zuknow learn together

新しい教材を作成

24オーストラリア

カード 57枚 作成者: centifolia (作成日: 2014/07/16)

  • 概略

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ソムリエ・ワインアドバイザー・ワインエキスパート呼称資格認定試験対策  (不完全箇所等順次更新します。)。 アカデミー・デュ・ヴァンの講座に準拠しています。 <カードの音声ファイル> リンク先に用意しています。ご活用ください。(順次作成予定) http://goo.gl/zdwzyu

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    概略

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オーストラリアは世界7大陸の中で最も古い大陸。ブドウ畑は南緯31度~41度に存在。 輸出がワイン販売量の6割。上位22社でワイン生産量の80%。 BYO、BringYourOwn,のワイン文化もある。

    解説

  • 2

    栽培面積 年間生産量

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 14.5ヘクタール 1226ヘクトリットル

    解説

  • 3

    歴史 1788年

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1788年、オーストラリアに入植したイギリス人アーサーフィリップ大佐が、 シドニー公邸庭園にブドウを植樹。

    解説

  • 4

    州別 ブドウ栽培・ワイン生産開始年 タスマニア州

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1823年

    解説

  • 5

    州別 ブドウ栽培・ワイン生産開始年 ニューサウスウェールズ州・ハンター

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1825年

    解説

  • 6

    州別 ブドウ栽培・ワイン生産開始年 西オーストラリア州

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1829年

    解説

  • 7

    州別 ブドウ栽培・ワイン生産開始年 ビクトリア州

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1834年

    解説

  • 8

    州別 ブドウ栽培・ワイン生産開始年 南オーストラリア州

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1837年

    解説

  • 9

    歴史 1831年

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1831年、オーストラリアのワイン用ブドウ栽培の父である、ジェームズバズビーが欧州系ブドウを王立シドニー植物園に植樹。

    解説

  • 10

    歴史 1838年

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1838年、マクラーレンヴェイルでジョン・レイネルがレイネラに植樹。

    解説

  • 11

    歴史 1847年

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1847年、バロッサ・ヴァレーに宗教迫害を逃れたドイツ系の人々が入植し、ワインを造り始める。

    解説

  • 12

    歴史 1860年

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1860年、ヴィクトリア州、ゴールバン・ヴァレー「タビルク」にシラーズ植樹。

    解説

  • 13

    歴史 1890年

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1890年、クナワラでジョン・リドックがブドウを植樹。

    解説

  • 14

    歴史 1993年

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1993年、地理的呼称制度、GIを導入。

    解説

  • 15

    気候

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 南緯31度以南でブドウ栽培。 夏は暑く、冬は適度な温度を保つ。 平均気温14度、年間降雨量600ミリと理想的な気候条件。

    解説

  • 16

    主要ブドウ品種 黒ブドウ1~5位

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1位、シラーズ 2位、カベルネソービニヨン 3位、メルロ 4位、ピノノワール 5位、グルナッシュ

    解説

  • 17

    主要ブドウ品種 白ブドウ1~5位

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1位、シャルドネ 2位、ソービニヨンブラン 3位、セミヨン 4位、リースリング 5位、ピノグリ

    解説

  • 18

    品質分類 ジェネリックワイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 数種の品種をブレンドした低価格ワイン

    解説

  • 19

    品質分類 ヴァラエタルワイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 品種名表示付きワイン、85%以上使用。

    解説

  • 20

    品質分類 ヴァラエタルブレンドワイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヴァラエタルブレンドワイン オーストラリア独自の分類。複数の品種がラベルに比率順に併記される上級ブレンドワイン。

    解説

  • 21

    ワイン法 ラベル表示基準

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ワイン法はワインオーストラリア公社、WACで規定。 1983年制定のラベル表示に関する規則は次の通り。 品種名、産地名、収穫年表示 全て85%以上。

    解説

  • 22

    GIの数

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 115(2011年10月現在)

    解説

  • 23

    州別ブドウ生産量順位 黒ブドウ、白ブドウ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黒ブドウ、白ブドウとも順位は同じで次の通り。 1位、南オーストラリア州 2位、ニューサウスウェールズ州 3位、ヴィクトリア州 4位、西オーストラリア州 5位、タスマニア州 6位、クイーンズランド州 黒ブドウの生産量が白ブドウよりも多いのは南オーストラリア州だけ。

    解説

  • 24

    主要産地の州名と州都

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主要産地の州 東から順番に次の通り。 ニューサウスウェールズ州、州都はシドニー ヴィクトリア州、州都はメルボルン 南オーストラリア州、州都はアデレード 西オーストラリア州、州都はパース そして、タスマニア州、州都はホバート 首都はキャンベラ。ニューサウスウェールズ州にある。

    解説

  • 25

    州別の産地 南オーストラリア州

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 州都、アデレード オーストラリアワイン最多の産地。全国の48%を生産。 ブドウ園はフィロキセラから完全に守られ、この州の優位性を保つことにつながった。

    解説

  • 26

    南オーストラリア州の産地 バロッサ・ヴァレー<重要>

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1842年まで遡る長い歴史を持ち、ドイツ・シレジア地方から色濃い影響を受けており、 オーストラリアで最も有名な産地のひとつ。 世界で最古の部類に入るブドウ樹を有する。 シラーズが有名。ブッシュヴァイン、コブレ式のこと。または、ヘッドプルーリングという株仕立てによる栽培。

    解説

  • 27

    南オーストラリア州の産地 イーデン・ヴァレー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リースリングが有名。クリアヴァレーと競合。シラーズは世界水準。 その歴史はジョゼフギルバートが、自らのピュージ-ヴェイルのブドウ畑に、最初の木を植えた1840年代までさかのぼり、世界でも最古の部類に入るシラーズや、リースリングのブドウ畑を有している。 隣接するバロッサヴァレーとの間にあるバロッサレンジによりバロッサヴァレーよりも200メートル程度標高が高い。

    解説

  • 28

    南オーストラリア州の産地 アデレードヒルズ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 冷涼な地域で、オーストラリアで最も気候の変化に富んでいる。最高級のスティルワインとスパークリングワインの生産において重要度が高まっている。ソービニヨンブランが代表。

    解説

  • 29

    南オーストラリア州の産地 クリア・ヴァレー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バロッサヴァレーから北西50キロ、アデレードから北西100キロの位置にある。土壌は石灰岩質。 南北25キロ、東西10キロほどの長方形のワイン産地で、北端から、セブンヒル、ポーリッシュヒルリバー、ウォーターヴェイル、オーバンと小さな産地が広がっている。 セブンヒルには1851年からワイン造りをする教会があり、今でも続いている。 1895年設立のワイナリーのヴェンダリーはセブンヒルズから更に北にあり、年間生産量わずか1800ケースの伝説的なワイナリーとして豪州国内で知られている。

    解説

  • 30

    南オーストラリア州の産地 クナワラ<重要>

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 南オーストラリアの南東の端に位置する。 1890年に、ジョンリドックが最初のブドウを植え、ペノーラという土地を開拓した。 海洋性気候。ボルドーと似た気候。 土壌は、鉄分を含んだ赤い表土と、白い石灰岩土壌のテラロッサ。 テラロッサはこの地域に特有のものではない。 カベルネソービニヨンが有名。

    解説

  • 31

    南オーストラリア州の産地 マクラーレン・ヴェイル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 海洋性気候。1838年、ジョンレイネルがレイネラにブドウを植え、若い労働者のトマス・ハーディを雇った。 マクラーレンヴェイルは最も豊かなワイン生産地と評されるようになった。 ハーディは1853年、ハーディ社を設立。 現在、オーストラリア有数のブランドへと成長した。

    解説

  • 32

    南オーストラリア州の産地 カンガルーアイランド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オーストラリアで三番目に大きな島。海洋性気候。

    解説

  • 33

    南オーストラリア州の産地 マウントガンビア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2010年に指定された最新の産地。

    解説

  • 34

    南オーストラリア州の産地 マウントベンソン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 冷涼で完全な海洋性気候

    解説

  • 35

    南オーストラリア州の産地 パッドサウェー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 以前、ケポックと呼ばれていたところ。海洋性気候。白ワインに注力。

    解説

  • 36

    南オーストラリア州の産地 リヴァーランド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オーストラリア産業の「機関室」として長い間認められてきた。南オーストラリア州の60%のブドウを生産。オーストラリア全体の30%。 降雨量少ない。大陸性気候。灌漑が不可欠で、マレー河から灌漑用水を得る。

    解説

  • 37

    南オーストラリア州の産地 ラングホーンクリーク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミディアムボディの良質な赤ワインを生産。50年以上のカベルネソービニヨンの古い木が多数残る。

    解説

  • 38

    南オーストラリア州の産地 ローブ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2006年指定。将来性有。

    解説

  • 39

    南オーストラリア州の産地 ラットンブリー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クナワラの北に位置し同じテラロッサ土壌。比較的冷涼。高品質な赤ワインを生産。

    解説

  • 40

    南オーストラリア州の産地 ライムストーンコースト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 巨大なGI、つまり、クナワラ、パットサウェー、ラットンブリー、ローブ、マウントベンソン、マウントガンビアが含まれる。

    解説

  • 41

    州別の産地 ニューサウスウェールズ州

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 州都、シドニー オーストラリアワイン産業発祥の地。リースリング、ピノノワール、カベルネソービニヨンと幅が広い。

    解説

  • 42

    ニューサウスウェールズ州の産地 ハンター<重要>

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1825年にブドウが植えられた。ローワーハンターと、アッパーハンターに分けられている。セミヨンが有名。

    解説

  • 43

    ニューサウスウェールズ州の産地 マジー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マジーはアボリジニの言葉で丘のある巣という意味。グレートディヴァイディング山脈の西斜面に位置し、 標高は450から600メートル。

    解説

  • 44

    ニューサウスウェールズ州の産地 タンバランバ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オーストラリアで最も遠隔地にある産地のひとつ。スノーイー山脈の中に位置している。 ピノノワールとシャルドネが75%を占める。

    解説

  • 45

    州別の産地 ヴィクトリア州

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 州都メルボルン。 1860年代、ジョンブルズヴィンヤード、英国民のブドウ畑として知られ、英国向けの輸出が国内最大だった。

    解説

  • 46

    ヴィクトリア州の産地 ジロング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 海洋性気候の影響を強く受け、冷涼で日照時間が長く、乾燥した気候は、シャルドネとピノノワールの熟成に最適。 ボルドー地方と、ブルゴーニュ地方の中間の気候。

    解説

  • 47

    ヴィクトリア州の産地 ゴールバーンヴァレー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1860年設立のタビルクはオーストラリアで最も古い歴史を持つワイナリーのひとつ。1860年代に植樹されたブドウから今でもたくさんのワインが造られている。 砂上の土壌がフィロキセラの侵入を食い止め、タビルク地域の古いシラーズの木を守ってきた。

    解説

  • 48

    ヴィクトリア州の産地 キングヴァレー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 南部は山岳地帯。南端には標高800メートルのウィットランズプラトー(台地)があり、オーストラリアで最も標高が高い産地。

    解説

  • 49

    ヴィクトリア州の産地 ヤラヴァレー<重要>

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オーストラリアで最も急な斜面にブドウ畑がある。冷涼な気候。最高級のピノノワールを生産する。 1960年代にブドウ栽培が再開。

    解説

  • 50

    ヴィクトリア州の産地 モーニングペニンシュラ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 海洋性気候。 ポートフィリプ湾を通った北風、西風、バス海峡を抜けた南風、西風が常に吹いている。

    解説

  • 51

    州別の産地 西オーストラリア州

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 州都パース 冷涼地で造られるワインは最高と評価されている。

    解説

  • 52

    西オーストラリア州の産地 マーガレットリヴァー<重要>

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハロルドオルモ博士と、ジョングラッドストーン博士の研究に触発された形で、1970年代初めに大きな期待と共に誕生した産地。 海洋性気候の影響を強く受けた地中海性気候。良質のカベルネソービニヨンやメルロを生産。

    解説

  • 53

    西オーストラリア州の産地 スワンディストリクト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1829年にトーマスウォーターズによって初めてブドウが植えられた。ヴィクトリア州や南オーストラリア州より早くブドウ栽培が始まった。 約150年間、唯一の主要ワイン産地として繁栄。暑い地中海性気候だが、フリーマントルドクターという海風によって暑さが和らげられている。

    解説

  • 54

    西オーストラリア州の産地 ジオグラッフ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最近できた産地。シラーズの産地として知られている。3地区にわかれている。

    解説

  • 55

    西オーストラリア州の産地 グレートサザン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 広大な地方。ボルドーと似た気候。

    解説

  • 56

    州別の産地 タスマニア州

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 州都ホバート。 1840年代に小規模なブドウ栽培が行われていた。商業規模のブドウ畑が開かれたのは1970年代中頃。 世界自然遺産、自然保護区に指定。 冷涼な気候。ピノノワール、シャルドネ、リースリングが主体。ピノノワール、シャルドネのスパークリングワインも有名。 テイマーヴァレーはワイン生産量の50%、。パイパーズリバーはタスマニア州最南端。

    解説

  • 57

    州別の産地 クイーンズランド州

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日常生活用ワインのブドウ栽培からはじまり、今では高級ワインのブドウ栽培で急成長。産地はクラニット・ベルト、サウス・バーネット。

    解説

56846

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ