zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建総合問題④

カード 30枚 作成者: ゆういちろう (作成日: 2013/11/28)

  • 組積造(そせきづくり)とは、主要な骨組にレンガ・コンクリートブロック等を用いた建物。つまり、レンガ・コンクリートブロック等をモルタルでつないで積み上げたのもの。組積造は、そのままでは地震等に弱いので、①または②で補強しなければならないこともある。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

宅建のための総合問題集その④

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    組積造(そせきづくり)とは、主要な骨組にレンガ・コンクリートブロック等を用いた建物。つまり、レンガ・コンクリートブロック等をモルタルでつないで積み上げたのもの。組積造は、そのままでは地震等に弱いので、①または②で補強しなければならないこともある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①鉄骨②鉄筋コンクリート

    解説

  • 2

    宅地建物取引業の免許について、宅地建物取引業者A社に,道路交通法違反により懲役1年執行猶予2年の刑に処せられた者が役員として就任する場合,①場合は「直ちに」免許は受けられる。しかし、「役員として就任する場合,就任時において②」であれば、免許は取り消される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①執行猶予期間が満了した場合(刑の言い渡し自体が効力を失うので)②執行猶予期間中(刑の効力は継続中だから)

    解説

  • 3

    【高度利用地区】…建築物の「容積率の①」「建ぺい率の②」「建築面積の③」「④の制限」を定める

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①最高限度及び最低限度②最高限度③最低限度④壁面の位置

    解説

  • 4

    建築基準法第3章の規定が適用されるに至った際,現に建築物が立ち並んでいる幅員4m未満の道路法による道路は,①がなければ、建築基準法上の道路とはみなされない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特定行政庁の指定

    解説

  • 5

    AB間の利息付金銭消費貸借契約において、利率に関する定めがない場合、借主Bが債務不履行に陥ったことによりAがBに対して請求することができる遅延損害金は、①の利率により算出する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 年5分

    解説

  • 6

    賃貸借契約が終了し、目的物が明け渡された場合においては、目的物の返還時に残存する①等は敷金が存在する限度において敷金の充当により当然に消滅するのであり、このことは、明渡し前に①に対する物上代位権行使としての差押えがあった場合も同様である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 賃料債権

    解説

  • 7

    案内所を設置するA社は、当該案内所に標識を掲げなければならない。そして、当該標識には、売主であるB社の①及び②を記載しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①商号または名称②免許証番号

    解説

  • 8

    保証契約での保証債務は、主たる債務とは別個の債務で、①と②が締結するものであり、主たる債務者からの委託がない場合でも有効に成立する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①債権者②保証人

    解説

  • 9

    (営業保証金)宅建業法25条4項「供託書の写しを添付して…知事に届け出なければならない。」、同5項「前項の①でなければ、その事業を開始してはならない。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 届出をした後

    解説

  • 10

    宅建業者が業務に関し、「他の法令に違反し(例えば 建築基準法)」宅建業者として不適当であると認められるときは、①または②の対象になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①指示処分②業務停止処分

    解説

  • 11

    取引主任者は,法第35条の規定による重要事項の説明をするときに,その相手方からの要求の有無を問わず、取引主任者証を提示しなければならない。提示義務違反は①に処せられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10万円以下の過料

    解説

  • 12

    Eは,F所有のブルドーザーを貸借中のGから依頼されて,それを修理したが,Gが倒産したため修理代10万円の取立てができない場合,ブルドーザーの返還を受けたFに対し①として10万円の請求をすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不当利得

    解説

  • 13

    <①で譲渡時における価額の2分の1に満たない場合>・譲渡したその価額に相当する金額資産の譲渡があったものとみなされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法人

    解説

  • 14

    賃貸人が転貸を承諾しているときは、転借人Cが建物の使用を必要とする事情も賃借人Bの事情として考慮し、それでも①と認められなければ、賃貸人は、更新拒絶の通知又は賃貸借の解約の申し入れはすることができないとされています。(借地借家法第28条但し書) 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正当事由がある

    解説

  • 15

    (相続時精算課税の適用を受ける場合)2,500万円までは非課税である。2,500万円の非課税枠を超える部分については、一律①の税率で贈与税が課税される。そして、相続時は、この贈与財産を相続財産に加算し、通常の相続税額(税率10%~50%)を計算します。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 20%

    解説

  • 16

    広告を配布することは宅建業の営業活動の一環です。広告を印刷したのが業務停止処分の前であっても、業務停止期間中は広告を①はできません。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 配布すること

    解説

  • 17

    贈与契約が①場合は原則として、撤回することができません。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 書面による場合

    解説

  • 18

    【高度地区】…建築物の「高さの①」を定めます。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最高限度又は最低限度

    解説

  • 19

    遺言は,遺言した者が①からその効力を生じます(民法985条1項)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 死亡したとき

    解説

  • 20

    <宅建業法38条>第1項「売買契約において」損害賠償または違約金の「①が代金の10分の2をこえることとなる定めをしてはならない。」 第2項「代金の額の10分の2を②について、無効とする。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①合算した額②こえる部分

    解説

  • 21

    住宅地としての立地条件として最も基本的な条件は,①,②に関することである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①地形②地盤

    解説

  • 22

    譲渡所得の基因となる資産をその譲渡の時における価額の①で法人に対して譲渡した場合には,その譲渡の時における価額に相当する金額によりその資産の譲渡があったものとみなされます。(所得税法・59条1項2号,所得税法施行令169条)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1/2に満たない金額

    解説

  • 23

    現況農地の所有者が駐車場に自己転用する場合は,①が必要です(農地法4条1項)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4条の許可

    解説

  • 24

    高度地区は、用途地域内において市街地の環境を維持し、又は土地利用の増進を図るため、建築物の高さの①を定めます。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最高限度又は最低限度(準都市計画区域内にあっては、建築物の高さの最高限度。)

    解説

  • 25

    保証人となるべき者が、主たる債務者と連絡を取らず、同人からの委託を受けないまま債権者に対して保証した場合、その保証契約は①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有効に成立する。

    解説

  • 26

    区分所有者(マンション等)の①が管理組合を構成する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全員(住民等)

    解説

  • 27

    相続人は、①をしたときは、無限に被相続人の権利義務を承継する。したがって、相続人が借入金債務の存在を知らなかったとしても、相続人は借入金債務を相続する。*民法920条

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 単純承認

    解説

  • 28

    宅地及び建物の引渡しの時期については,特に定めをしなくても、必ず①に記載しなければならないが、②として説明しなくてよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①契約書面②重要事項

    解説

  • 29

    <①で譲渡時における価額の2分の1に満たない場合>・譲渡による損失の金額として譲渡所得の計算上なかったこととみなされる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個人

    解説

  • 30

    売買の目的物に買主(善意無過失)の知らなかった瑕疵があったときは,買主は損害賠償を請求することができます。(570条)ただし、解除することができるのは,①に限られています。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 契約の目的を達成できないとき

    解説

56958

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ