zuknow learn together

新しい教材を作成

キャリアカウンセリング理論② 【ジョン・L・ホランド】

カード 14枚 作成者: coltranemasato (作成日: 2014/08/27)

  • 1.ジョン・L・ホランドの理論の基本的な考え方を説明しなさい

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    1.ジョン・L・ホランドの理論の基本的な考え方を説明しなさい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・スーパー:生涯を通してキャリア・ディベロップメントのプロセスについて多くの側面を理論化 ・ホランド:より焦点を絞って個人の性格的特性と、その個人が満足感を得られる大学の専攻科目、職業、労働環境、余暇活動との間にどのような関係があるか分析 ※スーパー理論とホランド理論は相互補完的なもの

    解説

  • 2

    1-1.ホランドの理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①人は6つのタイプとして表現することができる ②環境も6つのタイプとして表現することができる ③人は自分のタイプと同一のまたは類似の環境を求める ④人と環境の同じ組み合わせを探し出せば満足感・充実度・貢献度につながる

    解説

  • 3

    2.ホランドの6つのタイプを挙げそれぞれについて説明しなさい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①企業的(E:Enterprising)②慣習的(C:Conventional)③現実的(R:Realistic)④研究的(I:Investigative)⑤芸術的(A:Artistic)⑥社会的(S:Social) ※RIASEC ①企業的(E:Enterprising)他人を導いたり、他人に影響を与えることができる活動を好む。野心的、外向的、精力的で自信家 ②慣習的(C:Conventional)情報を明確に秩序立てて整理できる活動を好む。責任感があり信頼でき緻密 ③現実的(R:Realistic)道具、物、機械、動物などを扱うことを好む。地に足がついて実践的 ④研究的(I:Investigative)生物学や物理学関係の活動を好む。好奇心が強く学究肌で自立的 ⑤芸術的(A:Artistic)慣例にとらわれず創造的な活動を好む。創造的で発想が自由。 ⑥社会的(S:Social)人に伝える、教える、手助けすることなどに関連する活動を好む。人の助けになり友好的。

    解説

  • 4

    3.ホランドのスリー・レター・コードを知るための方法を3つ挙げなさい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①CPS-J(Career Planning Survey – Japanese version)などのアセスメント・ツール ②キャリアカウンセラーがホランド・タイプを説明しクライエントに自分のスリー・レター・コードを判断してもらう ③訓練を受けたキャリアカウンセラーがクライエントとの面談を行いコードを付ける

    解説

  • 5

    3-1.スリー・レター・コードとは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・人は通常3つの性格タイプの組み合わせとして表すことができる ・どれか1つが強く、後2つのタイプはそれほど強くない ・人を3つの性格タイプで表したものを「スリー・レター・コード」と呼ぶ

    解説

  • 6

    4.ホランドの六角形を描きなさい

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    5.ホランド・タイプの一貫性について説明しなさい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・六角形上で隣り合っている性格タイプや職務は非常によく似ている=「一貫性のある」コード ・六角形の対角にある性格タイプや職務は最もかけ離れている=「一貫性のない」コード ・六角形の原点を1つはさんで隣り合う性格タイプや職務は上の2つのグループの中間的な関係になる

    解説

  • 8

    6.ホランド・タイプの分化について説明しなさい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「分化」とはある人の最も高いホランド・タイプと最も低いホランド・タイプの差を表したもの。クライエントがどの分野の興味や能力が強く、どの分野が比較的弱いか6つのタイプが相互にどう関連しているかをクライエントとキャリアカウンセラーの両者に示す。

    解説

  • 9

    7.4つのワーク・タスク(Work Task)を挙げ、それぞれを説明しなさい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「4つのワーク・タスク」現在存在しているあらゆる職業の基礎はこの4つである。 ①データ:事実、記録、ファイル、数字、規則的な手順 ②アイディア:抽象的概念、理論、知識、洞察など、何かを新しい方法で表現すること ③ひと:人を援助する、知識を伝える、奉仕する、説得する、もてなす、動機付ける、指導する、」など ④もの:機械、メカニズム、材料、道具、物理的プロセス、生物学的プロセス、など

    解説

  • 10

    8.プレディガーの研究におけるワーク・タスクについて説明しなさい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プレディガー:デイル・P・プレディガー(米国ACT社の研究部門) 基本的な「ワーク・タスク」から2つの次元ができる。「データ」対「アイディア」、「ひと」対「もの」。 人は各次元の反対側のワーク・タスクを行うことは嫌がる=ホランドの「一貫性がない」に関連

    解説

  • 11

    9.キャリア・クラスター(ホランド・タイプ)とワーク・タスクについて説明しなさい

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    9-1.ワールド・オブ・ワークマップ(World-of-WorkMap)とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4つのワーク・タスクとその組み合わせを活用する。4つのワーク・タスクとその組み合わせを円の周りに配置し、6つのキャリア・クラスターを定めた。(クラスター:ふさ、塊) 「キャリア・クラスター」→ホランド・タイプに対応した職業群(ソーシャル・サービス、管理的ビジネス、ルーティン的ビジネス、技術、サイエンス、芸術)

    解説

  • 13

    9-1.ワールド・オブ・ワークマップの構成

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 9-1.ワールド・オブ・ワークマップの構成 ​キャリア・クラスター ​ホランド・タイプ  ​ワーク・タスク ​ソーシャル・サービス ​社会的(S) ​「ひと」 ​管理的ビジネス ​企業的(E) ​「ひと」と「データ」 ​ルーティン的ビジネス ​慣習的(C) ​「データ」と「もの」 ​技術 ​現実的(R) ​「もの」 ​サイエンス ​研究的(I) ​「もの」と「アイディア」 ​芸術 ​芸術的(A) ​「アイディア」と「ひと」

    解説

  • 14

    10.ジョブ・ファミリーについて説明しなさい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジョブ・ファミリー(Job Family)はキャリア・クラスターをさらに下位グループで分類したもの。ワーク・タスクが似ている職業、仕事に対する「データ」「ひと」「もの」「アイディア」の割合が似ている職業同士で分類した。その結果「23」のジョブ・ファミリーができ、すべてACT社のワールド・オブ・ワークマップ上に配置される。

    解説

56717

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ