zuknow learn together

新しい教材を作成

中小企業診断士「企業経営理論」

カード 226枚 作成者: あべた (作成日: 2014/08/15)

  • ビジネススクリーン

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

中小企業診断士 企業経営理論の弱点克服
随時追加

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ビジネススクリーン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「産業の魅力度」と「競争ポジション」という2つの軸で事業を分類し、資源配分を決めるためのツール

    解説

  • 2

    プロダクトポートフォリオ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「相対的市場占有率」と「市場成長率」という2つの軸で事業を分類し、資源配分を決めるためのツール

    解説

  • 3

    戦略グループマップ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同一の産業内において戦略的な類似性を持つ企業群をグループ化し図で示したもの

    解説

  • 4

    製品ライフサイクル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製品が市場に導入されてから衰退し、消滅するまでの変遷

    解説

  • 5

    知覚マップ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消費者が当該製品をどのように感じているかを知るために、製品の相対的な知覚上での位置付けをマップしたもの

    解説

  • 6

    カニバリゼーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市場での共食い

    解説

  • 7

    質問法

    補足(例文と訳など)

    • 面接調査、電話調査、郵送調査、留置調査

    答え

    • 調査対象者に対して質問を提示することによりデータを収集する方法

    解説

  • 8

    観察法

    補足(例文と訳など)

    • 動線調査、競合店調査、通行量調査

    答え

    • 調査対象者の行動や反応を直接調査者が観察することでデータを収集する方法

    解説

  • 9

    実験(計画)法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マーケティング要素を操作することによる別の変数への影響度を調査する方法

    解説

  • 10

    1次データ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マーケティングリサーチにより収集されたオリジナルデータのこと

    解説

  • 11

    2次データ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公開されているレポートや資料などから収集できる既存データのこと

    解説

  • 12

    拡大的問題解決(包括的問題解決、発展的問題解決)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • よく知らない、購買頻度の低い、高価な製品を購買する際の購買行動

    解説

  • 13

    限定的問題解決

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製品クラスはよく知っているが、すべてのブランドやその特徴を知っているわけではない製品を購買する際の行動

    解説

  • 14

    修正再購買

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生産材の購買において、購買者が製品仕様、価格、取引条件、あるいは供給業者を変更したいと考えている状況

    解説

  • 15

    反復露出

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 繰り返し反復してターゲット顧客層に広告を表出すること

    解説

  • 16

    定型的問題解決(日常的反応行動)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 低価格で購買頻度が高く、消費者がよく知っている製品を購買する際の行動

    解説

  • 17

    最寄品

    補足(例文と訳など)

    • たばこ、石鹸、新聞、ファーストフード

    答え

    • 消費者の購買頻度が高く、購買に関する意思決定時間が短い消費材

    解説

  • 18

    買回品

    補足(例文と訳など)

    • 衣類、家電製品、ホテルのサービス

    答え

    • 消費者が購買に際して、品質・価格などの比較に時間をかける消費材

    解説

  • 19

    専門品

    補足(例文と訳など)

    • 高級自動車、高級腕時計、医師や弁護士のサービス

    答え

    • 高額品であり、買回品より購買頻度が低く、品質、デザイン、性能などの多様な観点について強い関心を持って購買を行うが、特定のブランドに対して強いロイヤルティを有している消費者も多く、その場合には他のブランドとの比較は行わない消費材

    解説

  • 20

    非探索品

    補足(例文と訳など)

    • 生命保険、赤十字への献血

    答え

    • 消費者の認知・不認知にかかわらず購入することに興味を示さない消費材

    解説

  • 21

    プロダクトミックス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製品ラインと製品アイテムで構成

    解説

  • 22

    ライフサイクルエクステンション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製品寿命を伸ばし,ロングセラー化を実現しようという取り組み

    解説

  • 23

    無形性(非有形性)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 形がなく、目で見たり触ったりすることができない

    解説

  • 24

    品質の変動性(非均一性)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誰がそれを提供するか、いつそれが提供されるかによって、その質が異なる可能性が大きく、質の均一性を保ちにくい

    解説

  • 25

    不可分性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 提供する人が必ずその場に居なければならない。生産と消費が同時に行われる

    解説

  • 26

    消滅性(非貯蔵性)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生産と消費が同時に行われ,在庫することができない

    解説

  • 27

    需要の変動性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サービスの需要量は、季節、週、さらには1日の時間帯によってかなり変動する

    解説

  • 28

    需要の価格弾力性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 価格が1%変化したときに、需要が何%変化するかを見る指標

    解説

  • 29

    スキミングプライス政策

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新製品の導入時に高い価格を設定し、成長期に移行するとともに価格を徐々に低下させていく

    解説

  • 30

    ペネトレーションプライス政策

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新製品の価格を低価格に設定し、その価格的な魅力により大量の顧客に製品購入を促し、圧倒的な市場シェアを獲得する

    解説

  • 31

    知覚価値法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消費者が当該製品にどれだけの価値を知覚するかに基づいて価格を設定する方法

    解説

  • 32

    差別価格法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市場をいくつかのセグメントに分けることが可能であり、セグメントごとに需要の強度が異なっている場合に、同一商品もしくは原価がほとんど変わらないほぼ同一な商品に異なった価格を設定する方法

    解説

  • 33

    コスト志向的価格設定法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製造原価に、一定のマージン(粗利益)を加算することにより、販売価格を設定する方法

    解説

  • 34

    競争志向的価格設定法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 競合他社や業界のプライスリーダーの価格を念頭において自社の価格設定を行う方法

    解説

  • 35

    心理的価格政策

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消費者の心理に働きかけて購入を促進させる政策

    解説

  • 36

    開放的チャネル政策

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メーカーができるだけ幅広くチャネルを網羅することにより、広く最終消費者に製品を供給していこうとする際に採用される政策

    解説

  • 37

    選択的チャネル政策

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メーカーがチャネルの幅をある程度限定し、その限定した範囲の流通業者に対して優先的に製品を販売していくという政策

    解説

  • 38

    専属的(排他的)チャネル政策

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メーカーがチャネルの幅を極端に限定し、その限られた流通業者に対して一定地域の専売権を付与していく政策

    解説

  • 39

    販売促進(狭義の意味)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消費者の購買意欲や販売店の販売意欲を喚起する活動の総称。広告、パブリシティ、人的販売に該当しないものを指す

    解説

  • 40

    ワントゥワンマーケティング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顧客との対話により把握した個々の顧客の属性、ニーズや嗜好、購買履歴などに合わせてマーケティングを展開すること

    解説

  • 41

    ダイレクトマーケティング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メーカーが流通業者を経由せずに直接消費者にコミュニケーションを行い、販売を実施していく手法

    解説

  • 42

    RFM分析

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顧客を「最終購買日」「購買頻度」「購買金額」という3つの観点でそれぞれポイントを付け、その合計点により、顧客をランク付けして管理していく手法

    解説

  • 43

    FSP

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高頻度で自店に来店する優良顧客に注目し、その階層に応じてプロモーションを展開する

    解説

  • 44

    サイコグラフィック基準

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消費者の心理的な側面に焦点を当てるもの

    解説

  • 45

    デモグラフィック基準

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人口統計的な基準を用いるもの

    解説

  • 46

    ジオグラフィック基準

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地理的な基準を用いるもの

    解説

  • 47

    ベネフィット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 行動変数基準の1つであり、消費者がその商品に求める価値やそれを使用することで得られる便益のこと

    解説

  • 48

    無差別型

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細分化された市場間の差異を考慮に入れずに、単一の製品(マーケティングミックス)をすべての市場に投入していく手法

    解説

  • 49

    差別型

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細分化された市場ごとにニーズに適合した複数の製品(マーケティングミックス)をそれぞれの市場に投入していく方法

    解説

  • 50

    集中型

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細分化された市場の中から特定の市場に限定し、そこには最適な製品(マーケティングミックス)を投入していく方法

    解説

  • 51

    情報処理モデル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自ら情報収集を行う能動的な消費者を前提にして構築された消費者行動のモデル

    解説

  • 52

    精緻化見込みモデル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消費者の購買行動は必ずしも論理的な判断によるものばかりではなく、感情や感覚的な判断によるものであるとするモデル

    解説

  • 53

    刺激ー反応モデル(S-Rモデル)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消費者がマーケティングの刺激に対してどのように反応するかに焦点を当てたものであり、刺激と反応の間のプロセスはブラックボックスとして解明していないモデル

    解説

  • 54

    S-O-Rモデル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消費者の行動を刺激、生体、反応という図式の中で捉えようとするモデル

    解説

  • 55

    関与

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消費者の中心的価値と財・サービスなどの対象との結びつき

    解説

  • 56

    ライン拡張

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブランド戦略での、既存製品×既存ブランド名

    解説

  • 57

    ブランド拡張

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブランド戦略での、新製品×既存ブランド名

    解説

  • 58

    マルチブランド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブランド戦略での、既存製品×新しいブランド名

    解説

  • 59

    新ブランド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブランド戦略での、新製品×新しいブランド名

    解説

  • 60

    プライスライニング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10,000円、15,000円、20,000円などキリの良いいくつかの価格ラインに整理すること

    解説

  • 61

    名声価格

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高級ブランドなどが、そのステータスを維持するためにつける価格

    解説

  • 62

    ロスリーダー政策(おとり価格政策)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小売店で特売用の目玉商品を選んで,その商品に商品原価を下回るほどの安値を設定し、それをチラシなどで大きく打ち出すことにより、顧客を誘引するもの

    解説

  • 63

    店会制

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製造業者が、販売業者の系列化をさらに強固なものとするため、販売業者を組織化するもの

    解説

  • 64

    機能割引

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 営業割引、業者割引などとも呼ばれ、販売相手のチャネル段階や、遂行する流通機能に対して与えられる割引

    解説

  • 65

    企業型VMS

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メーカー、卸、小売の流通の各段階が1つの資本により所有されているもの

    解説

  • 66

    契約型VMS

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チャネルの各段階の資本の異なる企業同士が契約により構築する流通システムのこと

    解説

  • 67

    管理型VMS

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チャネル内の独立・自立した企業が、いずれかの段階のチャネルリーダーによって緩やかに統合されることでチャネル全体の利益を得るシステムのこと

    解説

  • 68

    CRP(連続自動発注プログラム)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メーカー側が顧客企業の販売状況に合わせて連続的に補充を行うもの

    解説

  • 69

    サードパーティ・ロジスティクス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロジスティクス活動を企業外部の第三者に外注するもの

    解説

  • 70

    モーダルシフト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物流分野における二酸化炭素排出量の削減などのために、トラックによる幹線貨輸送から、環境負荷の少ない大量輸送機関である鉄道貨物輸送や内航海運へ転換を図ること

    解説

  • 71

    クリックアンドモルタル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ネットショップと実存店舗を組み合わせたビジネス展開のこと

    解説

  • 72

    ティーザー広告

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 商品を隠したり一部を小出しにするなどの方法で、消費者の好奇心を呼び起こし、関心や興味を引きつける予告編のような広告

    解説

  • 73

    SP広告

    補足(例文と訳など)

    • DM広告、折込広告、屋外広告、交通広告、POP広告、電話帳広告、展示・映像広告

    答え

    • マスコミ広告以外の手段(屋外広告、交通広告など)を利用した広告

    解説

  • 74

    ドメイン

    補足(例文と訳など)

    • 物理的定義、機能的定義

    答え

    • 事業領域のことであり、現在から将来にわたって、企業の事業がいかにあるべきかを明示した企業の生存領域のこと

    解説

  • 75

    マーケティングマイオピア(近視眼的マーケティング)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 眼前のウォンツにだけ注意を払ってその背景にあるニーズを認識しないこと

    解説

  • 76

    コアコンピタンス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経営資源を組み合わせて企業の独自性を生み出す組織能力のこと。さまざまな市場へアクセスする可能性を生み出すこと。最終製品が特定の顧客の利益に重要な貢献をすること。競合他社が模倣することが困難であること。

    解説

  • 77

    コンティンジェンシープラン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業の業績に対する影響の大きい不測事象をあらかじめ想定し、その適応行動を事前に策定しておき、その内容を具体化したもの

    解説

  • 78

    ローリングプラン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中長期計画の内容を定期的に見直し、部分的に修正を加えていく技法

    解説

  • 79

    市場浸透戦略

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アンゾフ成長ベクトルでの、既存製品×既存市場

    解説

  • 80

    新製品開発戦略

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アンゾフ成長ベクトルでの、新規製品×既存市場

    解説

  • 81

    新市場開拓戦略

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アンゾフ成長ベクトルでの、既存製品×新規市場

    解説

  • 82

    多角化戦略

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アンゾフ成長ベクトルでの、新規製品×新規市場

    解説

  • 83

    導入期

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製品ライフサイクルの、新製品が開発され,初めて市場に投入される時期

    解説

  • 84

    成長期

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製品ライフサイクルの、製品が消費者に認知され、市場に浸透してくる時期

    解説

  • 85

    成熟期

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製品ライフサイクルの、製品がある程度市場に浸透し、需要が一段落する時期

    解説

  • 86

    衰退期

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製品ライフサイクルの、製品の魅力が薄れ、需要が減少していく時期

    解説

  • 87

    垂直型結合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原材料の生産から製品の販売に至る業務を垂直的な流れとみて、2つ以上の生産段階および(または)流通段階を1つの企業内にまとめること

    解説

  • 88

    水平型結合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同種の製品分野の事業に進出し、事業範囲を拡大すること

    解説

  • 89

    多角的結合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水平的結合と垂直的結合が混合した結合のこと

    解説

  • 90

    TOB

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 買収側の企業が、被買収側の企業の株式を、価格、株数、買付期間などを公開して、株式市場を通さずに直接株主から買い取る方法

    解説

  • 91

    LBO

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 買収側の企業が被買収側の企業の資産や収益力を担保にして、銀行借入や社債発行を行い、この資金で相手を買収する方法

    解説

  • 92

    MBO

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 子会社などに置いて、現在行っている事業の継続を前提として、現経営陣が株式や部門を買い取って経営権を取得すること

    解説

  • 93

    MBI

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MBOの一類型であり、買収対象企業の外部マネジメントチームが買収を行うこと

    解説

  • 94

    ポイズンピル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 敵対的買収者が一定割合の株式を買い占めた場合、買収者以外の株主に自動的に新株が発行され、買収者の株式取得割合が低下する仕組み

    解説

  • 95

    クラウンジュエル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 被買収企業の保有する魅力的な事業部門、資産もしくは子会社などを指す。または、被買収企業が自社の重要財産を第三者に譲渡したり、分社化することによって、意図的に自社を買収対象として魅力のないものにすることで、買収者の買収意欲を大きくそぐといった買収防止策

    解説

  • 96

    焦土作戦

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 買収対象となった企業が、みずから子会社や資産を切り離したり、あえて多額の負債を負ったりすることで企業価値を下げ、買収側の意欲を削ぐこと

    解説

  • 97

    ゴールデンパラシュート

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 敵対的な買収の結果、解任される取締役に巨額の退職金を支払うように前もって定めておくことで敵対的買収を抑止しようとすること

    解説

  • 98

    ホワイトナイト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 敵対的な買収を仕掛けられた企業の経営陣が、他の友好的な企業や投資家に買収を求める方法

    解説

  • 99

    イノベーションジレンマ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 過去にイノベーションを達成して市場を席巻した供給業者が、やがて主要顧客からの要望に対応するために持続的なイノベーションに慢心し、破壊的イノベーションに対応できなくなる状態

    解説

  • 100

    グレシャムの法則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 定型的意思決定に忙殺され、非定型的意思決定が後回しになることによって、将来の計画策定が事実上消滅してしまうこと

    解説

  • 101

    生産性のジレンマ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一度市場にてドミナントデザインが決まってしまうと、企業はドミナントデザインにできるだけ合致した製品を、できるだけ安くつくることに精魂を傾けてしまうこと

    解説

  • 102

    ドミナントデザイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 支配的なデザイン

    解説

  • 103

    クリティカル・マス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 臨界質量、実現するのに最低限必要な量

    解説

  • 104

    クリームスキミング戦略

    補足(例文と訳など)

    答え

    • もっとも旨みのあるセグメントに特化して、いいとこどりをねらう戦略

    解説

  • 105

    ネットワーク外部性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同じネットワーク(あるいは規格)に参加するメンバーが多いほど、そのネットワークに参加するメンバーの効用が高まること

    解説

  • 106

    バーチャルコーポレーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実質的なビジネルを構成する仮想の企業体のこと。参加企業が自社のコアコンピタンスを提供しあって、大企業に対抗する競争力を得るために行うことが多い

    解説

  • 107

    産業クラスター

    補足(例文と訳など)

    • 大学や行政機関、関連産業、金融機関などの支援機関、原材料供給業者など

    答え

    • ある特定分野(産業分野ではない)に属し、相互に関連した企業と機関からなる地理的に近接した集団

    解説

  • 108

    有効性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 組織目標(共通目的)の達成の程度を意味する

    解説

  • 109

    能率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 貢献から誘因への変換率を意味する

    解説

  • 110

    組織の均衡条件

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誘因≧貢献

    解説

  • 111

    貢献

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個人が組織の目的の実現のために提供する

    解説

  • 112

    誘因

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 組織が所属している個人に対して供与する

    解説

  • 113

    職務充実

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仕事に計画、準備(あるいは実行)、統制といった内容を加え、責任や権限の範囲を拡大して、仕事そのものを質的に充実させ仕事の幅を広げようとする方法

    解説

  • 114

    職務拡大

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 職務に対する単調感を和らげるために、職務の構成要素となる課業の数を増やして仕事の範囲を拡大する方法

    解説

  • 115

    機能別組織

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不確実性[低]×多角化の程度[低]な組織構造

    解説

  • 116

    事業部制組織

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不確実性[低]×多角化の程度[高]な組織構造

    解説

  • 117

    プロジェクト組織

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不確実性[高]×多角化の程度[低]な組織構造

    解説

  • 118

    マトリックス組織

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不確実性[高]×多角化の程度[高]な組織構造

    解説

  • 119

    アンゾフ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「戦略は組織に従う」

    解説

  • 120

    チャンドラー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「組織は戦略に従う」

    解説

  • 121

    デュポン式の財務統制方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 各事業部の資本利益率(ROI)を分析・評価するもの。ROI=利益/売上x売上/資本

    解説

  • 122

    ワンマンツーボスシステム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2つの指揮・命令系統が存在するシステム

    解説

  • 123

    命令統一性の原則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 組織の秩序を維持するために、職位の上下関係においては、各組織構成員は常に特定の1人の上司からだけ命令を受けるようにしなければならないというもの

    解説

  • 124

    官僚制組織

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高度に専門化された職務が権限・責任を基礎としたピラミッド型の階層を形成し、その中の構成員は規則に基づいた没主観的判断によって職務を遂行することを要請される組織構造特性

    解説

  • 125

    訓練された無能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 官僚制の逆機能のひとつ。行動の標準化や規則の遵守により個人の意思決定パターンが硬直化すること

    解説

  • 126

    目標の置換

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 官僚制の逆機能のひとつ。本来、規則は組織目標を達成する手段であるが、規則を固守することが組織メンバーの目標になってしまうこと

    解説

  • 127

    組織のライフサイクルモデル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 組織の成長・規模の拡大に対応して、組織の戦略行動や構造、組織文化、管理システムなどが変化していくパターンを包括的に説明するモデル

    解説

  • 128

    起業者段階

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 創始者の創造性や革新性が重視され、管理活動は相対的に軽視される段階。組織が成長を続けるには、経営管理技術をもった強力なリーダーによって統合していくことが必要になる。

    解説

  • 129

    共同体段階

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 組織の内部統合を作り出す段階。リーダーは権限を委譲し、直接トップが指揮することなく制御・調整を行える機構を作り出すことが必要になる。

    解説

  • 130

    公式化段階

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 職務規制・評価システム、会計制度などさまざまな規則・手続きが導入され、組織が次第に官僚的になっていく段階。さらに組織の規模が拡大して複雑になると、官僚制の逆機能が発生する。

    解説

  • 131

    精巧化段階

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 官僚制の危機に対し、組織は多数の部門に分割され、小規模組織の利点を確保しつつ、プロジェクトチームなどによって、柔軟性を得ようとする段階。組織文化の変革といった再活性化を図っていく必要がある。

    解説

  • 132

    機会主義的行動

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自ら有利になるように取引を導こうとする駆け引き的行動

    解説

  • 133

    関係特殊的投資

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 売り手が買い手の要求に応じて、特定の使途に特殊化された物的および人的資産への投資を行うこと

    解説

  • 134

    内部取引化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内部でカスタム部品をつくるなどすること

    解説

  • 135

    外部取引化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市場取引化、つまり市場取引で調達すること

    解説

  • 136

    マズローの欲求段階説

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人間が持つ欲求を低次から高次にかけて5段階に捉えたもの。生理的欲求、安全の欲求、所属と愛の欲求、尊厳の欲求、自己実現の欲求

    解説

  • 137

    生理的欲求

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マズローの欲求段階説の1段階目。食物、水などの人間の生存にかかわる本能的欲求

    解説

  • 138

    安全の欲求

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マズローの欲求段階説の2段階目。安全ないし安定した状態を求め、危険を回避したいという欲求

    解説

  • 139

    所属と愛の欲求

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マズローの欲求段階説の3段階目。集団や社会に所属、適合し、そこで他者との愛情や友情を充足したいという欲求

    解説

  • 140

    尊厳の欲求

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マズローの欲求段階説の4段階目。他者から尊敬されたい、あるいは自分が他者より優れていると認識したい欲求

    解説

  • 141

    自己実現の欲求

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マズローの欲求段階説の5段階目。自己の向上、あるいは自己の潜在能力を実現したい欲求

    解説

  • 142

    欠乏動機

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生理的欲求、安全の欲求、所属と愛の欲求、尊厳の欲求の4つのこと。自分以外のものによってしか満たすことができない欲求。

    解説

  • 143

    アルダファーのERG理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マズローの欲求段階説を修正したもので、同時に存在したり並行することがありうる。基本的な存在の欲求、人間関係に係わる関係の欲求、人間らしく行きたい成長の欲求

    解説

  • 144

    アージリスの未成熟=成熟理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 未成熟から成熟へ向かおうとする欲求によって変化するとするもの。

    解説

  • 145

    アージリスの未成熟=成熟理論の具体的方法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 組織構成員の職務充実、感受性訓練などによる対人関係能力の向上

    解説

  • 146

    感受性訓練

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 参加者をすべての集団帰属関係と切り離し、孤独な場面を作り出すことによって、参加者の集団参加欲求を高め、これを動機づけとして対人的共感性に目覚めさせるとともに、集団形成のメカニズムや集団機能の本質などについて理解を深めるための訓練

    解説

  • 147

    マクレガーのX理論・Y理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人間観に基づくモチベーション理論

    解説

  • 148

    マクレガーのX理論・Y理論の具体的方法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目標管理制度(MBO)、権限委譲、職務拡大

    解説

  • 149

    目標管理制度(MBO)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個人目標を主体的に設定し、自己統制によってその実現を図っていこうとする制度

    解説

  • 150

    ハーズバーグの動機づけ=衛生理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 衛生要因ではなく、動機づけ要因を積極的に改善しなければならないとしている

    解説

  • 151

    衛生要因

    補足(例文と訳など)

    • 会社の方針、人間関係、上司の監督、労働条件、給与、作業環境

    答え

    • 職務不満を防止することはできるが、組織構成員の積極的態度を引き出すにはほとんど効果がないもの

    解説

  • 152

    動機づけ要因

    補足(例文と訳など)

    • 達成感、仕事への責任、承認、昇進、仕事そのもの

    答え

    • 組織構成員の積極的態度を引き出すもの

    解説

  • 153

    内容理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 何が個人の行動を動機づけるのかを明らかにするもの

    解説

  • 154

    過程理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • どのようなプロセスで動機づけられるのかを明らかにするもの

    解説

  • 155

    ブルームの期待理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「努力が特定の報酬をもたらす主観的確率(期待)」と「報酬の主観的魅力(誘意性)」の積によって動機づけられるとするもの。功利主義的な合理人モデルとして捉えている

    解説

  • 156

    集団の凝集性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 集団の団結の度合い

    解説

  • 157

    グループシンク(集団浅慮)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 集団で意思決定を行うと、かえって短絡的に決定がなされてしまうという現象のこと

    解説

  • 158

    グループシフト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意思決定の内容が極端になること

    解説

  • 159

    コンフリクト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相対立する目標、態度、行動などから生まれる葛藤のこと

    解説

  • 160

    リーダーシップの資質特性論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実際に優れた功績を残したリーダーをもとに、そのパーソナリティとリーダーシップとの相関関係を明らかにしようとするもの

    解説

  • 161

    リーダーシップの行動類型論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 行動パターンという外面的なものからリーダーシップの類型化を図り、そこからリーダーシップの本質を探ろうとするもの

    解説

  • 162

    オハイオ研究

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リーダーの行動を「配慮」と「構造設定」という2つの軸で捉えた研究

    解説

  • 163

    マネジリアルグリッド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブレーク&ムートンによって図式化されたマトリックス図で、「人への関心」と「生産への関心」の2つのスタイルに基づいている。9・9型のチームマネジメント型が理想的なリーダーシップスタイルであるとしている。

    解説

  • 164

    パス=ゴール理論(ハウスの目標ー経路理論)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有能なリーダーは、道筋を明確に示して障害物を少なくし、従業員の業務目標達成を助けるというもの。リーダーは「部下の特徴」と「仕事環境の特徴」という2つの状況要因に対し、補完する役割を担うスタイルを取るべきとしている

    解説

  • 165

    フィードラーのコンティンジェンシー理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リーダーが部下と接する際の「スタイル」と、リーダーが置かれている「状況」とが適合していることが重要であるとし、仕事中心型リーダーは、統制しやすい場合としにくい場合に、従業員中心型リーダーは、統制のしやすさが中程度の場合に、高い業績をもたらすとしている

    解説

  • 166

    有能性のわな

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 組織やその利害関係者が状況に満足し、不満がない状況において、あえて現在採用している戦略よりも優れたものを探そうとはしなくなるような状況のこと

    解説

  • 167

    漸次的進化過程

    補足(例文と訳など)

    答え

    • おのおのの安定した段階において進行する継続的な改善の積み重ねのこと

    解説

  • 168

    革新的変革過程

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経営危機に直面した企業が新しい組織を構築していくに際し、今までとは別の段階へと移行していく不連続な変化のこと

    解説

  • 169

    シングルループ学習

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 既存の制約条件・枠組みの中で行う修正・学習活動

    解説

  • 170

    ダブルループ学習

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 既存の価値や目標、政策などの枠組みを超えて行う活動

    解説

  • 171

    制度的リーダーシップ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 組織に価値観を注入して組織全体を率いていくステーツマンシップのこと

    解説

  • 172

    リッチな情報

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 今までにないような多様な解釈(意味・教訓)を導き出せる程度の高い、すなわち潜在的多義性が高い情報(経験)のこと

    解説

  • 173

    ゆでガエル現象

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 業績の低下が漸次的(緩やか)であると、組織内外の構成員の希求水準がそれに慣れてしまい、よりよいものを追求する意欲が湧き上がらないこと

    解説

  • 174

    機会コスト(機会費用)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 財などをある目的に用いたために放棄された他の利用方法から得られるであろう利得のうち最大のもの

    解説

  • 175

    暗黙知

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 文字や言葉では表現できないような主観的なノウハウや信念といった、他人に伝達することが困難な知識のこと

    解説

  • 176

    形式知

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 言語化可能で文書や言葉で表現できる客観的な情報のこと

    解説

  • 177

    埋没コスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現在のプログラムを継続している限り発生しないコストでありながら、それを捨てて新しいプログラムを採用する場合に発生するコスト

    解説

  • 178

    ジョブローテーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 従業員に1つの職務だけでなく、他のいくつかの職務を定期的、計画的に経験させる方法

    解説

  • 179

    職能資格制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個々の従業員の職務遂行能力を基準に人事を実施していく人事制度

    解説

  • 180

    職務等級制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 職務の価値を基準とした人事を実施していく人事制度

    解説

  • 181

    複線型人事制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数のキャリアやコースを設定して従業員に選択させる制度

    解説

  • 182

    勤務延長制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 定年年齢に達した者を退職させることなく引き続き雇用する制度

    解説

  • 183

    再雇用制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 定年に達した者をいったん退職させ、その後改めて雇用する制度

    解説

  • 184

    多面評価

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上司以外に、同僚や部下、関連する他の部署の従業員、場合によっては顧客など、複数のあらゆる評価者によって評価する人事考課のこと

    解説

  • 185

    ハロー効果

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特定の要素や特徴によって全体の評価が幻惑されること。

    解説

  • 186

    ベースアップ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 賃金曲線上の昇給ではなく、賃金曲線そのものを上に移動させ、賃金表を書き換える昇給のこと

    解説

  • 187

    賃金曲線

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 昇給曲線ともいい、通常は年齢に応じて昇給するので右上がりの曲線を描く

    解説

  • 188

    キャリア開発制度(CDP)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 従業員が長期的にはどのような仕事につきたいか明らかにし、そのために必要な能力、経験を各従業員に身につけさせるよう企業が教育・配置などを体系的に計画するプログラムのこと

    解説

  • 189

    キャリアパス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 各自が将来的に歩む職務の経歴のこと

    解説

  • 190

    アウトプレイスメント・ビジネス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外部の人材会社などが行うもので、社外に出したい従業員を対象とし、円満退社になるように面接し、心理的なケアや再就職へのコンサルティングまで行うビジネスのこと

    解説

  • 191

    就業規則の記載事項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 常時10人以上の労働者を使用する使用者は、就業規則を作り、所轄労働基準監督署長に届け出なければならない

    解説

  • 192

    就業規則の絶対的必要記載事項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 始業および終業の時刻、休憩時間、休日、休暇、賃金、退職

    解説

  • 193

    就業規則の相対的必要記載事項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 退職手当、臨時の賃金

    解説

  • 194

    就業規則の作成手続

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 就業規則の作成または変更について、労働組合または過半数を代表するものの意見を聴かなければならない。さらに労働者に周知させなければならない。

    解説

  • 195

    就業規則の優先順位

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法令>労働協約>就業規則>労働契約

    解説

  • 196

    労働契約

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働者が使用者に労働力を提供し、使用者がこれに対して賃金を支払うことを約束するもの

    解説

  • 197

    1日の法定労働時間の上限

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 休憩時間を除いて8時間

    解説

  • 198

    1週間の法定労働時間の上限

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原則40時間(休憩時間を除く)と定められているが、常時使用する労働者の数が10人未満の商業、映画・演劇業、保健衛生業、接客娯楽業は特例として44時間とされている

    解説

  • 199

    1年単位の変形労働時間制

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1ヶ月を超え、1年以内の一定期間を平均して、1週間の労働時間が40時間を超えない限り、ある日/週の労働時間が8時間/40時間を超えてもよいという制度

    解説

  • 200

    1週間単位の非定型的変形労働時間制

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1週間の労働時間が40時間を超えない限り、ある日の労働時間を8時間を超え、延長できる制度。常時使用する労働者が30人未満の小売業、旅館、料理店、飲食店に限る

    解説

  • 201

    フレックスタイム制

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1ヶ月以内の清算期間(労働者が労働すべき時間と定められた期間)を平均して、1週間の労働時間が法定労働時間を超えないという制約のもとで、始業・終業の時刻を労働者が自主的に決定できる制度

    解説

  • 202

    1ヶ月単位の変形労働時間制

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1ヶ月以内の一定期間を平均して、1週間の労働時間が法定労働時間を超えない限り、ある日/週の労働時間が8時間/法定労働時間を超えてもよいという制度

    解説

  • 203

    休憩時間

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働時間が6時間超〜8時間以内の場合、45分以上、労働時間が8時間超の場合、1時間以上

    解説

  • 204

    36協定

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労使の間で書面の協定を結んで所轄基準監督署長に届け出れば、法定労働時間を超えて働かせたり、法定休日に働かせることが可能である。

    解説

  • 205

    事業場外労働のみなし労働時間制

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働者が労働時間の全部または一部について事業場外で業務に従事した場合において、労働時間を算定し難いときは、原則として、所定労働時間労働したものとみなすこと

    解説

  • 206

    裁量労働

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新商品の研究開発などその業務を行う方法や時間配分などを労働者の裁量に委ねる必要があるため、使用者が具体的な指示をすることが困難な業務

    解説

  • 207

    専門業務型裁量労働制

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労使協定を結ばなければならない。また所轄労働基準監督署長に届け出なければならない。

    解説

  • 208

    企画業務型裁量労働制

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事業場に労使委員会を設置し、その委員の4/5以上の多数による決議をし、その決議を所轄労働基準監督署長に届け出なければならない。

    解説

  • 209

    労使委員会

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 賃金、労働時間その他の当該事業における労働条件に関する事項を調査審議し、事業主に対し当該事項について意見を述べることを目的とする委員会

    解説

  • 210

    解雇制限

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 業務上の負傷、疾病により、療養のために休業する期間とその後30日間、産前産後の休業期間とその後30日間

    解説

  • 211

    解雇制限の例外

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1、療養開始後3年を経過しても傷病が治らない場合において、平均賃金の1,200日分の打切補償を行った場合。2、天変事変などで事業の継続が不可能になった場合で、所轄労働基準監督署長の認定を受けた場合

    解説

  • 212

    解雇の予告

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1、少なくとも30日前に解雇予告をする。2、30日分以上の平均賃金を(解雇予告手当)を支払う。1と2は併用可

    解説

  • 213

    産業医、衛生管理者の選任義務

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 業種にかかわらず、常時50人以上の労働者を使用する事業場ごとに選任する必要がある

    解説

  • 214

    安全管理者の選任義務

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 建設業・製造業などで常時50人以上の事業場ごとに選任する必要がある

    解説

  • 215

    不当労働行為

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 使用者が労働者の労働組合運動を妨害する行為

    解説

  • 216

    労働者災害補償保健法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 業務災害の補償(保険給付)、通勤災害の補償(保険給付)、社会復帰促進等事業の実施が目的の法律

    解説

  • 217

    雇用保険法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 失業中の生活の安定や再就職の促進のみならず、失業の予防や雇用機会の増大、その他労働者の能力の開発・向上などを行い、労働者の雇用や生活の安定を図っていくことが目的の法律

    解説

  • 218

    健康保険法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 被保険者やその扶養者(扶養家族)の業務外の疾病、負傷、死亡、出産に対して保健給付を行うことが目的の法律

    解説

  • 219

    厚生年金保険法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 民間企業に勤務するサラリーマンやOLを被保険者として、老齢、傷害、死亡に対して、保険者である政府が保険給付を行うことによって本人やその遺族の生活を守ることを目的とした法律

    解説

  • 220

    ポジティブアクション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 女性労働者が男性労働者と比較して相当程度少ない場合(具体的には4割を下回っている場合)に、男女の格差が生じている状況を改善するために暫定的、一時的に、女性のみを対象とした措置または女性を有利に取り扱うことが認められていること

    解説

  • 221

    業務起因性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 業務に内在している危険有害性が現実化したと経験則上認められること

    解説

  • 222

    業務遂行性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働者が労働契約に基づいて、事業主の支配下にある状態で、命じられた業務に従事しようとする意思行動性

    解説

  • 223

    特定労働者派遣事業

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 常用労働者を派遣する事業。厚生労働大臣への届出が必要

    解説

  • 224

    一般労働者派遣事業

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 登録した労働者を派遣する事業。厚生労働大臣の許可が必要

    解説

  • 225

    労働者派遣の禁止業務

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 港湾運送業務、建設業務、警備業務、医業・歯科医業等の業務、日々または30日以内の期間を定めて雇用する労働者の派遣(日雇派遣)が禁止されている

    解説

  • 226

    有料職業紹介事業の禁止業務

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 港湾運送業務、建設業務が禁止されている

    解説

56989

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ