zuknow learn together

新しい教材を作成

刑法 第9章 財産に対する罪-01

カード 10枚 作成者: マコチン (作成日: 2014/07/25)

  • 法律上所持を禁止されている麻薬を窃取した場合,窃盗罪は成立しない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

司法書士

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    法律上所持を禁止されている麻薬を窃取した場合,窃盗罪は成立しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 麻薬は禁制品であり,禁制品であっても,没収には一定の手続を要するから,「財物」に当たる(最判昭24.2.15)。したがって,窃盗罪(刑235条)が成立する。

    解説

  • 2

    友人から留守番を一時頼まれた者が,その友人宅の金品を勝手に持ち出した場合,窃盗罪が成立する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 友人から留守番を一時頼まれたとしても,友人宅の金品の占有は友人にある。したがって,当該金品を勝手に持ち出した場合,窃盗罪(刑235条)が成立する(名古屋高判昭34.9.1)。

    解説

  • 3

    Aは,Bと共同で借りていたCの所有する自動車を一人で勝手に持ち出し,質に入れた。この場合,Aに窃盗罪が成立する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 本問の自動車は,Aも占有しているが,Bも占有していることから,「他人の占有する財物」に当たる。したがって,窃盗罪(刑235条)が成立する。

    解説

  • 4

    宿泊先の旅館の客室で,前日の宿泊客が置き忘れた財布を発見し,これを取得した宿泊客には,窃盗罪が成立する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 旅館内の客室に置き忘れられた客の物は,旅館の主人の占有に帰属する(大判大8.4.4,札幌高判昭28.5.7)ため,当該物を取得した宿泊客には窃盗罪(刑235条)が成立する。

    解説

  • 5

    郵便集配人が,配達中の信書を開けて在中の小切手を取り出し,取得した場合,窃盗罪が成立する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 郵便集配人が,配達中の信書を開けて在中の小切手を取り出し,取得した場合,窃盗罪(刑235条)が成立する(最判昭29.6.22)。

    解説

  • 6

    パチンコ玉を磁石で誘導して穴に入れ,当たり玉を出して取得した場合,窃盗罪が成立する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 本問の行為は,パチンコ店の意思に反して,財物たる「当たり玉」を自己の占有下に移す行為であるから,窃盗罪が成立する(最決昭31.8.12)。

    解説

  • 7

    他人の家から自転車を盗み出して路上に出たが,家人に発見され,自転車を放置した場合,窃盗未遂罪が成立する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 他人の家から自転車を盗み出して路上に出れば,持主の自転車に対する占有を排して,その占有を取得したといえ,既遂に達している(名古屋高判昭25.3.1)。

    解説

  • 8

    スーパーマーケットの店内で,商品を同店備付けの買物かごに入れ,レジを通過することなく,その脇からレジの外側に持ち出したところで,店員に発見された場合,窃盗罪は既遂となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ レジで代金を支払わずに,その外側に商品を持ち出した時点で,窃盗罪は既遂となる(東京高判平4.10.28)。

    解説

  • 9

    校長に恨みを抱いていた教師が,紛失の責任を校長に負わせるために,学校の金庫から重要書類を持ち出し校舎の天井裏に隠した場合,窃盗罪が成立する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 本問では,教師は,紛失の責任を校長に負わせるために重要書類を持ち去っているから,不法領得の意思を欠く(大判大4.5.21)。したがって,窃盗罪は成立しない。

    解説

  • 10

    一時使用の目的で他人の自転車を持ち去った場合,使用する時間が短くても,乗り捨てるつもりであったときは,不法領得の意思が認められるので,窃盗罪が成立する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 本問の行為者は,他人の自転車を乗り捨てるつもりで持ち去っているから,一時使用の目的であったとしても,いわゆる不可罰である一時使用窃盗ではなく,窃盗罪が成立する。

    解説

57049

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ