zuknow learn together

新しい教材を作成

世界のリキュール

カード 6枚 作成者: comebythehill (作成日: 2014/08/01)

  • Suze

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    Suze

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (スーズ) フランス原産の薬草系リキュール。主な原材料はリンドウ科の植物であるゲンチアナの根。アルコール15度。

    解説

  • 2

    Galliano

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (ガリアーノ) イタリア産の薬草系リキュール。液色は黄色、アルコール度数は35度、エキス分は33%。製造法は完全には公開されていないが、ベースは中性スピリッツであり、これに香味材料を浸漬したものとされる。

    解説

  • 3

    Cynar

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (チナール) イタリア産の薬草系リキュール。アーティチョーク(チョウセンアザミ)を使用して作る。ワインがベース。アーティチョークと共に13種類のハーブが使われており、ほろ苦い風味が特徴的。アルコール度数は16度程度と比較的低く、食前酒や食後酒にも用いられる。

    解説

  • 4

    Sambuca

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (サンブーカ) イタリア産。様々な原料を使って製造されているリキュール。サンブーカには、酒の色が無色透明のサンブーカの他に、酒の色が黒色をしているオパール・ネラが存在する。サンブーカという酒名の由来となっているのは、このどちらの色のサンブーカにも原料の1つとして使用されている、エルダー(ニワトコ)が関係していると一般に言われている 。

    解説

  • 5

    Ouzo

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (ウーゾ) 生産・消費ともに、そのほとんどがギリシアとキプロス国内で行われる。ウーゾの原型はツィプロ (Τσίπουρο) やラキア (rakia) という蒸留酒で、東ローマ帝国ですでに製造されていた。14世紀にアトス山でツィプロを蒸留していた修道士がアニスの香りをつけたツィプロを作り出し、これがウーゾとなった由来といわれる。

    解説

  • 6

    Drambuie

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (ドランブイ) モルト・ウィスキーをベースにハーブや蜂蜜を配合。アルコール度数は40度、エキス分は35%。名称は、モルト・ウィスキー発祥の地とも言われるハイランド地方の言葉であるゲール語の「飲む(dram)」と「満足な(buidheach)」を合成して「Drambuie」としたもので、「満足できる酒」「満足すべき飲み物」といった意味。

    解説

56875

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ