zuknow learn together

新しい教材を作成

刑法 第7章 罪数・刑罰論

カード 10枚 作成者: マコチン (作成日: 2014/07/23)

  • 通行中の3人連れを呼び止めて,ピストルで脅迫しながら,その場で各人から順次金員を交付させた行為は,観念的競合とならない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

司法書士

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    通行中の3人連れを呼び止めて,ピストルで脅迫しながら,その場で各人から順次金員を交付させた行為は,観念的競合とならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 本問では,3人に対する強盗罪が成立し,これは1個の行為によるから,観念的競合(刑54条1項前段)となる。

    解説

  • 2

    公務執行中の公務員について,その公務の執行を妨害する意図で監禁した場合,監禁罪と公務執行妨害罪の観念的競合となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 監禁罪と公務執行妨害罪は,観念的競合(刑54条1項前段)となる。

    解説

  • 3

    日本刀を窃取した後,所持している場合,窃盗罪と銃砲刀剣類所持等取締法違反の罪の観念的競合となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 窃盗罪と銃砲刀剣類所持等取締法違反の罪は,併合罪(刑45条)となる(広島高判昭30.6.4)。

    解説

  • 4

    酒に酔った状態で自動車を運転中,運転を誤って人に傷害を負わせた場合,道路交通法違反(酒酔い運転の罪)と自動車運転過失致傷の罪は,併合罪の関係にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 道路交通法上の酒酔い運転の罪と自動車運転過失致傷の罪は,併合罪(刑45条)の関係にある(最大判昭49.5.29)。

    解説

  • 5

    不法に人を監禁し,その被害者を恐喝した場合,両者に牽連犯の関係が成立する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 不法に人を監禁し,その被害者を恐喝した場合,監禁罪と恐喝罪とは,併合罪(45条)となる(最判平17.4.14)。

    解説

  • 6

    罰金と科料を併科した場合における労役場の留置期間は,3年を超えることができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 刑法18条3項。

    解説

  • 7

    罪を犯した者が自首した場合,犯罪事実が既に発覚していても,犯人が誰であるか発覚する前であれば,刑を減軽することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 刑法42条1項の「捜査機関に発覚する前」とは,犯罪事実が発覚していてもその犯人が誰であるか発覚していない場合を含む(最判昭24.5.14)。

    解説

  • 8

    罰金100万円の刑を言い渡す場合には,その刑の執行を猶予することができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 刑の執行を猶予することができるのは,3年以下の懲役若しくは禁錮又は「50万円以下の罰金」を言い渡す場合である(刑25条1項柱書)。

    解説

  • 9

    執行猶予の期間中の者に懲役刑を言い渡す場合には,その刑の執行を猶予することができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 執行猶予期間中の者であっても,1年以下の懲役又は禁錮の言渡しを受け,情状に特に酌量すべきものがあるときは,その刑の執行を猶予することができる(刑25条2項本文)。

    解説

  • 10

    執行猶予の期間中の者に禁錮刑の実刑判決が言い渡された場合には,執行猶予の言渡しを取り消さなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 執行猶予の期間内の者が禁錮以上の刑に処せられ,その刑について執行猶予の言渡しがないときには,執行猶予の言渡しを取り消さなければならない(刑26条1号2号)。

    解説

56860

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ