zuknow learn together

新しい教材を作成

【政】6社会契約説

カード 13枚 作成者: はる (作成日: 2013/11/28)

  • 国家や政府は,人々との契約によってつくられたとする説を何というか。17-18世紀に展開され,市民革命を支える理論となった。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    国家や政府は,人々との契約によってつくられたとする説を何というか。17-18世紀に展開され,市民革命を支える理論となった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会契約説

    解説

  • 2

    社会契約説の観点から,ホッブズが擁護した政治体制は何か答えよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 絶対君主制(絶対王政)

    解説

  • 3

    社会契約説において,人間が生まれながら持っている,生命・自由・財産・幸福追求などの権利のことを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自然権

    解説

  • 4

    18 世紀フラ ンスの思想家で、社会契約による国家は,国民主権や直接民主制に基づく共和制をとるべきであると主張したのは誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ルソー

    解説

  • 5

    政府は国民の信託によるとし,さらに抵抗権を理論づける社会契約説を説いたイギリス人は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロック

    解説

  • 6

    ルソーの社会契約説の基本概念で,公共の利益の実現をめざす意思のことを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一般意思

    解説

  • 7

    ホッブズの社会契約説では,自由と平等を自然権の内容として規定した。彼は自然権を守るためには,自然権をどうすればよいと考えたか答えよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 権力者へ譲渡する

    解説

  • 8

    「万人の万人に対する闘争」の言葉で知られる,イギリスのピューリタン革命期の思想家は誰か。また彼の著書を答えよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホッブズ『リバイアサン』

    解説

  • 9

    ロックは,自然権をよりよく守るために,自然権をどのようにすればよいと考えたか答えよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 権力者へ信託する

    解説

  • 10

    社会契約説から導き出される政治原理を二つ答えよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国民主権、基本的人権の尊重

    解説

  • 11

    フランス革命に大きな影響を与えたルソーの代表的著書を答えなさい。このなかで,彼は社会契約説を展開し,人民主権にもとづく国家を説いた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『社会契約論』

    解説

  • 12

    ロックが名誉革命を擁護するために著した著書を何というか。このなかで,彼は王権神授説を否定し,契約に基づく制限君主制を主張した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『統治論二篇』(『市民政府二論』)

    解説

  • 13

    ロックの考える自然権の内容を三つ答えよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生命(生存権),自由(自由権),財産(所有権)

    解説

56549

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ