または③高さm超または軒高④m超

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①3階以上②500㎡超③13m超④9m超

    解説

  • 11

    Aが,Bに代理権を授与してA所有の土地を売却した。Bがこの土地の買主となるためには①が必要。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Aの同意

    解説

  • 12

    期間の定めのある契約が法定更新された場合,法定更新後の契約は、①を除いて従前と同一条件となり、①の定めのない賃貸借になります。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 期間

    解説

  • 13

    質権の設定を他の債権者(第三者)に対抗するためには、確定日付ある証書で債権者から債務者への①の通知、または②がなされていることを要します。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①質権設定②債務者の承諾

    解説

  • 14

    Aが,Bに対して有する金銭債権をCに譲渡した場合について、債務者が承諾する場合は、①のどちらに対して行ってもかまいません。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 譲渡人・譲受人(A又はC)

    解説

  • 15

    ①代理人は、代理人の責任で復代理人を選任できますが、②代理人は、本人の承諾またはやむを得ない事由が必要です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①法定②任意

    解説

  • 16

    宅地建物取引業者は、営業保証金を供託したときは、その供託物受入れの記載のある供託書の写しを添付して、その旨をその免許を受けた①又は②に届け出なければならない(宅建業法25条4項)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①国土交通大臣②都道府県知事

    解説

  • 17

    準都市計画区域における①㎡以上の開発には開発許可が必要です。医療施設は、これまで開発許可不要な建築物でしたが、法改正により現時点では許可が必要となりました。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3000㎡

    解説

  • 18

    借地権の存続期間の満了によって、その借地上の建物の賃借人が土地を明け渡すべきときは、建物の賃借人が借地権の存続期間が満了することをその①までに知らなかった場合に限り、②は、建物の賃借人の請求により、建物の賃借人がこれを③範囲内において、土地の明渡しにつき相当の期限を許与することができる。これは、借地権が④の場合であっても適用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①1年前②裁判所③知った日から1年を超えない④事業用定期借地権

    解説

  • 19

    意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは、①とする。ただし、表意者に重大な過失があったときは、表意者は、自らその①を主張することができない。 (民法 95条

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無効

    解説

  • 20

    開発許可を申請する者は,①に,開発行為に関係がある公共施設の管理者と協議し,その②を得ること,また,開発行為により設置される公共施設を管理することとなる者と③することが義務付けられています。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①開発許可の申請の前②同意③協議

    解説

  • 21

    宅地建物取引業者は,抵当権に基づく差押えの登記がされている建物の貸借の媒介をするにあたり,貸主から当該登記について告げられなかった場合、借主に対し35条書面で説明①。37条書面で記載②

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①必要②不用

    解説

  • 22

    金銭の給付を目的とする債務の不履行による損害賠償について、①は、不可抗力をもって抗弁とすることができない。よって、①の責に帰すべき事由がなくても、損害賠償の義務があり、遅延損害金の支払義務を負う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 債務者

    解説

  • 23

    【相続】:欠格、排除は①がありますが、放棄の場合は①はありません。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 代襲相続(相続を放棄した相続人の子は代襲相続はできない!!)

    解説

  • 24

    保証協会は,弁済業務保証金から生ずる利息又は配当金,及び,弁済業務保証金準備金を弁済業務保証金の供託に充てた後に社員から納付された還付充当金は,いずれも弁済業務保証金準備金に繰り入れ①。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • なければならない

    解説

  • 25

    注視区域内においては,①で定める面積以上の土地売買等の契約を締結する場合に届出が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国土利用計画法

    解説

  • 26

    【所有権に関する仮登記に基づく本登記】登記上の利害関係を有する第三者がある場合には、第三者の①があるとき(又はこれに対抗することができる裁判があるとき)に限り、申請できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 承諾

    解説

  • 27

    宅地であれば①、建物については②があった後は広告が出来る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①開発許可②建築確認等

    解説

  • 28

    宅建業者が業務に関する帳簿を備え付けなかったときは,「監督処分」として指示処分の対象となり,罰則として「①以下の罰金」に処せられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 50万円

    解説

  • 29

    宅建業者が業務停止期間中は、①に関して宅建業の業務をすることができない。ただ、更新の申請や変更の届出をすることはできます。もちろん、免許の更新も受けることができます。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 販売活動全般

    解説

  • 30

    AB間の媒介契約が専任媒介契約である場合で,Aが,当該宅地について指定流通機構に登録をし,当該登録を証する書面の発行を受けたとき,Aは,その書面を遅滞なくBに①。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 引き渡さなければならない

    解説

56767

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ