zuknow learn together

新しい教材を作成

Jリーグにいた名外国人

カード 10枚 作成者: ダークな騎士 (作成日: 2014/08/14)

  • Jリーグ通算124ゴールは、ゴン、カズに次ぐ、歴代3位。外国人としては最多のゴールを記録しているストライカー。名古屋、広島、大分の3チームでプレーし、いずれのチームでも中心となった。万能型のストライカーで、多くの得点パターンを保持していた。パワフルな右足は驚異的だった。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

覚えてるかな?

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    Jリーグ通算124ゴールは、ゴン、カズに次ぐ、歴代3位。外国人としては最多のゴールを記録しているストライカー。名古屋、広島、大分の3チームでプレーし、いずれのチームでも中心となった。万能型のストライカーで、多くの得点パターンを保持していた。パワフルな右足は驚異的だった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウェズレイ

    解説

  • 2

    82年、86年、90年の西ドイツ代表。3大会連続で決勝に進出している。世界的なドリブラーで西ドイツ代表として73試合に出場している。93年にジェフ市原に入団。ジーコ、リネカーとともに目玉助っ人とされたが、期待どおり、華麗なドリブルを披露し、Jリーグを盛り上げた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リトバルスキー

    解説

  • 3

    90年のイタリア大会のブラジル代表MF。93年途中に黄金時代のヴェルディ川崎に加入。正確無比なパスとシュートを武器に、多くのタイトル獲得に貢献した。97年には鹿島に移籍。鹿島でも幾多のタイトルを獲得し、「優勝請負人」と評された。ゴールを決めた後、神に祈りをささげる「ポーズ」が印象的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビスマルク

    解説

  • 4

    90年のイタリア大会で大活躍し、チームをベスト8に導いたが、その後は怪我もあって不本意なシーズンを送っていた。来日したのは94年。翌95年にヴェンゲル監督が就任すると、全盛期に近いプレーを取り戻した。前年のセカンドステージは最下位だったチームを、リーグ2位、天皇杯制覇に導いた。同時期のJリーグには、レオナルド、ジーニョ、ジョルジーニョ、ドゥンガらブラジル代表のレギュラークラスの選手が多く在籍したが、彼らと比べても、頭ひとつ抜け出た特別な存在だった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ストイコビッチ

    解説

  • 5

    ジーコの愛弟子。抜群のスピードを武器にピッチ上で躍動。93年は28試合で22ゴールを記録し、欠場の多かった大黒柱のジーコの穴を埋めて、見事に93年のファーストステージ制覇に大貢献した。ピッチ上での活躍だけでなく、ユニークなヘアースタイルが注目を集めて、一躍、人気者になった。Jリーグブームで主役となった一人である。Jリーグでは、125試合で79ゴール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アルシンド

    解説

  • 6

    「Jリーグ史上最高のプレースキッカー」と評されるマジカルな左足を持つ元ブラジル代表MF。驚異的な射程距離を持つ左足はピッチ上のどの位置であっても相手チームの脅威となった。94年の磐田戦でマークした40メートルのフリーキックはJリーグ史上最高のゴールの1つである。世界レベルのキッカーの凄さを日本のサッカーファンに知らしめた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エドゥー

    解説

  • 7

    「1年だけ万博に舞い降りた天使」と語り継がれる元ブラジル代表の万能アタッカー。05年に清水からG大阪に移籍。そのシーズンに33試合で33ゴール。獅子奮迅の活躍でG大阪をチーム史上初の年間王者に導いた。たった1年でG大阪を去ったが、その印象は強烈に残っている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アラウージョ

    解説

  • 8

    ブラジル代表として90年のイタリア大会、94年のアメリカ大会に出場。94年の大会は右サイドバックとして世界一に大きく貢献し、「世界最高の右サイドバック」といわれた。95年に鹿島に入団。当初は右サイドバックでプレーしていたが、次第にボランチでの出場機会が増えていった。本職ではないポジションであったが、精度の高いキックを武器に大活躍し、96年はリーグMVPに輝いた。プロとして模範的なふるまいをして、周囲に与えた影響は大きかった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジョルジーニョ

    解説

  • 9

    Jリーグ誕生時、二部リーグのチームに過ぎなかった住友金属を日本屈指の名門チームに仕立て上げた大功労者。有り余る情熱で鹿島アントラーズの礎を築いた世界的なスーパースターである。Jリーグ開幕戦となった名古屋グランパス戦でのハットトリックはすでに伝説となっている。Jリーグ通算で23試合で14ゴール。94年に惜しまれつつ現役を引退した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジーコ

    解説

  • 10

    来日初年度の2003年は28得点を挙げ、J2得点ランク2位の成績を収めた。さらに完全移籍した2004年には37得点を挙げJ2得点王に輝き、川崎フロンターレのJ1昇格に多大な貢献を果たした。シーズンオフにはスペインのベティスからのオファーもあったが残留を選択した。 J1昇格後もその勢いはとどまるところを知らず、得点ランキング上位の常連になった。2007年には31試合で22得点を挙げ、J1では初となる得点王に輝いた。J1・J2双方での得点王獲得は、エメルソン以来2人目である。 2008年3月、一部新聞紙で日本の生活環境の良さや子供たちへの教育を挙げ、日本へ帰化の意思があると報じられ、本人もこれを認めたが、日本語での会話が流暢でないことやブラジル代表で親善試合に4試合出場していたことが理由となり、日本への帰化を断念した。2011年限りで川崎との契約を満了。2012年、鹿島アントラーズに移籍した。2013年シーズンをもって契約満了となり退団が決定した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジュニーニョ

    解説

56653

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ