zuknow learn together

新しい教材を作成

刑法 第10章 社会的法益に関する罪-02

カード 10枚 作成者: マコチン (作成日: 2014/07/30)

  • 公正証書原本不実記載等罪の客体は,私法上の権利義務に関するある事実を証明するものに限られ,公法上の権利義務に関するものは含まない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

司法書士

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    公正証書原本不実記載等罪の客体は,私法上の権利義務に関するある事実を証明するものに限られ,公法上の権利義務に関するものは含まない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 刑法157条1項の「権利若しくは義務に関する公正証書の原本」は私法上のものに限られず,住民票(最決昭48.3.15)のような公法上のものも含む。

    解説

  • 2

    Aは,他人所有の未登記不動産について自己名義の保存登記を受けようと企て,知人の登記官に事情を話してその登記を受けた。この場合,Aに公正証書原本不実記載等罪が成立する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 公正証書原本不実記載等罪(刑157条1項)が成立するためには,申立てを受けた公務員が,申立ての内容について虚偽であることを知らないことを要する。

    解説

  • 3

    開業医であるAは,友人のBに頼まれ,Bが生命保険会社に提出するものであることを知りながら,虚偽の診断書を作成した。この場合,Aに虚偽診断書作成罪が成立する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 生命保険会社に提出した虚偽の診断書は,「公務所に提出すべき診断書」(刑160条,7条2項)ではない。したがって,Aに虚偽診断書作成罪は成立しない。

    解説

  • 4

    代理権を有しない者が代理名義を冒用して文書を作成しても,私文書偽造罪は成立しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 代理名義の文書における名義人は,本人である(最決昭45.9.4)ため,代理権を有しない者が代理名義を冒用して文書を作成した場合,私文書偽造罪(刑159条1項)が成立し得る。

    解説

  • 5

    偽造有価証券行使罪が成立するためには,偽造された有価証券を呈示すれば足り,それを流通に置くことを要しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 偽造有価証券行使罪(刑163条)の「行使」といえるためとは,流通に置く必要はなく,呈示すれば足りる(大判昭13.12.6)。

    解説

  • 6

    自宅に友人5名を招待し,室内でわいせつビデオを上映した場合,公然わいせつ罪が成立する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 自宅に友人5名を招待し,室内でわいせつビデオを上映した行為は,「公然と」した行為ではないから,公然わいせつ罪(刑174条)は成立しない。

    解説

  • 7

    外国へ輸出する目的でわいせつ物を所持した場合,わいせつ物販売目的所持罪が成立する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 「販売の目的」(刑175条後段)とは,日本国内において販売する目的をいう。外国へ輸出する目的は,これに当たらないから,わいせつ物販売目的所持罪は成立しない。

    解説

  • 8

    頒布した文書が外国語で書かれている場合でも,わいせつ文書等頒布罪が成立する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 外国語の文書の場合,その読者たり得る英語の読める日本人及び在日外国人の普通人,平均人を基準として,「わいせつ」性が判断される(最判昭45.4.7)。

    解説

  • 9

    勝敗を全面的に支配可能な者が存在するいわゆる「詐欺賭博」において,その者及び事情を知らない他の者には賭博罪は成立しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 詐欺賭博は,勝敗の偶然性を否定し,勝敗の結果を知りながら相手方に財物を提供させる行為であるから,賭博罪ではなく,詐欺罪(刑246条1項)が成立する(最判昭26.5.8)。

    解説

  • 10

    賭博に当たる行為に関して財物の得喪を約束した場合であっても,現実に財物を提供しなければ,賭博罪は成立しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 賭博罪(刑185条)は,「賭博」をすれば,その行為の開始とともに直ちに既遂となる。現実に財物を提供することを要しない(大判大11.7.3,大判大12.4.19)。

    解説

56860

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ