zuknow learn together

新しい教材を作成

栄養教育論

カード 49枚 作成者: ゆば (作成日: 2014/07/26)

  • 社会的認知理論

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    社会的認知理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人の行動に影響する要因として、その人の考え方といった認知に重きをおいている。

    解説

  • 2

    社会的認知理論を提唱した人は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バンデューラ

    解説

  • 3

    自己効力感

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 健康によい食行動をうまく取る自信がどれくらいあるのか。

    解説

  • 4

    結果期待

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 健康によい食行動をとるとどういう結果になると思うか。

    解説

  • 5

    準備要因(先行因子)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 行動への動機づけに関わる要因、知識、態度、自己効力感など。

    解説

  • 6

    実現要因(促進因子)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動機を行動へ結びつける要因、スキルやライフスタイルなど。

    解説

  • 7

    強化要因(強化因子)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 行動の継続に関わる要因、周囲の人々や行動、自分に対する周囲や自分自身からの支援など。

    解説

  • 8

    費用効果分析

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 栄養教育を実施して得られた目標の達成率、達成度を一つの効果と見なし、一定の効果を得るのにかかった費用から、経済効率の良い栄養教育プログラムがどれかを判断するもの。

    解説

  • 9

    費用便益分析

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 栄養教育プログラムを実施するのに要した直接費用、間接費用及び全ての結果を金銭に換算して評価する方法。

    解説

  • 10

    費用効用分析

    補足(例文と訳など)

    答え

    • QALYを指標にすることが多く、これを改善するのにかかる費用の比較で分析する。

    解説

  • 11

    ピマグリオン効果

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教育担当者が教育効果を期待することにより、プログラムの真の効果以上の効果をあげる効果。

    解説

  • 12

    内的妥当性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 評価結果が実施された教育によるものであるかどうかにかかわる妥当性。

    解説

  • 13

    外的妥当性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教育実施によって得られた結果を一般に適用できるかどうかにかかわる妥当性。

    解説

  • 14

    サンプリングバイアス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教育対象者を母集団から抽出する時に生じるバイアス

    解説

  • 15

    バイアス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 測定の際に生じる系統的な誤差、偏りと同じ。

    解説

  • 16

    選択バイアス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教育介入群と対照群の間に見られるバイアス。 性、年齢、居住地などの基本的属性

    解説

  • 17

    測定バイアス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教育介入群と対照群の測定条件が異なる場合に生じる誤差

    解説

  • 18

    交絡バイアス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 測定している因子以外の背景要因によって教育結果が影響を受ける場合の要因。

    解説

  • 19

    グループダイナミクス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 集団力動。参加者間で互いに刺激され、高め合うことが出来る。

    解説

  • 20

    開かれた質問

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クライアントの考えていることを自由に表現する機会を与える聞き方。

    解説

  • 21

    閉ざされた質問

    補足(例文と訳など)

    答え

    • はい、いいえなどの数語で答えることができる質問形式。

    解説

  • 22

    ラポール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カウンセリング関係の中でクライアントとカウンセラーが相互に信頼しあえる関係であること。

    解説

  • 23

    マイクロカウンセリングを提唱した人は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アイヴィ(Ivey)

    解説

  • 24

    カウンセリングにおける必要十分条件を示した人は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロジャーズ

    解説

  • 25

    ヘルスビリーフモデルを提唱した人は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベッカー&ローゼンストック

    解説

  • 26

    オペラント学習理論を提唱した人は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ワトソン

    解説

  • 27

    トランスセオレティカルモデルを示したのは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロチャスカら

    解説

  • 28

    トランスセオレティカルモデルの5つのステージとは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全熟考期→塾考期→準備期→実行期→維持期

    解説

  • 29

    行動への態度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 健康によい食行動が自分にとってどれくらい良いことだと感じているか。

    解説

  • 30

    主観的規範

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 健康によい食行動をとることを自分にとって重要な人々がどれくらい期待していると感じ、その期待にどれくらい応えたいと思っているか。

    解説

  • 31

    行動のコントロール感

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 健康によい食行動を取ることがどれくらい可能であると感じているか。

    解説

  • 32

    セルフ・エスティーム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自尊心あるいは自尊感情などと訳され、自分の能力や価値に対する自信の程度。

    解説

  • 33

    プリシードモデルを簡略化するため、先行因子、促進因子、強化因子を作った人は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グリーンら

    解説

  • 34

    「生きる力」の要素

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する資質や能力。 ②自らを律しつつ、他人と共に強調し、他人を思いやる心や感動する心など、豊かな人間性 ③たくましく生きるための健康や体力。

    解説

  • 35

    グリーンは何を健康教育を何と定義したか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 健康のための自発的な行為を促すために計画された学習経験の組み合わせ

    解説

  • 36

    ブレインストーミング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 限られた時間の中でできるだけ多くのアイディアを自由に出し合うことを目的とする。

    解説

  • 37

    青少年の6つの危険行動とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・故意または不慮の事故に関する行動 ・喫煙 ・飲酒及び薬物乱用 ・望まない妊娠、HIVを含む性感染症に関係する性行動 ・不健康な食生活 ・運動不足

    解説

  • 38

    自己有能感

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 基本的に人生上の課題に立ち向かう力があると感じること。

    解説

  • 39

    自己価値感

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 成功し幸せになる価値があると感じること。

    解説

  • 40

    ロールプレイング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 役割演技。スキルとりわけコミュニケーションスキルを形成するのに有効な指導法。

    解説

  • 41

    羅患性の認識

    補足(例文と訳など)

    答え

    • このままだと自分が病気や合併症になる可能性がどれくらい高いと感じているのか。

    解説

  • 42

    重要性の認識。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 病気や合併症になることは、自分にとってどのくらい重大だと感じているか。

    解説

  • 43

    脅威の認識

    補足(例文と訳など)

    答え

    • このままでは健康面でまずいと感じること。

    解説

  • 44

    有益性の認識

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 健康によい食事をとることで脅威の認識がどれくらい減ると感じるか。

    解説

  • 45

    障害の認識

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分にとって健康によい食行動を妨げている要因はどこにあると感じているか。

    解説

  • 46

    強化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 報酬や罰を用いて、行動を繰り返して行う反応を増強または減弱させること。

    解説

  • 47

    観察学習

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他人の行動やその結果を観察することによる行動の習得。

    解説

  • 48

    相互決定主義

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個人的要因、環境的要因、行動の3要因の相互関係の中で行動を理解するという考え方。

    解説

  • 49

    食事バランスガイドを決定したのは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 厚生労働省、農林水産省

    解説

56995

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ