zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建総合問題①

カード 30枚 作成者: ゆういちろう (作成日: 2013/11/28)

  • 契約が解除された場合はお互いに原状回復義務があり,両当事者の原状回復は①の関係にあります。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

宅建のための総合問題集その①

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    契約が解除された場合はお互いに原状回復義務があり,両当事者の原状回復は①の関係にあります。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同時履行

    解説

  • 2

    自ら貸借は宅建業には該当しないため,宅建業法は適用されず、免許不要なので①はしなくてもよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 重要事項説明

    解説

  • 3

    土地建物等〔借地権等も含む〕の譲渡所得を計算するときの所有期間は,「①での所有期間」で判定する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①譲渡した年の1月1日

    解説

  • 4

    すべての用途地域では①率を定めなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 容積率

    解説

  • 5

    商業地域以外の用途地域では①率を定める

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 建ぺい率

    解説

  • 6

    台地や段丘上の浅い谷に見られる小さな池沼を埋め立てた所では、地震の際に①が生じる可能性がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 液状化

    解説

  • 7

    借地上の建物の賃借人が、借地権満了の時期を1年前までに知らなかったとき、建物の賃借人の申し立てによって裁判所は、この事を①から1年を超えない範囲で明け渡しに相当の期限の猶予を与えられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 知った時

    解説

  • 8

    木造でない鉄筋コンクリート造の建築物の建築は,延べ面積が①㎡を超えると,建築確認を受ける必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 200㎡

    解説

  • 9

    相続の①をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす(民法939条)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 放棄

    解説

  • 10

    新たに支店を設置する場合に500万円の営業保証金を供託した後、その旨を①に届出をした後でなければ当該支店において事業を行うことができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 免許権者

    解説

  • 11

    市街化区域内では農業を営む者の居住の用に供する建築物は①以上の時は開発許可が必要。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1000㎡

    解説

  • 12

    民法520条:債権及び債務が同一人に帰属したときは、その債権は、消滅する。ただし、その債権が①であるときは、この限りでない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第三者の権利の目的

    解説

  • 13

    土地建物等以外の資産の譲渡所得での所有期間は,「①における所有期間」で判定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①譲渡した日

    解説

  • 14

    第1種・2種低層住宅専用地域では①制限を定める

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高さ

    解説

  • 15

    「一棟の建物の計画的な維持修繕のための費用,通常の管理費用その他の当該建物の所有者が負担しなければならない費用を特定の者にのみ減免する旨の規約の定めがあるときは,その内容」を①として説明しなければなりません。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 重要事項

    解説

  • 16

    専任の取引主任者の欠員が生じたら、業者は①に補充しなければならない。補充しないと②処分を受けることがある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①2週間以内②業務停止処分

    解説

  • 17

    民法95条:意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは、①とする。ただし、表意者に②があったときは、表意者は、自らその無効を主張することができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①無効②重大な過失

    解説

  • 18

    自己の相続分について、①は自由に処分できる(民法906条)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 各相続人

    解説

  • 19

    現地出張所や案内所を設置する場合、追加供託する必要は①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ない

    解説

  • 20

    宅地について ①権又は②権を有する者が設立する土地区画整理組合は、当該権利の目的である宅地を含む一定の区域の土地について土地整理事業を施行することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①所有権②借地権

    解説

  • 21

    表示に関する登記とは土地であれば、① 建物であれば、②

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①不動産番号、所在、地番、地目、地積 ②不動産番号、所在、家屋番号、種類、構造、床面積など

    解説

  • 22

    開発行為を廃止したら(やめたら)→①に「届け出」なければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 知事

    解説

  • 23

    動機の錯誤は、取消し事由ではありません。動機が表示されて意思表示の内容となり①に当たれば、表意者は無効を主張することができます。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 要素の錯誤

    解説

  • 24

    業者は各事務所ごとにその事務所の従業者の5人に1人以上の割合で①である②の取引主任者を置かなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①成年②専任

    解説

  • 25

    表示に関する登記に変更の必要が生じたとき、当時者は、①に登記の申請をしなければいけません。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①1ヶ月以内

    解説

  • 26

    相続の放棄をした者は、その旨を①に申述しなければならない(民法938条)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 家庭裁判所

    解説

  • 27

    兄弟姉妹には遺留分は① (民法1028条)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ない

    解説

  • 28

    判例では、借地上に複数の建物がある場合、そのうち1棟の建物に借地権者の登記があれば、他の建物に登記がなくても、その借地全体についての①を第三者に対抗できる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 借地権

    解説

  • 29

    国土交通大臣又は都道府県知事は、業務停止処分や指示処分をしようとするときは、①を行わなければならない。 *宅建業法69条1項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 聴聞

    解説

  • 30

    都市計画事業地内において、都市計画事業の施行の障害となるおそれがあるものは、非常災害の応急措置であっても①の許可を受ける必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 都道府県知事

    解説

56909

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ