zuknow learn together

新しい教材を作成

【大学受験用】日本史一問一答④【奈良時代】

カード 135枚 作成者: いてや (作成日: 2014/07/22)

  • 04-①

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

日本史は知識量が大事。センター、国公立二次にはこのシリーズだけで完璧。 やりきれば必ず合格の助けとなる。   日本史を得意科目としたい受験生のために作りました。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    04-①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 律令体制(1)~律令国家のしくみ~

    解説

  • 2

    今の刑法にあたるものを( )といい、行政組織や租税、労役などの制度を規定したものを( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 律、令

    解説

  • 3

    701年には、( )や( )が中心となって( )を制定。律令国家の根本法典となった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 刑部親王、藤原不比等、大宝律令

    解説

  • 4

    ( )年になると、( )の制定した養老律令が( )によって施行された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 757、藤原不比等、藤原仲麻呂

    解説

  • 5

    ( )省は、文官の人事、朝廷の儀式の実施等を司る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 式部

    解説

  • 6

    743年に制定された土地の私有を永久に許可した法は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 墾田永年私財法

    解説

  • 7

    律令体制における役人監察機関を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 弾正台

    解説

  • 8

    ( )省は国家の仏事、外国使の接待などを司る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 民部

    解説

  • 9

    太政官の最高の官として( )が置かれたが、この官は適任者なければ常置せず、「則闕の官」といわれた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 太政大臣

    解説

  • 10

    大宝律令によって、位階は( )階になった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 30

    解説

  • 11

    太政官の事務局を管轄する官職は、( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 少納言

    解説

  • 12

    ( )律令は、藤原不比等らによって制定された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 養老

    解説

  • 13

    京内宮中に警備を司る機関は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 五衛府

    解説

  • 14

    ( )省は裁判を扱っていた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 刑部

    解説

  • 15

    重要政務は、太政大臣以下の( )によって構成される会議で審議された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公卿

    解説

  • 16

    左弁官は、中務省・式武省・治部省・( )省からなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 民部

    解説

  • 17

    710年平城京遷都をした天皇は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 元明天皇

    解説

  • 18

    ( )年、( )天皇の時に、大宝律令が制定された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 701、文武

    解説

  • 19

    律令法は( )<国名>の法を模範として作られた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 20

    二官とは、( )官と( )官である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神祇、太政

    解説

  • 21

    ( )省は、詔書の作成、侍従の職務などを司る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中務

    解説

  • 22

    04-②

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 律令体制(2)~律令国家の支配組織~

    解説

  • 23

    特別地域である都には( )が、難波津には( )が置かれた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 京職、摂津職

    解説

  • 24

    里は( )戸からなった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 50

    解説

  • 25

    蔭位の制の特典が及ぶ対象は、( )位以上は子まで、( )以上は孫までであった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 五、三

    解説

  • 26

    ( )は、位階・官職に応じ皇族・貴族に支給される従者である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 資人

    解説

  • 27

    大宰府は( )道に属する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 西海

    解説

  • 28

    律では、国家・天皇・尊属に対する罪を重罪としたが、それらの罪を( )とよんだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 八虐

    解説

  • 29

    位階に応じて与えられる封戸を( )、官職に応じて与えられる封戸を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 位封、職封

    解説

  • 30

    ( )施行以前は「郡」の字の代わりに「( )」の文字が用いられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大宝律令、評

    解説

  • 31

    ( )は、国司が事務を執った役所である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国衙

    解説

  • 32

    博多津には、外国の使臣の接待のため( )が設けられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鴻臚館

    解説

  • 33

    里の下にある班田や租税負担の単位を( )、実際緒生活単位である小家族を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 郷戸、房戸

    解説

  • 34

    畿内は、( )・( )・( )・( )・( )の5カ国である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 山城・大和・河内・和泉・摂津

    解説

  • 35

    四等官は、長官・( )・( )・( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 次官・判官・主典

    解説

  • 36

    大宰府の長官は( )と呼ばれ、中央の大・中納言とほぼ同格の高官であった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 37

    律令では、畿内・七道の下に( )・( )・( )が設けられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国・郡・里

    解説

  • 38

    厩戸王の定めた冠位十二階の制は、大化の改新以降たびたび改正され、大宝律令で( )制へ切り替わった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 位階

    解説

  • 39

    九州に( )を置き、管内諸国を統括させた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大宰府

    解説

  • 40

    役人はそれぞれの位階に応じて官職が任命された。これを( )の制という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 冠位相当

    解説

  • 41

    律に定められた5種の刑罰はなにか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 笞杖徒流死

    解説

  • 42

    位階に応じて( )という田地が、官職に応じて( )という田地が与えられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 位田、職田

    解説

  • 43

    北九州の防衛にあたった兵士のことを( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 防人

    解説

  • 44

    父や祖父の位階に応じて一定の位階が授けられた制度を( )と呼ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蔭位の制

    解説

  • 45

    全国は5畿・( )の行政区に分けられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 七道

    解説

  • 46

    紀伊国は( )道に、淡路島は( )道に属し、伊勢国・伊賀国・志摩国は( )道に、近江国は( )道に属す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 南海、南海、東海、東山

    解説

  • 47

    評の文字が用いられていたことは、( )の出土の( )で明らかとなった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 藤原京、木簡

    解説

  • 48

    国司の四等官は、長官以下、( )・( )・( )・( )の文字で示された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 守・介・ 掾・目

    解説

  • 49

    奈良時代、里は( )に改められ、その下に5戸をもって構成する( )が設けられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 郷、保

    解説

  • 50

    国・郡・里は、それぞれ( )・( )・( )が管理した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国司・郡司・里長

    解説

  • 51

    ( )には、もとの国造など在地の豪族が任命された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 郡司

    解説

  • 52

    七道は、東海・( )・北陸・山陰・山陽・( )・( )の各道であった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 東山、南海、西海

    解説

  • 53

    04-③

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 律令体制(3)~律令国家の税制~

    解説

  • 54

    戸籍は( )年に一度作られた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 55

    正丁は何歳から何歳までをさすのか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 21~60歳まで

    解説

  • 56

    農民には、一定の日数に限り地方官庁である( )などで使役する( )を課した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国衙、雑徭

    解説

  • 57

    班田収受法は唐の( )を導入した制度である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 均田法

    解説

  • 58

    中央では、常備軍である( )が置かれ、宮城の警備にあたった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 衛士

    解説

  • 59

    口分田は6年に一度、( )歳以上の男女に行われた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6

    解説

  • 60

    庸・調を課税するもととなった台帳はなにか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 計帳

    解説

  • 61

    乗田などは賃租され、収穫の( )分の( )を太政官におさめた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5、1

    解説

  • 62

    一反=( )歩である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 360

    解説

  • 63

    ( )年過ぎると一般戸籍は廃棄される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 30

    解説

  • 64

    当時の農地の土地区画制度を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 条里制

    解説

  • 65

    衛士の任期は何年か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1

    解説

  • 66

    04-④

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 奈良時代の政治(1)~平城京の時代~

    解説

  • 67

    平城京遷都の時の天皇は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 元明天皇

    解説

  • 68

    平城京遷都は( )年に行われた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 710

    解説

  • 69

    7世紀末に中国東北部におこった( )<国名>は、唐や新羅に対抗する必要から日本に使いを送った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 渤海

    解説

  • 70

    711年、貨幣流通を図るために出された法令はなにか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蓄銭叙位令

    解説

  • 71

    708年には( )国から銅が献上された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 武蔵

    解説

  • 72

    留学生として入唐し、藤原清河を大使とする使節団と共に帰国しようとしたが、唐で没した文人は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阿倍仲麻呂

    解説

  • 73

    749年には( )国から金が献上された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 陸奥

    解説

  • 74

    平城京は( )制によって区画されていた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 条坊

    解説

  • 75

    720年、大伴旅人が中心になって、( )国の隼人が征討された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大隅

    解説

  • 76

    都と地方を結ぶ道に、約16kmごとに( )を設ける( )がしかれた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 駅家、駅制

    解説

  • 77

    和同開珎から平安時代の中ごろまで作られた貨幣の総称はなにか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 本朝(皇朝)十二銭

    解説

  • 78

    712年に、越後国と陸奥国をさいて( )国を置いた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 出羽

    解説

  • 79

    ( )は薩摩・大隅地方に住んでいた人々さす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 隼人

    解説

  • 80

    733年に、出羽柵は( )に移された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 秋田

    解説

  • 81

    遣唐使が南路をとらざるをえなくなった背景には、( )との関係悪化がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新羅

    解説

  • 82

    724年に建設された( )は、奈良時代の東北地方の拠点となった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多賀城

    解説

  • 83

    奈良時代、多賀城に( )が置かれた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鎮守府

    解説

  • 84

    04-⑤

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 奈良時代の政治(2)~奈良時代の政変~

    解説

  • 85

    藤原不比等の死後、( )が政治の実権を握った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 長屋王

    解説

  • 86

    藤原広嗣は九州の( )で反乱を起こした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大宰府

    解説

  • 87

    764年、恵美押勝は、( )上皇の信頼が( )に移ったため反乱を起こした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 孝謙、道鏡

    解説

  • 88

    大仏造立の際に大僧正に任じられた僧侶は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 行基

    解説

  • 89

    740年には九州で( )の乱が勃発した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 藤原広嗣

    解説

  • 90

    口分田を捨て、土地を離れて他所に逃れる行為を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 浮浪

    解説

  • 91

    孝謙上皇は重祚して( )天皇となった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 称徳

    解説

  • 92

    聖武天皇は、藤原広嗣の乱の平城京への波及を恐れ、山背国の( )に遷都した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 恭仁京

    解説

  • 93

    生活に苦しい農民が、戸籍の男女の性別・年齢を偽ることをなんというか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 偽籍

    解説

  • 94

    769年、道鏡は皇位を狙って( )事件を起こしたが、( )に阻止された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 宇佐八幡宮信託、和気清麻呂

    解説

  • 95

    生活に苦しい農民が、許可なく僧侶になった者をなんというか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 私度僧

    解説

  • 96

    聖武天皇が即位すると、( )の四子が政界に進出した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 藤原不比等

    解説

  • 97

    729年、藤原四子は、左大臣の( )に謀反の疑いをかけて自殺させた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 長屋王

    解説

  • 98

    ( )年に三世一身法が出された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 723

    解説

  • 99

    724年に即位した天皇は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 聖武天皇

    解説

  • 100

    ( )年に、大仏造立の詔が出された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 743

    解説

  • 101

    自らを唐風に( )と名のったのは、藤原仲麻呂である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 恵美押勝

    解説

  • 102

    光明皇太后の信任を得て台頭した( )は、757年に橘奈良麻呂らの勢力を倒した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 藤原仲麻呂

    解説

  • 103

    恵美押勝の乱の結果、( )天皇は淡路に流された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 淳仁

    解説

  • 104

    ( )年に国分寺建立の詔が出された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 741

    解説

  • 105

    藤原四子の死後、皇族出身の( )が政権を握り、唐から戻った( )・( )を登用した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 橘諸兄、吉備真備、玄昉

    解説

  • 106

    大仏造立の詔と同じ西暦743年に出された法律はなにか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 墾田永年私財法

    解説

  • 107

    04-⑥

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 天平文化(1)~鎮護国家の仏教~

    解説

  • 108

    天平文化は、( )文化の影響を受けた国際色豊かな文化である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 盛唐

    解説

  • 109

    律宗僧の鑑真は、来日して( )を開いた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 唐招提寺

    解説

  • 110

    南都六宗を全てあげよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三論、成実、法相、華厳、律、俱舎

    解説

  • 111

    唐僧( )は、東大寺に初めて( )を設けて聖武天皇らを授戒した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鑑真、戒壇

    解説

  • 112

    本朝三戒壇は、( )・( )・東大寺である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 筑紫観世音寺、下野薬師寺

    解説

  • 113

    国分尼寺の正式名称は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法華滅罪之寺

    解説

  • 114

    西大寺を創建したのは( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 称徳天皇

    解説

  • 115

    天平時代の仏像は、作り方も発達し、( )像や、漆で塗り固めた( )像が作られた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 塑、乾漆

    解説

  • 116

    国分寺の正式名称は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 金光明四天王護国之寺

    解説

  • 117

    平城京遷都の年には、藤原氏の氏寺である厩坂寺が、移建されて( )と寺名を変えた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 興福寺

    解説

  • 118

    天平文化の代表的建築物には、法隆寺の( )や伝法堂がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 夢殿

    解説

  • 119

    護国の経典は、( )経・( )経・( )経からなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 金光明、仁王、法華

    解説

  • 120

    称徳天皇は、恵美押勝の乱の戦没者の霊を慰めるために「( )」を作った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 百万塔陀羅尼

    解説

  • 121

    04-⑦

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 天平文化(2)~天平文化の展開~

    解説

  • 122

    律令時代の教育機関としては、中央に( )、地方に( )が設けられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大学、国学

    解説

  • 123

    わが国最古の歌集である『万葉集』は、( )らが編纂した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大伴家持

    解説

  • 124

    ( )は書物を集めて芸亭と呼ばれる図書館を作った人物である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 石上宅嗣

    解説

  • 125

    律令制のもとで大学寮を管轄していたのは( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 式部省

    解説

  • 126

    国学では主に( )の子弟を学生に採用した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 郡司

    解説

  • 127

    ( )寺にある正倉院宝庫は、( )という建築様式の建築物で、( )天皇の遺品が納められている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 東大、校倉造、聖武

    解説

  • 128

    713年に、各地の自然や物産、歴史、風俗などを筆録した『( )』が編纂された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 風土記

    解説

  • 129

    悲田院や施薬院を設置したのは( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 光明皇后

    解説

  • 130

    現存する最古の漢詩集はなにか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 懐風藻

    解説

  • 131

    『( )』は山上憶良がうたった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 貧窮問答歌

    解説

  • 132

    『日本書紀』の編集は( )が中心となった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 舎人親王

    解説

  • 133

    712年に( )は『古事記』を完成させ、( )天皇に献上した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 太安万侶、元明

    解説

  • 134

    『古事記』は『( )』・『( )』の内容をもとに編集された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 帝紀、旧辞

    解説

  • 135

    天平分化における絵画の代表作は、薬師寺の『( )』や、正倉院の『( )』がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 吉祥天像、鳥毛立女屏風

    解説

56762

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ