zuknow learn together

新しい教材を作成

刑法 第9章 財産に対する罪-03

カード 10枚 作成者: マコチン (作成日: 2014/07/28)

  • 衣料品店で顧客を装い,上衣を試着したまま,店員に対し,「便所に行く」と言って偽って逃走した場合,詐欺罪が成立する。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

司法書士

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    衣料品店で顧客を装い,上衣を試着したまま,店員に対し,「便所に行く」と言って偽って逃走した場合,詐欺罪が成立する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 「便所に行く」と言って偽る行為は,一般人をして財物を交付させるような錯誤に陥れる行為ではなく,「欺いて」に当たらない。したがって,詐欺罪(刑246条1項)は成立しない。

    解説

  • 2

    保険金詐欺の目的で,家屋に放火したり,船舶を転覆・沈没させた場合には,まだ保険会社に保険金支払の請求をしていなくとも,詐欺罪の実行の着手が認められる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 保険金詐欺の事案では,保険会社に保険金を請求した時に「欺いて」に当たる行為があり,詐欺罪の実行の着手が認められる。

    解説

  • 3

    Aは,Bに対し,覚せい剤を買ってきてやると欺いて,その代金として金銭の交付を受けた。この場合,Aに詐欺罪が成立する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ Bは,Aの欺く行為がなければ金銭を交付しなかった以上,詐欺罪における財産上の損害が認められる(最判昭25.7.4)。したがって,Aに詐欺罪(刑246条1項)が成立する。

    解説

  • 4

    他人から借りたカメラを自分のものにするため,持ち主に対してそのカメラが盗まれたと嘘をついて,これを返さなかった場合,詐欺利得罪が成立する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 本問では横領罪(刑252条1項)が成立するのであり,別途,詐欺利得罪(刑246条2項)は成立しない(大判明43.2.7)。

    解説

  • 5

    買物をした際,店員から受け取った釣銭が多いことに帰宅後気が付いたが,そのまま返さずに自己の用途に消費した場合,詐欺罪が成立する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 本問の場合,「欺いて」に当たる行為がないから,詐欺罪(刑246条1項)は成立しない。本問の行為では,遺失物等横領罪(刑254条)が成立する。

    解説

  • 6

    口止め料を出さなければ,秘密を暴露すると脅迫し,その相手方が畏怖して黙認しているのに乗じて傍らに置かれてあった札束を持ち去った場合,恐喝罪が成立する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 相手方が畏怖して黙認しているのに乗じて財物を持ち去る行為も,「財物を交付させ」るに当たる(最判昭24.1.11)。したがって,恐喝罪が成立する。

    解説

  • 7

    債務者Aが債権者Bを相手方の反抗を抑圧するには至らない程度に脅迫し,AのBに対する債務の支払を一時猶予する旨の意思表示をさせた。この場合,Aに恐喝利得罪が成立する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 債務の支払いを一時猶予する旨の意思表示をさせた場合も「財産上不法の利益を得」る(刑249条2項)に含まれる(大判明45.4.22)。したがって,Aに恐喝利得罪が成立する。

    解説

  • 8

    Aが,B所有の未登記建物につき,無断でA名義に所有権保存の登記をした上,Cに売却して所有権移転の登記をした場合でも,横領罪は成立しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 本問では,AとBとの間に何ら委託信任関係がない。したがって,横領罪(刑252条1項)は成立しない。

    解説

  • 9

    Aが,Bの依頼により,公務員Cに賄賂として渡すために預かり保管中の現金をCに渡すことなく,自ら費消した場合には,横領罪が成立する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 本問の現金は,「委託信任関係に基づく自己の占有する他人の物」(刑252条1項)に当たり,これを費消すれば,横領罪が成立する(最判昭23.6.5)。

    解説

  • 10

    Aは,帰宅途中,公園で乗り捨てられた自転車を見つけると,それが自分のものではないことを知りながら,それに乗って帰った。この場合,Aに横領罪が成立する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 公園で乗り捨てられた自転車は,「他人の(所有する)物」ではないから,横領罪(刑252条1項)は成立しない。Aには遺失物等横領罪(刑254条)が成立する。

    解説

56635

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ