zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建総合問題⑤

カード 30枚 作成者: ゆういちろう (作成日: 2013/11/28)

  • 相続の放棄と異なり、遺留分を放棄した者も、相続が開始すれば①となる。遺留分を放棄したからといって、相続する権利は失われない

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

宅建のための総合問題集その⑤

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    相続の放棄と異なり、遺留分を放棄した者も、相続が開始すれば①となる。遺留分を放棄したからといって、相続する権利は失われない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相続人

    解説

  • 2

    土地区画整理事業の施行者は,仮換地を指定した場合に,必要があると認めるときは,①を,清算金の徴収または交付の方法に準ずる方法により徴収し,または交付することができます。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仮清算金

    解説

  • 3

    当事者の一方が数人ある場合には、契約の解除は、その①から又はその①に対してのみ、することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全員(民法544条第1項の「解除の不可分性」)

    解説

  • 4

    <賃借権の譲渡>賃貸人が,賃借権の譲渡について,承諾をするのは,賃借権の①だけでなく,賃借権の②に対するものであってもよいとされています(最高裁・昭和31.10.5)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①譲渡人②譲受人

    解説

  • 5

    標準地の鑑定評価は、近傍類地の①から算定される推定の価格、近傍類地の②から算定される推定の価格及び同等の効用を有する土地の③に要する推定の費用の額を勘案して行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①取引価格②地代等③造成に要する

    解説

  • 6

    契約行為等を行わない案内所についても,宅地建物取引業法①を掲げなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第50条に規定する標識

    解説

  • 7

    住宅の居室には、原則として、換気のための窓その他の開口部を設け、その換気に有効な部分の面積は、その居室の床面積に対して、①以上としなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 20分の1以上

    解説

  • 8

    固定資産税は、①の所有者に対して全額が課税される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1月1日現在

    解説

  • 9

    送付の方法による登記事項証明書の交付を請求する場合は、①組織を使用して請求することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電子情報処理組織

    解説

  • 10

    土地区画整理組合が仮換地を指定した場合において,当該処分によって使用し又は収益することができる者のなくなった従前の宅地については,換地処分の公告がある日までは,①がこれを管理する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 施行者

    解説

  • 11

    所有権の登記がない土地と所有権の登記がある土地との①の登記は,することができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 合筆

    解説

  • 12

    クーリングオフの結果たとえ業者が損害を受けていたとしても、業者は、損害賠償や違約金の支払いを①。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 請求できない

    解説

  • 13

    相続の開始前における遺留分の放棄は、①の許可を受けたときに限り、その効力を生ずる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 家庭裁判所

    解説

  • 14

    Aが,新たに甲県内に支店bを設置したが,同時に従来の支店aを廃止したため,①に変更を生じない場合,Aは,新たに営業保証金を供託する必要はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事務所数

    解説

  • 15

    宅建業者が免許を受けてから、① 、②、のどちらかの事由に該当すると、免許の取消処分の対象となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①1年以内に事業を開始しない②引き続いて1年以上事業を休止した

    解説

  • 16

    農業者が,自らの養畜の事業のための畜舎を建設する目的で,市街化調整区域内にある150m2の農地を購入する場合は,第5条第1項の許可を受ける①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 必要がある。(農業者が,自らの養畜の事業のための畜舎を建設する目的は転用目的に該当するので、権利を移動する場合には5条許可が必要)

    解説

  • 17

    建築物の敷地に接する前面道路の幅員に一定の数値を乗じて得た数値による容積率の制限では,前面道路が二つ以上ある場合には①を基準とする(建築基準法52条2項)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 幅員の最大のもの(幅員の広い方)

    解説

  • 18

    登記された権利の①並びに②又は登記簿の表題部に記載された③は、35条の重要説明事項。37条書面の記載事項ではない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①種類及び内容②登記名義人③所有者の氏名

    解説

  • 19

    37条書面はトラブル防止のための重要な契約内容を書面化し、取引主任者に記名押印させ、双方の当事者(売主Aと買主B)に対して①義務はあるが、37条書面の契約締結後の契約内容を双方の当事者に②義務はない(宅建業法37条1項)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①交付する②説明する

    解説

  • 20

    開発行為とは、主として「建築物の建築」又は①の用に供する目的で行う「土地の区画形質の変更」のことをいいます。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「特定工作物の建設」

    解説

  • 21

    都市計画の決定又は変更の提案は,当該提案に係る都市計画の素案の対象となる土地の区域内の土地の所有者のみではなく、借地権者も含めて①が必要

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2/3以上の同意

    解説

  • 22

    保証協会は、新たに社員が加入し、又は社員がその地位を失ったときは、直ちに、その旨を当該社員である宅地建物取引業者が免許を受けた①に報告しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国土交通大臣又は都道府県知事

    解説

  • 23

    AB間でB所有の甲不動産の売買契約を締結した後、Bが甲不動産をCに二重譲渡してCが登記を具備した場合、AはBに対して債務不履行に基づく①請求をすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 損害賠償

    解説

  • 24

    敷金その他いかなる名義をもって授受されるかを問わず,契約終了時において精算することとされている金銭の精算に関する事項が宅地建物取引業法①の規定により②としての説明が義務付けられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①第35条②重要事項

    解説

  • 25

    「法第38条に基づく損害賠償額の予定等の制限」は宅建業者が自ら売主となり、宅建業者①の者が買主となる売買契約において適用されるもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 以外の者

    解説

  • 26

    2003年(平成15年)7月に施行された改正建築基準法(一般にシックハウス対策規制と呼ばれている)では、①が行える機械換気設備(第1種ならびに第3種)の設置を義務付け、自然換気設備の使用は禁止されました。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 常時換気

    解説

  • 27

    共同相続人の一人のした遺留分の放棄は、他の各共同相続人の遺留分に影響を①。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 及ぼさない

    解説

  • 28

    被相続人A,相続人B及びC(いずれもAの子)として,Aが遺言をし,又はしようとする場合について、Aは,「Aの乙建物をCに相続させる」旨の遺言をした場合で,Bの遺留分を害しないとき,これをC単独の所有に帰属させることが①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • できる。

    解説

  • 29

    登記簿上の地目に関係なく、現在「農地」として使用しているのであれば、農地法の①や②が必要

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①許可②届け出

    解説

  • 30

    取引主任者Gは,取引主任者証の有効期間内に更新をせず,有効期間の満了日から2週間後に取引主任者証の交付を受けた。その2週間の間にGに重要事項説明を行わせた宅地建物取引業者H社は①を受けることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 業務停止処分

    解説

56743

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ