zuknow learn together

新しい教材を作成

●MEC_CBT(産科01)

カード 179枚 作成者: k_ono (作成日: 2014/07/25)

  • ★正常妊娠の診断には、[経腹法・経膣法]による超音波検査が必須である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

正常妊娠・分娩・産褥

MEC参照
★・・・重要

医学/医療/医師/国試/CBT/産婦人科

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ★正常妊娠の診断には、[経腹法・経膣法]による超音波検査が必須である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経膣法

    解説

  • 2

    ★超音波断層法による正常妊娠の診断について、 妊娠4週では、子宮内に(   )が確認される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胎嚢(GS)

    解説

  • 3

    ★超音波断層法による正常妊娠の診断について、 妊娠5週では、胎嚢の中に(   )が認められる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 卵黄嚢(yolk sac)

    解説

  • 4

    ★超音波断層法による正常妊娠の診断について、 妊娠6週では、胎芽の(   )が測定可能となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頭殿長(CRL)

    解説

  • 5

    ★超音波断層法による正常妊娠の診断について、 妊娠8週では、(   )が100%確認できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胎児心拍

    解説

  • 6

    妊娠10週未満の児を(   )と呼ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胎芽

    解説

  • 7

    ★免疫学的妊娠反応とは、(   )を検出する検査のことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 母体尿中hCG

    解説

  • 8

    ★免疫学的妊娠反応は、妊娠(   )週で陽性となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 9

    基礎体温について、 高温期が(   )以上持続する場合は妊娠の可能性が高い。(確定診断にはならない)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 21

    解説

  • 10

    ★hCGは、妊娠(   )週にピーク(10万)を迎える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10

    解説

  • 11

    ★hCGは、絨毛の(   )細胞から産生される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 合胞体栄養膜

    解説

  • 12

    ★hCGは、子宮外妊娠(異所性妊娠)などの異常妊娠では、[陽性・陰性]を示す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 陽性

    解説

  • 13

    ★妊娠[4・8]週になれば、経腹超音波検査上、胎児心拍が確認できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 8

    解説

  • 14

    ★妊娠に伴う身体的変化について、 循環血液量は、[上昇・減少]する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上昇

    解説

  • 15

    ★妊娠に伴う身体的変化について、 末梢血の(   )は、見かけ上、低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 赤血球、Hb、Ht

    解説

  • 16

    ★妊娠に伴う身体的変化について、 循環血液量上昇し、血漿量、(   )が上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 赤血球数

    解説

  • 17

    ★妊娠に伴う身体的変化について、 末梢血管抵抗は、[上昇する・低下する・変化しない]ため、血圧は上がらない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 低下する

    解説

  • 18

    ★妊娠に伴う身体的変化について、 血小板数は、[増加する・減少する・変化しない]。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 変化しない

    解説

  • 19

    妊娠に伴う身体的変化について、 腎血液量が上昇するため、(   )となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腎肥大

    解説

  • 20

    ★妊娠に伴う身体的変化について、 糸球体濾過量(GFR)が上昇するため、血清(   )が低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Cr、BUN

    解説

  • 21

    ★妊娠に伴う身体的変化について、 尿酸値は、[上昇・低下]する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 低下

    解説

  • 22

    妊娠に伴う身体的変化について、 子宮による膀胱圧迫のため、(   )となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頻尿

    解説

  • 23

    妊娠に伴う身体的変化について、 血液の線溶系が低下するため、(   )の危険性がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 播種性血管内凝固(DIC)

    解説

  • 24

    妊娠に伴う身体的変化について、 凝固系、赤沈、[血小板・WBC]は、上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • WBC

    解説

  • 25

    妊娠に伴う身体的変化について、 消化管活動が低下するため、(   )などが生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 便秘、痔

    解説

  • 26

    妊娠に伴う身体的変化について、 悪心や嘔吐などのいわゆる(   )が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • つわり

    解説

  • 27

    超音波検査による妊娠週数と計測について、 妊娠4~7週での胎嚢は、(   )で計測される。(※あまり参考にはならない)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 週−4 cm

    解説

  • 28

    ★超音波検査による妊娠週数と計測について、 妊娠7~11週での頭殿長は、(   )で計測される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 週−7 cm

    解説

  • 29

    ★超音波検査による妊娠週数と計測について、 頭殿長の測定は、(   )決定に利用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 週数

    解説

  • 30

    超音波検査による妊娠週数と計測について、 妊娠11週~での児頭大横径(BPD)は、(   )で計測される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 週÷4 cm

    解説

  • 31

    ★正期産は、(   )週である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 37~41

    解説

  • 32

    妊娠週数と超音波検査について、 妊娠4週では、子宮サイズは、(   )大である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鶏卵

    解説

  • 33

    妊娠週数と超音波検査について、 妊娠8週では、子宮サイズは、(   )大である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鵞卵

    解説

  • 34

    妊娠週数と超音波検査について、 妊娠12週では、子宮サイズは、(   )大である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 手拳

    解説

  • 35

    妊娠週数と超音波検査について、 妊娠16週では、子宮サイズは、(   )大である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新生児頭

    解説

  • 36

    妊娠週数と超音波検査について、 妊娠20週では、子宮サイズは、(   )大である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 成人頭

    解説

  • 37

    ★妊娠4週では、卵黄嚢で(   )が開始される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 造血

    解説

  • 38

    妊娠12週では、消化器系が発達し、(   )が確認できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胎便

    解説

  • 39

    妊娠12週では、脳が発達し、(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 嚥下運動、四肢運動

    解説

  • 40

    妊娠12週では、心音は確認[される・されない]。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • される

    解説

  • 41

    妊娠16週では、腎が発達し、(   )が生成され、羊水を腎で合成し始める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 尿

    解説

  • 42

    妊娠20週では、子宮底は(   )レベルである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 43

    妊娠20週では、(   )は8割決定可能である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 性別

    解説

  • 44

    ★前置胎盤は、妊娠(   )週で確認できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 22

    解説

  • 45

    ★妊娠30週では、(   )が発達し、胎児心拍測定で、一過性頻脈(reactive)がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自律神経系

    解説

  • 46

    妊娠に伴う身体的変化について、 [エストロゲン・LH]は、上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エストロゲン

    解説

  • 47

    妊娠に伴う身体的変化について、 [プロゲステロン・FSH]は、上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロゲステロン

    解説

  • 48

    妊娠に伴う身体的変化について、 エストロゲン、プロゲステロンの上昇により、(   )は、減少する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • LH、FSH

    解説

  • 49

    妊娠に伴う身体的変化について、 (   )の上昇により、下垂体前葉が肥大する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • PRL

    解説

  • 50

    妊娠に伴う身体的変化について、 [インスリン抵抗性・耐糖能]は、亢進する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インスリン抵抗性

    解説

  • 51

    妊娠に伴う身体的変化について、 [脂質代謝・耐糖能]は、低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 耐糖能

    解説

  • 52

    妊娠に伴う身体的変化について、 脂質代謝が亢進し、(   )が上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コレステロール、遊離脂肪酸(FFA)

    解説

  • 53

    妊娠に伴う身体的変化について、 エストロゲンの作用により、膣に(   )が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リビド着色

    解説

  • 54

    ★妊娠中期の超音波計測値で、妊娠週数推定の精度が最も高いのは、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 児頭大横径(BPD)

    解説

  • 55

    ★分娩監視装置(胎児心拍数陣痛図)について、 胎児の基準心拍は、(   )/分である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 120~160

    解説

  • 56

    分娩監視装置(胎児心拍数陣痛図)について、 基線細変動(variability)の正常値は、(   )bpm

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6~25

    解説

  • 57

    ★分娩監視装置(胎児心拍数陣痛図)について、 正常妊娠では、妊娠(   )週頃から使用できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 30

    解説

  • 58

    分娩監視装置(胎児心拍数陣痛図)について、 通常、(   )分間は観察する必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 40

    解説

  • 59

    分娩監視装置(胎児心拍数陣痛図)について、 variabilityが~5bpmのとき、(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細変動減少・消失

    解説

  • 60

    分娩監視装置(胎児心拍数陣痛図)について、 variabilityが26bpm~のとき、(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細変動亢進

    解説

  • 61

    ★分娩監視装置(胎児心拍数陣痛図)について、 規則正しいsinカーブを描く(   )を認めた場合、胎児は重篤な状態にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • sinusoidal pattern

    解説

  • 62

    ★分娩監視装置(胎児心拍数陣痛図)について、 刺激や胎動に応じて出る(   )は、正常である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一過性頻脈(reactive)

    解説

  • 63

    ★分娩監視装置(胎児心拍数陣痛図)について、 早発一過性徐脈は、(   )圧迫による反射的徐脈であり、病的ではない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 児頭

    解説

  • 64

    ★分娩監視装置(胎児心拍数陣痛図)について、 変動一過性徐脈は、(   )圧迫によるもので、心拍はV字やW字が混在している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 臍帯

    解説

  • 65

    ★分娩監視装置(胎児心拍数陣痛図)について、 遅発一過性徐脈は、(   )低下によるもので、各心拍は相似形である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胎盤機能

    解説

  • 66

    ★分娩監視装置(胎児心拍数陣痛図)について、 遷延一過性徐脈は、(   )以上の長時間の徐脈を生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2分

    解説

  • 67

    ★分娩監視装置(胎児心拍数陣痛図)について、 遅発・遷延一過性徐脈が1回でも認められた場合は、(   )と判断し、急速遂娩(帝王切開)が必要であると判断する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胎児機能不全(NRFS)

    解説

  • 68

    分娩監視装置(胎児心拍数陣痛図)について、 変動一過性徐脈が重症であれば、胎児機能不全を考え、まずは(   )、改善しなければ帝王切開を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体位変換

    解説

  • 69

    胎盤は妊娠成立後、(   )産生の場となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホルモン

    解説

  • 70

    ★胎盤は、胎児の(   )として機能する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肺、腎臓

    解説

  • 71

    ★胎盤の完成は、(   )週前後である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 15

    解説

  • 72

    胎盤が完成するまでは、(   )でホルモンが産生される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黄体

    解説

  • 73

    妊娠末期の胎盤重量は、約(   )gである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 500

    解説

  • 74

    ★母体-胎児間の栄養・酸素・老廃物の授受は、(   )を介して行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血漿

    解説

  • 75

    ★[赤血球・血漿]は、胎盤を通過しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 赤血球

    解説

  • 76

    ★母体血と胎児血は、[接する・接しない]。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 接しない

    解説

  • 77

    羊膜と絨毛膜と脱落膜を合わせて、(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 卵膜

    解説

  • 78

    基底脱落膜と繁生絨毛膜を合わせて、(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胎盤

    解説

  • 79

    ★合胞体栄養膜は、絨毛の外側で、[母体血・胎児血]と接する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 母体血

    解説

  • 80

    ★細胞性栄養膜は、絨毛の内側で、[母体血・胎児血]と接する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胎児血

    解説

  • 81

    ★hCGは、(   )から産生される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 合胞体栄養膜

    解説

  • 82

    ★胎盤は、(   )などのホルモンを産生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エストロゲン、プロゲステロン、hCG、hPL

    解説

  • 83

    ★hPLは、母体の(   )を悪化させるホルモンである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 耐糖能

    解説

  • 84

    ★hPLの作用のため、母体は血糖値が上昇し、(   )になりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 糖尿病

    解説

  • 85

    ★卵膜は、胎児側より(   )の順に構成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 羊膜→絨毛膜→脱落膜

    解説

  • 86

    ★羊膜、絨毛膜は、[母体由来・胎児由来]である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胎児由来

    解説

  • 87

    ★脱落膜は、[母体由来・胎児由来]である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 母体由来

    解説

  • 88

    hCGは、妊娠黄体や胎盤を刺激し、(   )の分泌を促す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エストロゲン、プロゲステロン

    解説

  • 89

    妊娠を維持するため、hCGがエストロゲン、プロゲステロンを上昇させることで、(   )する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 子宮を柔らかく、筋層を厚く、血流が増加

    解説

  • 90

    ★臍動脈は、静脈血で、[1本・2本]存在する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2本

    解説

  • 91

    臍静脈は、動脈血で、[1本・2本]存在する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1本

    解説

  • 92

    胎盤は、(   )によって作られた多くの分葉からなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胎盤中隔

    解説

  • 93

    ★(   )は、母体血のみで満たされており、ガス・栄養の交換を行っている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 絨毛間腔

    解説

  • 94

    正常妊娠の経過について、 妊娠初期では、羊水は(    )から産生される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 羊膜

    解説

  • 95

    正常妊娠の経過について、 妊娠中期では、羊水は主に(   )から産生される。

    補足(例文と訳など)

    • 胎児の皮膚や肺からも産生される。

    答え

    • 胎児尿

    解説

  • 96

    ★正常妊娠の経過について、 妊娠中期では、羊水は、胎児尿の他に(   )からも産生される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胎児の皮膚や肺

    解説

  • 97

    正常妊娠の経過について、 羊水は、[酸性・アルカリ性]である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アルカリ性

    解説

  • 98

    正常妊娠の経過について、 羊水の量は、妊娠(   )ヶ月でピークとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7~8

    解説

  • 99

    正常妊娠の経過について、 羊水の量は、最大で(   )ml程度になる。

    補足(例文と訳など)

    • 妊娠末期:500ml、過期産:<500ml

    答え

    • 800

    解説

  • 100

    正常妊娠の経過について、 羊水量の測定は、胎児(   )の指標となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • well-being

    解説

  • 101

    羊水量の測定方法について、 (   )とは、子宮腔を4分割し、それぞれにおける最大羊水深度を足したものである。

    補足(例文と訳など)

    • 5~24cmが正常

    答え

    • 羊水インデックス(AFI)

    解説

  • 102

    羊水量の測定方法について、 (   )とは、羊水腔が最も広くなる断面で、子宮内壁から胎児部分までの距離を測定する。

    補足(例文と訳など)

    • 2~8cmが正常

    答え

    • 羊水ポケット

    解説

  • 103

    ★羊水量の測定方法について、 羊水インデックスでは、(   )cmが正常である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5~24

    解説

  • 104

    ★羊水量の測定方法について、 羊水ポケットでは、(   )cmが正常である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2~8

    解説

  • 105

    正常妊娠におけるホルモン動態について、 エストロゲン、プロゲステロン、hPLは、分娩後、[急激・緩やか]に減少する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 急激

    解説

  • 106

    正常妊娠におけるホルモン動態について、 PRLは、分娩後、[急激・緩やか]に減少する。

    補足(例文と訳など)

    • 吸てつ刺激で一過性に上昇

    答え

    • 緩やか

    解説

  • 107

    ★排卵から受精まで、[数時間・約1日]かかる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 約1日

    解説

  • 108

    ★卵子と精子は、[卵管膨大部・卵管間質部]で受精する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 卵管膨大部

    解説

  • 109

    受精後、[数時間・1~2日]で分裂が開始される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1~2日

    解説

  • 110

    ★受精後、3~4日で[桑実胚・胚盤胞]となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 桑実胚

    解説

  • 111

    ★受精後、約1週間(6日)で[桑実胚・胚盤胞]となり、着床する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胚盤胞(胞胚)

    解説

  • 112

    着床後、(   )の分泌が開始される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • hCG

    解説

  • 113

    排卵直前の卵胞の大きさは、直径[2cm・5mm]である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2cm

    解説

  • 114

    分娩の3要素は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 娩出力、産道、娩出物

    解説

  • 115

    産道は、(   )で構成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 骨産道、軟産道

    解説

  • 116

    骨産道は、(   )で構成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 骨盤骨

    解説

  • 117

    軟産道は、(   )で構成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 子宮下部、頸管、腟、外陰

    解説

  • 118

    陣痛は、(   )の3つの総称である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 妊娠陣痛→分娩陣痛→後陣痛

    解説

  • 119

    ★産徴の1つには、子宮底の[上昇・降下]がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 降下

    解説

  • 120

    産徴の1つには、[頻尿・乏尿]がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頻尿

    解説

  • 121

    ★産徴の1つには、児頭固定による胎動[増加・減少]がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 減少

    解説

  • 122

    ★産徴の1つには、(   )性の腟分泌物がある。

    補足(例文と訳など)

    • 卵膜が剝がれる。"おしるし"

    答え

    • 血性粘液

    解説

  • 123

    ★陣痛が(   )周期になったら分娩開始である。

    補足(例文と訳など)

    • 1時間に6回以上

    答え

    • 10分

    解説

  • 124

    ★初産婦は、(   )時間以上で遷延分娩となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 30

    解説

  • 125

    ★経産婦は、(   )時間以上で遷延分娩となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 15

    解説

  • 126

    分娩時に500(or1000)ml以上出血することを(   )という。

    補足(例文と訳など)

    • 最近は経腟分娩・単胎の場合、1000ml以上

    答え

    • 分娩時異常出血

    解説

  • 127

    ★分娩第1期とは、(   )から子宮口全開大までのことをいう。

    補足(例文と訳など)

    • 子宮口全開大=10cm

    答え

    • 陣痛10分周期

    解説

  • 128

    ★分娩第2期とは、子宮口全開大から(   )までのことをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胎児娩出

    解説

  • 129

    ★分娩第3期とは、胎児娩出から(   )までのことをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胎盤娩出

    解説

  • 130

    ★分娩第1期において、初産婦は(   )時間、経産婦はその半分の時間がかかる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 12

    解説

  • 131

    ★分娩第2期において、初産婦は(   )時間、経産婦はその半分の時間がかかる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 132

    ★分娩第3期において、初産婦は(   )分間、経産婦はその半分の時間がかかる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 20

    解説

  • 133

    ★正常分娩では、初産婦で(   )時間、経産婦でその半分の時間がかかる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 15

    解説

  • 134

    骨産道は、(   )の4つの部位に分けられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 入口部、濶部、峡部、出口部

    解説

  • 135

    ★産科的真結合線は、約(   )cmである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10.7

    解説

  • 136

    ★岬角から恥骨結合後面を結ぶ線を(    )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 産科的真結合線

    解説

  • 137

    岬角から恥骨結合上縁中央を結ぶ線を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 解剖学的真結合線

    解説

  • 138

    児頭の大横径・前後径・大斜径・小斜径のうち、(   )が一番最短(9cm)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大横径(BPD)、小斜径

    解説

  • 139

    児頭の大横径・前後径・大斜径・小斜径のうち、(   )が一番最長(13cm)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大斜径

    解説

  • 140

    ★正常な分娩機転について、 第1回旋では、児頭が骨盤入口部に侵入する際、前屈して(   )が先進部となる。

    補足(例文と訳など)

    • 小斜径で通過

    答え

    • 小泉門

    解説

  • 141

    ★正常な分娩機転について、 第2回旋では、小泉門(後頭部)が母体[前方・後方]を向くように回転し、矢状縫合が縦径に一致する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前方(恥骨側)

    解説

  • 142

    正常な分娩機転について、 第3回旋では、第1回旋とは逆の動きとなり、児頭は反屈して(   )を出る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 骨産道

    解説

  • 143

    ★正常な分娩機転について、 第4回旋では、第2回旋とは逆の動きとなり、児頭が骨産道から出た後、肩の向きが[横径から縦径・縦径から横径]に回転する。(肩甲の分娩機転)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 横径から縦径

    解説

  • 144

    ★正常な分娩機転について、 胎児の下降状態は胎向・回旋・胎勢によって表現され、(   )が正常である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第1前方後頭位(最多)、第2前方後頭位

    解説

  • 145

    分娩機転について、 児頭矢状縫合は骨盤濶部にあり、胎児の大泉門は8時方向、小泉門は2時方向にある。 この状態は、[第1回旋・第2回旋・第4回旋]である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第2回旋

    解説

  • 146

    正常分娩について、 破水は、[分娩開始・子宮口全開大]以降に起こる。

    補足(例文と訳など)

    • 適時破水

    答え

    • 子宮口全開大(10cm)

    解説

  • 147

    ★正常分娩について、 左右の(   )をつないだラインに児頭先進部が到達した段階をSp±0と定義する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 坐骨棘

    解説

  • 148

    正常分娩について、 児頭の大横径が(   )を越えると固定が完了し、嵌入へ移行する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 入口部

    解説

  • 149

    ★分娩第2期において、陣痛発作時に児頭が腟外に見え、陣痛間欠時には腟内に戻る状態を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 排臨

    解説

  • 150

    ★分娩第2期において、陣痛発作時も間欠時も児頭が腟外に見える状態を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発露

    解説

  • 151

    ★子宮口の開大度(cm)と経過時間の観点から作成された曲線を(   )と呼び、「いきみ」を誘導するタイミングなどに用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Friedman曲線

    解説

  • 152

    ★子宮口開大度が(   )に達したら「いきみ」を開始する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3cm

    解説

  • 153

    分娩第1期のうち、子宮口開大度3cmまでを(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 潜伏期(latent phase)

    解説

  • 154

    分娩第1期のうち、子宮口開大度3cmを越えてから第2期までを(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 活動期(active phase)

    解説

  • 155

    分娩後から再び非妊娠時の状態に戻るまでの期間を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 産褥

    解説

  • 156

    産褥期は、出産後約(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6~8週間

    解説

  • 157

    妊娠・分娩によって変化した子宮が非妊娠時の状態に復帰することを(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 子宮復古

    解説

  • 158

    子宮復古の過程で子宮腔内から排出された分泌物を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 悪露

    解説

  • 159

    ★子宮復古について、 分娩直後、子宮底の位置は、[臍下3横指・臍の高さ]である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 臍下3横指

    解説

  • 160

    ★子宮復古について、 分娩12時間後、子宮底の位置は、[臍下3横指・臍の高さ]である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 臍の高さ

    解説

  • 161

    ★子宮復古について、 分娩3日後、子宮底の位置は、[臍上・臍下]3横指である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 臍下

    解説

  • 162

    ★子宮復古について、 分娩1週後、子宮底の位置は、[臍の高さ・恥骨結合上縁]である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 恥骨結合上縁

    解説

  • 163

    子宮復古について、 分娩2,3日では、子宮の重さは(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1kg

    解説

  • 164

    子宮復古について、 分娩1週後では、子宮の重さは(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 500g

    解説

  • 165

    非妊娠時での、子宮の重さは(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 60~70g

    解説

  • 166

    ★悪露は、分娩2,3日では(   )色である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 167

    ★悪露は、分娩1週頃では(   )色である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 168

    ★悪露は、分娩1ヶ月頃では(   )色である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 169

    ★悪露は、分娩1ヶ月以降では(   )色である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 170

    悪露は、(   )を終えると消失する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 産褥期

    解説

  • 171

    ★産後、約[3ヶ月・6ヶ月]で月経が再開する。

    補足(例文と訳など)

    • 2~3ヶ月

    答え

    • 3ヶ月

    解説

  • 172

    産後、月経はなくとも、(   )の可能性はある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 排卵

    解説

  • 173

    ★産後、母乳保育をすると無月経期間は、[短く・長く]なる。

    補足(例文と訳など)

    • 3~4ヶ月

    答え

    • 長く

    解説

  • 174

    吸てつ刺激により、(   )が上昇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロラクチン、オキシトシン

    解説

  • 175

    産後、プロラクチンの作用として、無月経、(   )の亢進がある。

    補足(例文と訳など)

    • 卵巣機能抑制→無月経

    答え

    • 乳汁分泌

    解説

  • 176

    産後、オキシトシンの作用として、射乳、(   )の亢進がある。

    補足(例文と訳など)

    • 子宮復古を促進

    答え

    • 子宮収縮

    解説

  • 177

    ★産後、乳汁分泌は、産褥(   )日目頃から開始する。

    補足(例文と訳など)

    • 初乳

    答え

    • 3

    解説

  • 178

    ★産褥7〜14日頃の乳汁を[初乳・移行乳・成乳]という。

    補足(例文と訳など)

    • 初乳:3日、成乳:2週以降

    答え

    • 移行乳

    解説

  • 179

    ★プロラクチンの(   )促進作用は、妊娠中は、エストロゲン、プロゲステロンの作用により抑制される。

    補足(例文と訳など)

    • 出産後はE,Pが低下するため抑制解除

    答え

    • 乳汁分泌

    解説

57036

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ