zuknow learn together

新しい教材を作成

気象予報士試験 学科一般 直前暗記

カード 90枚 作成者: j_okuyan (作成日: 2014/08/07)

  • 主な温室効果ガスは、二酸化炭素、(1)、(2)である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    主な温室効果ガスは、二酸化炭素、(1)、(2)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (1)水蒸気 (2)オゾン

    解説

  • 2

    温室効果によって地球表面温度は(1)℃、温室効果がないと(2)℃

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (1)15 (2)-18

    解説

  • 3

    1年間の地球全体の 平均 下向き 長波放射エネルギー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 324w/m2

    解説

  • 4

    1年間の地球全体の 平均 上向き 長波放射エネルギー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 390w/m2

    解説

  • 5

    ボーエン比

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顕熱/潜熱

    解説

  • 6

    下層の空気ほど、その上にある空気に圧縮されるので

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 密度ρは大きい

    解説

  • 7

    空気塊の温度上昇に対する飽和水蒸気圧の増加割合は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 温度が高いほど大きい

    解説

  • 8

    断熱変化する際の空気塊に加える熱量

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ΔQ=0

    解説

  • 9

    雪片同士が付着してぼたん雪ができやすい気温

    補足(例文と訳など)

    答え

    • −5℃ 以上

    解説

  • 10

    竜巻が発生しやすい状態

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多くは風の鉛直シアが大きい状態

    解説

  • 11

    雨滴の終端速度は( )に比例する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 半径の平方根

    解説

  • 12

    雲粒程度の終端速度は( )に比例する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 半径の2乗

    解説

  • 13

    逆転層の見られない霧

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 滑昇霧

    解説

  • 14

    温位と 密度は( )する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 反比例する。 θ1/θ2=ρ2/ρ1

    解説

  • 15

    温度風は 層間の平均気温の等温線に(1)側を(2)に見るように(3)に吹く

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (1)低温(2)左 (3)平行

    解説

  • 16

    空気塊に働くコリオリ力の大きさは その空気塊の質量に( )する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 比例

    解説

  • 17

    ダウンバーストの吹き出しの広がり

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 数百メートル〜十キロメートル

    解説

  • 18

    4km未満のダウンバースト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マイクロバースト

    解説

  • 19

    4km以上のダウンバースト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マクロバースト

    解説

  • 20

    石油・石炭等の中の炭素をすべてCO2として大気に放射すると

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 68気圧になる

    解説

  • 21

    レイリー散乱で散乱される 電磁波の強度は波長の

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 波長の4乗に反比例する

    解説

  • 22

    日照時間とは、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 直達日射が 地上に照射した時間

    解説

  • 23

    相当温位が等しい二つの 空気塊の飽和相当温位は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 必ずしも同じにはならない。

    解説

  • 24

    飽和相当温位とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • その空気塊が水蒸気で飽和していると仮定して求めた相当温位

    解説

  • 25

    南半球では、気圧の低い方を( )に地衡風が吹く

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 右手(みなみのみぎて)

    解説

  • 26

    北半球では気圧の低い方を( )に地衡風が吹く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 左手

    解説

  • 27

    高度90km以上では、 夏半球で( ) 冬半球で( )が吹く

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 夏N半球で西N風 冬半球で東風が吹く

    解説

  • 28

    対流圏内の気温の鉛直分布は( )と( )によって決まる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 放射 と 対流 <放射対流平衡>

    解説

  • 29

    硫酸エーロゾルは吸湿性が・・・

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高いため、凝結核として働く

    解説

  • 30

    科学物質を含む溶液に対する飽和水蒸気圧は・・・

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 純粋な水の飽和水蒸気圧よりも <小さい>

    解説

  • 31

    成層圏オゾンが( )まで達することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (地上付近)圏界面の折れこみ、寒冷渦付近の圏界面の不安定化

    解説

  • 32

    温室効果に最も寄与しているのは( )

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水蒸気 二酸化炭素は 2番目

    解説

  • 33

    水蒸気は( )が多く、吸収する( )が広い温室効果気体

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 絶対量 波長帯が広い

    解説

  • 34

    積乱雲の雲底にできる規模の小さな・・・

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小さな高気圧を 雷雨高気圧またはメソハイ

    解説

  • 35

    対流雲発生前の成層状態

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 下層から中層にかけて条件付不安定の状態

    解説

  • 36

    竜巻の大きさ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 直径1km以下のものが多い。 最大瞬間風速は100m/sを超える場合も。

    解説

  • 37

    海風の反流の高さは・・・

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1〜3kmの高さで吹いている。

    解説

  • 38

    夜間の陸風とその反流は・・・

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 昼間の海風より弱く、高さも低い。

    解説

  • 39

    静力学平衡は運動の鉛直スケールが・・・

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水平スケールと比べて非常に小さい時に成り立つ

    解説

  • 40

    台風の中心では 遠心力と気圧傾度力は・・・

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同程度の大きさになっている

    解説

  • 41

    台風 外側降雨帯

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中心から200〜600km付近に帯状にある

    解説

  • 42

    台風の目の領域の上部対流圏は・・・

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上部対流圏は、周辺より際立って高温になっている。

    解説

  • 43

    台風の最も強風のエリア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中心から50〜150kmぐらいの場所

    解説

  • 44

    発生した台風の( )が上陸している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10% 平均2.6個

    解説

  • 45

    熱雷

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日射によるもの

    解説

  • 46

    界雷

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前線 特に寒冷前線による

    解説

  • 47

    渦雷

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 台風や発達した温帯低気圧による。

    解説

  • 48

    夏の激しい雷雨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 熱雷と界雷が複合した熱界雷

    解説

  • 49

    海陸風にコリオリの力は・・・

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ほとんど働かない

    解説

  • 50

    カタバティック風

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 滑降風 斜面下降風 山風

    解説

  • 51

    アナバティック風

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 滑昇風 斜面上昇風 谷風

    解説

  • 52

    中層大気 高度約90km まで 夏半球で( )

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全域 東風

    解説

  • 53

    中層大気 高度約90km まで 冬半球では( )

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全域 西風

    解説

  • 54

    下部成層圏の高度約10〜20kmでは、一年を通して

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一年を通して赤道上で気温が最低となっている

    解説

  • 55

    予報業務に用いる観測

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 成果を発表するための気象観測とみなされる

    解説

  • 56

    顕熱と位置エネルギーの和で表される量

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乾燥静的エネルギー

    解説

  • 57

    一般に対流圏は( )安定の状態にある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (条件付き不)安定

    解説

  • 58

    準2年周期振動(QBO)は ( )から( )に及んでいく

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上層 から下層に

    解説

  • 59

    南北熱輸送量を考える時 海流と 大気の熱容量を比べると

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 海流の方が大きく、寄与する役割が大きい

    解説

  • 60

    海流による熱輸送量の最大は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 南北両半球とも 緯度20度付近にある

    解説

  • 61

    昇華熱=

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 融解熱+気化熱

    解説

  • 62

    未飽和湿潤空気塊が断熱上昇すると相対湿度は・・・

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 増加する。 水蒸気分圧の減少量<飽和水蒸気分圧の減少量

    解説

  • 63

    秒速10mは 時速?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 時速36km

    解説

  • 64

    成層圏の水蒸気

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水蒸気がほとんどないため 乾燥断熱変化が起こる

    解説

  • 65

    真冬の成層圏で極を中心として存在する・・・

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 非常に冷たい渦=極夜渦

    解説

  • 66

    成層圏突然昇温は冬から春にかけてプラネタリー波の伝播によって・・・

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 極夜渦が崩壊し、下降流による断熱昇温により起きる

    解説

  • 67

    成層圏突然昇温

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 冬から春にかけて 数日間に数十度も温度が上昇することがある

    解説

  • 68

    ボラは滑降する時断熱昇温するが

    補足(例文と訳など)

    答え

    • もともと冷たく、下降地点の空気が暖かいため、気温が下がる

    解説

  • 69

    ボラの例

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 冬季関東北部のからっ風

    解説

  • 70

    対流不安定は・・・

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前線や低気圧に伴う大規模な上昇流で生じやすい

    解説

  • 71

    混合比=rならば 質量は・・・

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 質量=1+r

    解説

  • 72

    水滴・氷晶 小さい粒の落下速度は半径の・・・

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 半径の2乗に比例する

    解説

  • 73

    地球全体の年間総降水量は・・・?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 約 1000mm

    解説

  • 74

    大気中の水蒸気を全て雨に直すと・・・?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 26mm

    解説

  • 75

    大気中に水蒸気が多く含まれるほど・・・

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水蒸気から地表面への長波放射量は多くなる

    解説

  • 76

    キルヒホッフの法則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 吸収率=放射率

    解説

  • 77

    成層圏オゾン層で最も吸収される紫外線の波長帯

    補足(例文と訳など)

    答え

    • UVB

    解説

  • 78

    太陽からの短波放射の吸収量に南北差があるのは・・・

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主に地球が球形であるから

    解説

  • 79

    地衡風は、北半球では風向に対して左側の等圧面高度が

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 等圧面高度が低い

    解説

  • 80

    寒冷前線通過時の風向の変化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 南寄りの風 → 北寄りの風

    解説

  • 81

    温暖前線通過時の風向の変化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北寄りor東寄り → 南寄り

    解説

  • 82

    積乱雲の 運動の鉛直スケールと水平スケールは・・・

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同程度。静力学平衡は成り立たない。

    解説

  • 83

    総観スケールの高・低気圧が勢力を維持するためには、水平発散・収束の大きさが・・

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 渦度鉛直成分に比べて小さい必要がある。

    解説

  • 84

    飽和した空気塊では、気温・露点温度・湿球温度の値は・・・

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同じ値。仮温度は高くなる。

    解説

  • 85

    エーロゾルの増加は・・・

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 反射率が大きくなり、冷却化につながる

    解説

  • 86

    大気上端に入る太陽放射を100とすると・・・

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地表面に達する太陽放射は 49

    解説

  • 87

    地象とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 気象に密接に関連する地中の諸現象のこと。

    解説

  • 88

    大気擾乱に伴う渦度の大きさは、通常コリオリ因子と・・

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 通常コリオリ因子と同じオーダーである

    解説

  • 89

    体積一定で加熱した時に保存されるのは・・・?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 密度 と 混合比

    解説

  • 90

    雲粒 半径10μmの終端速度は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 約1cm/s 10μm = 0.01mm

    解説

56924

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ