zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建試験

カード 26枚 作成者: ゴン太 (作成日: 2014/07/23)

  • 制限行為能力者

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    制限行為能力者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 判断力の不十分な人。 ➡︎契約を自由に取り消す権利を与えて保護する。 1 未成年者 2 成年被後見人 3 被保佐人 4 被補助人

    解説

  • 2

    意思表示制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 民法により、契約の無効•取り消すことができる。

    解説

  • 3

    無効

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全くなんの効力も生じない。

    解説

  • 4

    取り消し

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 取り消されるまでは有効だが、取り消されると始めから無効だったことになる。

    解説

  • 5

    未成年者 原則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法定代理人(親権者•未成年後見人)の同意なしに自分一人でやった契約は取り消せる。

    解説

  • 6

    未成年者 例外(取り消せる)×3

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1 権利を得るだけの契約と義務を免れる契約 2 法定代理人から処分を許された財産 3 法定代理人から営業を行うことを許可

    解説

  • 7

    未成年の保護者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法定代理人 ➡︎親権者•未成年後見人

    解説

  • 8

    法定代理人の権限

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1 取消権(本人と法定代理人) 2 同意権➡︎法定代理人の同意を得て行った契約は取り消せない 3 追認権 はじめから同意を与えられていたことになる(時後承認) 4 代理権 法定代理人は未成年者に代わって契約できる。

    解説

  • 9

    成年被後見人

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神障害のために判断力がなく、後見開始の審判を受けた人。

    解説

  • 10

    未成年者と成年被後見人の違い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法定代理人の同意を得てやった契約も損しない契約も取り消せる。

    解説

  • 11

    被保佐人

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神障害のため判断力が相当弱くて、補佐開始の審判を受けた人。

    解説

  • 12

    被保佐人が取り消せる契約

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1 土地売買•5年を超える賃貸借 2 建物売買•3年を超える賃貸借•増改築の発注 3 高額商品の売買 4 保証人になること

    解説

  • 13

    催告権

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1ヶ月以上の期限をつけて催告できる。 期限までに答えないと契約は追認となる。

    解説

  • 14

    未成年者、成年被後見人、被保佐人の催告の相手方と効果

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保護者 追認

    解説

  • 15

    被保佐人の催告の相手方と効果

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 被保佐人本人 取り消し

    解説

  • 16

    制限行為能力者が嘘をついて契約

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 取り消せなくなる。

    解説

  • 17

    制限行為能力者がやった契約を取り消せる期間

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1 行為能力者になってから5年 2 契約から20年経過

    解説

  • 18

    法定追認

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1 相手方に契約の履行を請求 2 こちらかは契約を履行 3 契約により手に入れたものを第三者に譲渡する。

    解説

  • 19

    第三者との関係

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 制限行為能力者の契約の取消は、善意の第三者に対抗できる。 1 善意無過失の場合も。 2 所有権移転登記を得た場合も。

    解説

  • 20

    善意

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 知らない

    解説

  • 21

    悪意

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 知ってる

    解説

  • 22

    対抗

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主張

    解説

  • 23

    詐欺にあって契約させられた被害者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 契約を取り消せる。 しかし、善意の第三者には対抗できない。

    解説

  • 24

    脅迫さらて契約させられた被害者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 契約を取り消せる。 善意•善意無過失の第三者にも対抗できる。

    解説

  • 25

    制限行為能力者、詐欺、脅迫による契約の取消期限

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 契約時から20年経つと取消せなくなる。

    解説

  • 26

    錯誤に陥ることによる契約の無効化をできる条件(善意の第三者に対抗)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1 要素の錯誤あり(契約の重要点の勘違い) 2 重過失なし(勘違いに重大な過失がない)

    解説

57036

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ