zuknow learn together

新しい教材を作成

相互作用②

カード 25枚 作成者: みやーー (作成日: 2014/07/28)

  • ニューキノロン系抗菌薬
    水酸化アルミニウムゲル等

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ニューキノロン系抗菌薬 水酸化アルミニウムゲル等

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ニューキノロン系抗菌薬が金属カチオンと難溶性のキレートを形成して、抗菌薬の吸収が低下し、抗菌効果の減弱

    解説

  • 2

    テトラサイクリン系 カルシウム、マグネシウム、鉄剤

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テトラサイクリンと金属カチオンが消化管内で難溶性のキレートを形成して、テトラサイクリンの吸収を阻害する 作用の減弱

    解説

  • 3

    リセドロン酸ナトリウム水和物 水以外の飲料 (牛乳)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビスホスホネート製剤とCa含有飲食物との併用は、Ca等と錯体を形成するためリセドロン酸ナトリウムの吸収を妨げる

    解説

  • 4

    セフジニル 硫酸鉄

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 硫酸鉄などの鉄製剤は腸管内において鉄イオンとほとんど吸収されない錯体を形成するため、吸収が顕著に低下する

    解説

  • 5

    コレスチラミン ワルファリン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コレスチラミンは陰イオン交換樹脂であり、消化管内で胆汁酸、陰イオン性物質や酸性物質等と結合して、ワルファリンの吸収を遅延・抑制させるため、抗凝血作用が減弱

    解説

  • 6

    プロパンテリン アセトアミノフェン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロパンテリンは抗コリン薬であり、消化管運動を抑制してGERを遅くするため、アセトアミノフェンの吸収速度が低下し、GETを延長させる

    解説

  • 7

    プロパンテリン リボフラビン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロパンテリンは抗コリン薬であり、GERを遅くして、GETを延長するため、リボフラビンが少しずつ吸収部位に到達することにより担体が飽和せずリボフラビンの吸収量が増加

    解説

  • 8

    メトクロプラミド アセトアミノフェン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メトクロプラミドはGERを速くするため、アセトアミノフェンの吸収速度が増加してGET短縮する

    解説

  • 9

    ワルファリンカリウム NSAIDs(インドメタシン)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蛋白結合の競合阻害により 蛋白結合の置換現象が起こり 非結合型のワルファリンカリウムの血中濃度が増加して ワルファリンの薬効が増強

    解説

  • 10

    バルプロ酸ナトリウム カルバペネム系抗菌薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カルバペネム系がバルプロ酸のグルクロン酸抱合を促進することでバルプロ酸の血中濃度が低下してんかん発作が再発する

    解説

  • 11

    レボドパ ピリドキシン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レボドパは脱炭酸を受けるが 脱炭酸酵素の補酵素であるピリドキシンが末梢での 脱炭酸化を促進するため、 レボドパの作用を減弱させる

    解説

  • 12

    アロプリノール メルカプトプリン (アザチオプリン)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アロプリノールがメルカプトプリンの代謝酵素であるキサンチンオキシダーゼを阻害するため、メルカプトプリンの血中濃度が上昇して副作用を増強

    解説

  • 13

    ソリブジン 5-フルオロウラシル系抗悪性腫瘍薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソリブジンの代謝物の5-フルオロウラシル代謝酵素の阻害作用により 抗悪性腫瘍薬の顕著な血中濃度上昇

    解説

  • 14

    チーズ イソニアジド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チーズにはチラミンが含まれており、 チラミンはMAO-Aにより分解されるがイソニアジドはそれを阻害することでチラミンが分解されなくなって血圧上昇や動悸が起こる

    解説

  • 15

    グレープフルーツジュース カルシウム拮抗薬 (ニフェジピン)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グレープフルーツジュースは小腸粘膜上皮細胞のCYP3A4を不可逆的に不活性化する作用を持つが グレープフルーツジュースに含まれる成分がニフェジピンの肝代謝反応を抑制し、クリアランスを低下させるため、ニフェジピンの血圧濃度が上昇し、作用が増強される

    解説

  • 16

    リトナビル トリアゾラム (ミダゾラム)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リトナビルはP450阻害薬であり、特にCYP3A4を競合的に阻害するため、トリアゾラムの血中濃度が上昇して、過度の鎮静や呼吸抑制が起こる

    解説

  • 17

    リトナビル シンバスタチン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 横紋筋融解症

    解説

  • 18

    リトナビル ベラパミル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 過度の降圧

    解説

  • 19

    シプロフロキサシン テオフィリン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シプロフロキサシンはCYP1A2を競合的に阻害することにより テオフィリンの血中濃度が上昇してテオフィリン中毒を起こす

    解説

  • 20

    シプロフロキサシン チザニジン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 著しい血圧低下や傾眠

    解説

  • 21

    スルファメトキサゾール ワルファリン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スルファメトキサゾールはCYP2C9を競合的に阻害することによりワルファリンの作用が増強して出血傾向が見られる

    解説

  • 22

    リファンピシン リトナビル (トリアゾラム)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リファンピシンはCYP3A4を誘導するためリトナビルなどの血中濃度を低下させ効果を減弱させる

    解説

  • 23

    ニューキノロン系抗菌薬 NSAIDs

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ニューキノロン系抗菌薬が持つGABA阻害作用が増強されてけいれんが誘発される

    解説

  • 24

    ジギタリス製剤 トリクロルメチアジド (利尿薬)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血中カリウム値を低下させて、低カリウム血症により ジゴキシンの心収縮力増強や不整脈といったジギタリス中毒を誘発

    解説

  • 25

    ワルファリン 納豆

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ワルファリンはビタミンK依存の血液凝固因子の生合成阻害により抗凝血効果を発揮するが 納豆はワルファリンの作用に拮抗するためワルファリンの作用減弱

    解説

56907

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ