zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建総合問題③

カード 31枚 作成者: ゆういちろう (作成日: 2013/11/28)

  • 住宅金融支援機構の情報の提供・相談等の援助業務→経済事情の著しい変動に伴い、元利金の支払が著しく困難となった場合には、①又は②をすることができる。 

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

宅建のための総合問題集その③

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    住宅金融支援機構の情報の提供・相談等の援助業務→経済事情の著しい変動に伴い、元利金の支払が著しく困難となった場合には、①又は②をすることができる。 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①一定の貸付条件の変更②元利金の支払い方法の変更

    解説

  • 2

    業者は、買主から①に、保全措置を講じなければなりません。ただし、以下のいずれかは保全措置が不要です。1)買主が「登記」を得た場合 2)未完成物件:代金の5%以下で、且つ、1000万円以下の場合 3)完成物件:代金の10%以下で、且つ、1000万円以下の場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「手付金を受領する前」

    解説

  • 3

    民法127条1項:停止条件付法律行為は、停止条件が①からその効力を生ずる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 成就した時

    解説

  • 4

    Aが販売する新築分譲マンションの広告を受託した広告代理店は,その広告代金債権に関し,Aが供託した営業保証金からその債権の弁済を受ける権利を①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有しない。

    解説

  • 5

    委任契約は,原則として,いつでも当事者は解除することができます(民法651条1項)ただし,相手方の不利な状況で解除するには,①を負わなければなりません(651条2項但書)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 損害賠償責任

    解説

  • 6

    業法において「手付」は「解約手付」と①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「みなされる」

    解説

  • 7

    開発許可を受けようとする者が都道府県知事に提出する申請書には,開発区域内において予定される建築物の①を記載しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 用途

    解説

  • 8

    宅地建物取引業者が建物の貸借の媒介を行おうとしている。当該建物が土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律第6条第1項により指定された土砂災害警戒区域内にあるときは,その旨が宅地建物取引業法第35条の規定により①としての説明が義務付けられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 重要事項

    解説

  • 9

    <国土利用計画法第23条の届出>停止条件付きの土地売買等の契約を締結した場合には,停止条件付契約を締結した、①から起算して②に、事後届出をしなければなりません。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①契約締結日②2週間以内

    解説

  • 10

    ①斜面では,降雨・地震動・風化によって,掘削後時間の経過とともにしだいに不安定になっていくので,掘削直後の斜面安定が確認されても安心とはいえない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 切土斜面(人工的に形成された切土ののり面)

    解説

  • 11

    37条書面は,当事者間の契約内容をめぐるトラブルを回避するために契約内容の明確化を図る趣旨で①義務としているものである(宅建業法37条1項,2項)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 交付義務

    解説

  • 12

    交換契約の場合、交換に係る宅地又は建物の価額に差があるときは、①を基礎として報酬の計算をします。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多い価額

    解説

  • 13

    原価法において,対象不動産の再調達原価から控除すべき減価額を求める方法には,①に基づく方法と②があり,原則としてこれらを併用するものとする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①耐用年数②観察減価法

    解説

  • 14

    Aは,Bとの間で媒介契約を締結し,Bに対して当該宅地を売却すべき価額又はその評価額について意見を述べるときは,その①を明らかにしなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 根拠

    解説

  • 15

    <建築基準法61条>防火地域:①、または②→耐火、それ以外→準耐火以上。(例外)50平米以内の平屋建て附属建築物で外壁軒裏が防火構造

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①3階建て以上②100平米以上

    解説

  • 16

    宅地建物取引業者が、自ら売主となる宅地又は建物の売買契約の締結に際して手付を受領したときは、その手付がいかなる性質のものであっても、当事者の一方が契約の履行に着手するまでは、買主はその手付を①して、当該宅地建物取引業者はその②して、契約の解除をすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①放棄②「倍額」を償還

    解説

  • 17

    民法において「手付」は「解約手付」と①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「推定される」

    解説

  • 18

    建物とその付随する設備は、経年劣化していくので、毎年、資産価値を減少させていく理論上の考え方が、①。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 減価償却

    解説

  • 19

    停止条件が成就していない、かつ、そのことにつきAの①がない → 売買契約の効力が発生していない → AはBに対して売買契約に基づいて債務不履行の責任を負わない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 責に帰すべき事由

    解説

  • 20

    営業保証金の還付を受けることができるのは,宅建業に関して取引をしたことにより生じた①を有する者です(宅建業法27条1項)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 債権

    解説

  • 21

    建物とその付随する設備の劣化状態や補修状況を実際に調査して、現実的な補正を行うこと⇒①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 観察減価法

    解説

  • 22

    一時使用賃貸借契約で期間の定めがある場合は,原則として,契約期間中は賃借人から中途解約を申し入れることはできません。しかし、①があればできます。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中途解約権を留保する特約

    解説

  • 23

    一時使用の建物の賃貸借で,期間の定めがある場合でも,貸主・借主の合意で,一方または双方が①したときは,特約の範囲内で,いつでも中途解約の申し入れができます(民法613条)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中途解約権を留保

    解説

  • 24

     丘陵・段丘の地表面は比較的平坦で,一般的には,よく締まった砂礫・硬粘土からなり,地下水位は比較的①地盤です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 深い

    解説

  • 25

    宅建業法41条第4項「(業者が)手付金等の①を講じないときは、買主は、手付金等を支払わないことができる。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保全措置

    解説

  • 26

    急勾配の渓流に多量の不安定な砂礫の堆積がある所や,流域内で豪雨に伴う斜面崩壊の危険性の大きい場合に起こりやすい⇒①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 土石流

    解説

  • 27

    一時使用の建物の賃貸借で,期間の定めがない場合は,貸主・借主とも,いつでも解約の申し入れができます(民法612条1項2号)。この場合,解約の申し入れより①が経過することによって,契約は終了します。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3か月

    解説

  • 28

    営業補償金の還付→補充供託通知の受領日→(2週間以内)→補充供託の実行→(2週間以内)→①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 免許権者に届出

    解説

  • 29

    防火地域及び準防火地域の両方にわたるときは、その建築物は全部について①の防火地域に関する規定が適用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 厳しい方

    解説

  • 30

    定期建物賃貸借で,居住用建物で居住部分が200平方メートル未満の場合に,転勤,療養,親族の介護その他のやむを得ない事情により,建物の賃借人が建物を自己の生活の本拠として使用することが困難となったときは,契約期間中でも,賃借人から①を申し入れることができます(借地借家法38条5項)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中途解約

    解説

  • 31

    農家が住宅の改築に必要な資金を銀行から借りるため,自己所有の農地に抵当権を設定する場合は,農地法第3条の許可を受ける①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 必要はない

    解説

56869

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ