zuknow learn together

新しい教材を作成

仕事でよく使うワード

カード 60枚 作成者: kaseki (作成日: 2014/07/16)

  • プロダクト・アウト

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    プロダクト・アウト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市場のニーズを意識せず、企業側の意向や技術を重視して製品やサービスを開発し、それらを市場に導入する考え方。マーケット・インの対義語として用いられる。 大量生産時代の典型的なマーケティング手法とも言え、現在ではマーケット・インが重視されがちである。しかし、ウォークマンやi-modeなど、プロダクト・アウト型の製品からそれまでに無い新しい市場が創出されるケースは多い。

    解説

  • 2

    マーケット・イン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消費者のニーズを重視し、実際に必要とされている製品やサービスを必要な量だけ市場に導入していく考え方。プロダクト・アウトの対義語として用いられる。 リスクが少なく、消費者ニーズの多様化が進む現在において重視されている手法ではあるが、画期的な製品やサービスは生み出されにくい場合がある。

    解説

  • 3

    バイラル・マーケティング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業の商品・サービスを口コミで消費者に宣伝し、広めていくマーケティング手法。 バイラル(Viral)は感染する・伝染するという意味。

    解説

  • 4

    ブランド・ロイヤリティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消費者が特定のブランドに対して感じる愛着心のこと。ロイヤリティ(loyalty)は「忠誠心」の意味。 ブランド・ロイヤリティの高い消費者は、同じブランドを継続して購入する意向が強く、また口コミ等によってそのブランドの価値を広めてくれる可能性が高いため、ブランドの成長・維持にとって非常に重要な要素である。

    解説

  • 5

    マーケット・ニッチャー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市場における4つの戦略ポジションのうちの一つ。ニッチとは「隙間」を意味し、市場の中でも細分化されたある特定の小さいマーケットセグメントの中で、リーダーとなっている企業やブランドを示す。 マーケット・ニッチャーには経営資源の限られた中小企業またはブランドが多い。そのため、取るべき戦略は得意とする分野への資源の集中である。その分野はマーケット・リーダーやマーケット・チャレンジャーが参入していない、または参入しようとしない分野でなくてはならない。また、コミュニケーション戦略においては、マス媒体ではなくBTLメディアを使用するなど、独自な手法を選択する必要がある。

    解説

  • 6

    マーケット・チャレンジャー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市場における4つの戦略ポジションのうちの一つ。その市場でマーケット・リーダーに次ぐシェアを持つ企業やブランドを示す。つまり業界二位・三位の企業またはブランドである。 マーケット・チャレンジャーの目標は、マーケット・リーダーに挑戦してその座になりかわることである。従って、取るべき戦略は差別化が主となり、製品、価格、チャネル、プロモーションといった4Pそれぞれにおいて差別化を行う必要がある。

    解説

  • 7

    マーケット・フォロワー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市場における4つの戦略ポジションのうちの一つ。その市場でマーケット・リーダー、マーケット・チャレンジャーの後を追う企業やブランドを示す。 マーケット・フォロワーの戦略は、限られた経営資源を集中させるために、マーケット・リーダーやマーケット・チャレンジャーの優れた戦略を模倣することである。また一般的に市場においてマーケット・フォロワーの数は多く、熾烈な競争にさらされている場合も多い。そのためマーケット・ニッチャーのように、特定の領域の専門性を高めていく戦略も取られることがある。コミュニケーション戦略においては、露出するメディアを絞り込むことなどが有効である。

    解説

  • 8

    マーケット・リーダー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市場における4つの戦略ポジションのうちの一つ。その市場で最大のシェアを持つ企業やブランドを示す。つまり業界一位の企業またはブランドである。 マーケット・リーダーの目標は、市場そのものの拡大が主となる。取るべき戦略は、新規顧客の獲得、購入量・頻度の拡大、新しい使用用途の開発などがあげられる。また現在のシェアを維持・拡大するために、積極的な新製品開発への投資や、幅広い消費者層に向けた商品展開も必要である。よって、コミュニケーションターゲットは市場全体となる。

    解説

  • 9

    ワン・トゥー・ワン・マーケティング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブランドや商品のターゲットを各顧客レベルまで細分化して、ニーズや特性に応じたアプローチをする考え方・手法。CRMやSFA(セールス・フォース・オートメーション)によって、顧客満足度や販売増・効率増を目指す。

    解説

  • 10

    マーケティング・ミックス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 対象となる市場において目標を達成するために、様々なマーケティング要素を組み合わせることをいう。規定されたマーケティング戦略に基づき、各マーケティング要素にどのようにヒトやカネを割り当て、実行していくのかということが、マーケティング・ミックスである。

    解説

  • 11

    ポジショニング分析

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市場内における競合製品・競合ブランドと自社製品・自社ブランドの相対的な位置(ポジション)について、その関係を分析する手法。特に製品特性(スペック)や消費者の知覚について競合製品と比較・分析することで、自社製品の強み・弱みを把握するために用いられる。このポジショニング分析で得られた強み・弱みがSWOT分析における「S」と「W」として整理される。

    解説

  • 12

    マネタイズ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 何かをお金に変えること。収益化すること。無収益のサービスから収益を生む事業へと変化させる意味で使われる。収益化が難しいとされるネット事業で使われることが多い。

    解説

  • 13

    グロースハック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製品やサービスを利用するユーザー動向データから得た数値やフィードバックなどを解析し、製品・サービス自体の改善を迅速に繰り返して、マーケティングの課題を解決する手法。 アメリカでは近年、ツイッター、フェイスブック、ドロップボックスなど、たった数年で数億人のユーザーを獲得して急成長したサービスには、必ず「グロースハッカー」と呼ばれる技術者がいました。昨年頃から日本でも「グロースハッカー」による成長施策=グロースハックが注目されています。 具体的には、サービスや製品を利用するユーザーの動向データを元に、成長を妨げている要因を分析し、短期間で複数の”改善策”を施すことで、より多くのユーザーを獲得したり、収益を向上させたりして、企業に対して最終的な成長(Growth)を目指します。

    解説

  • 14

    パレートの法則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという経験則のこと。 イタリアの経済学者・社会学者であるヴィルフレド・パレート(Vilfredo Federico Damaso Pareto)が、1986年に論文の中で発表した。(パレートは「社会全体の所得の多くは一部の高額所得者が占めているが、それは国や時代の制度の問題ではなく、一種の社会的自然現象である」と主張。) この考え方は、所得配分や経済においてだけでなく、品質管理、在庫管理、売上管理、マーケティングなど様々な分野に当てはまるとされており、 ・ビジネスにおいて、売上の8割は全顧客の2割が生み出している。 ・売上の8割は、全従業員のうちの2割で生み出している。 ・商品の売上の8割は、全商品銘柄のうちの2割で生み出している。 などと言われている。

    解説

  • 15

    リッチコンテンツ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動画(ビデオ、アニメーション、CG)や音声(ナレーション、音楽)などを利用した、 ファイル容量の大きなコンテンツのこと。 静的なテキストや静止画像のみで構成された、従来のHTMLベースのWebコンテンツでは難しかった、複雑な内容や、微妙なニュアンス、雰囲気などをわかりやすく、インタラクティブに表現することが可能。ユーザーが直感的・感覚的に理解できるため、高い訴求力が期待出来る。

    解説

  • 16

    カスタマージャーニー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顧客が自社の商品やブランドとどのように接点を持ち、どんな経験をするか、という行動プロセスの流れを「旅」に例えた言葉。プロセスの途中のタッチポイントでどのような体験をし、どのような心理的変化を起こすのかを、思考や感情も含めて可視化した「カスタマージャーニーマップ」という図は、カスタマーエクスペリエンスを向上させるための検証資料に使われる。

    解説

  • 17

    ASP (Application Service Provider)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 業務用アプリケーションソフトの機能をネットワーク経由で顧客に提供する事業者、ないしはサービスのこと。 通常、利用者はブラウザソフトなどを使用してインターネットなどのネットワークを経由し、遠隔地からASPのサーバにアクセスすることで、そのサーバ内に格納された各種アプリケーションソフトの機能をサービスの形で利用する。

    解説

  • 18

    CRM (Customer Relationship Managemant)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顧客接点での情報を統合管理し、顧客との長期的な関係性を構築、製品・サービスの継続的な利用を促すことで収益の拡大を図る経営手法。 年齢、性別、趣味、嗜好などの個人の情報や購入・利用履歴だけでなく、苦情や意見、要望といった問合せ履歴など、企業とのあらゆる接点でのデータに基づいて顧客をセグメント化し、顧客層別、顧客別のニーズ、ウォンツ、購買行動パターンを分析。個々の顧客に適したサービスや商品を効率よく提供し、満足度を高めることで、一人あたりの購買額を最大化、顧客維持率をあげ長期的な収益の向上を目指す。また、特定の顧客に信頼されているという状況が、新しい顧客には魅力的な企業として映るため、新規顧客をより効率的に獲得することにもつながる。

    解説

  • 19

    CSR (Corporate Social Responsibility)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業の社会的責任。企業が自社の利益を追求するだけでなく、自らの組織活動が社会へ与える影響に責任をもち、あらゆるステークホルダー(利害関係者:消費者、取引関係先、投資家等、及び社会全体)からの要求に対して適切な意思決定をすることを指す。日本では利益を目的としない慈善事業(寄付、ボランティアなど)と誤解・誤訳されることもある。

    解説

  • 20

    DMP(Data Management Platform)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顧客にまつわるデータを一元的に格納し、管理するプラットフォーム。 自社のものかそうでないかを問わず、サイト閲覧履歴や属性、ソーシャルメディア情報といったインターネットから取得したユーザー情報と、POSなどWeb外から取得された自社データを統合して管理・分析するシステムとして、広告配信や商品開発等に利用される。

    解説

  • 21

    サイレント・マジョリティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 積極的な発言行為をしないが大多数である勢力のこと。 アメリカのニクソン大統領が、1969年11月3日の演説で「グレート・サイレント・マジョリティ(the great silent majority)」と、この言葉を用いた。当時、ベトナム戦争に反対する学生などにより反戦運動がうねりを見せて高まっていた。しかし、ニクソンはそういった運動や発言をしない大多数のアメリカ国民はベトナム戦争に決して反対していないという意味でこの言葉を使った。それ以降、「発言はしないが現体制を支持している多数派」というニュアンスで用いられるようになった。(Wikipediaより) マーケティング用語としても、「発言しない大多数の消費者」との意味で用いられている。

    解説

  • 22

    メディアレップ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インターネット広告の一次代理店。 広告主や、インターネット広告代理店にとってはインターネット広告の買い付け先となり、媒体の運営者にとっては広告枠の販売窓口となる、インターネット広告の卸売り問屋的な存在。 本来、人気のあるウェブサイトやメールマガジンの運営者(会社)は広告収入を得る為、自力で広告掲載希望者を募ったり、広告商品を開発していたが、この方法では媒体運営者の労力が大きい。 そこで、メディアレップが人気のあるウェブサイトやメールマガジンを媒体として発掘し、広告掲載希望者と媒体とのマッチングを図る業務を請け負うようになった。

    解説

  • 23

    ゲーミフィケーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゲーミフィケーション(Gamification)とは課題の解決や顧客ロイヤリティの向上に、ゲームデザインの技術やメカニズムを利用する活動全般。この言葉は「日常生活の様々な要素をゲームの形にする」という「ゲーム化(Gamefy)」から派生し、2010年から使われはじめた。 ゲームデザイン手法や仕組みを用いて問題の解決やユーザー契約などを獲得すること。例えば、既存のシステムやサービスへの、順位・可視化・ポイント・カード・バッジ・ミッション・レベルシステムの採用など。さらにゲームの要素を盛り込むことによって楽しみながら意図せずそれらと関わっていってもらうことが目的で行われる場合もある。

    解説

  • 24

    プロダクト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製品、生産物、成果などの意味を持つ英単語。 一般的には企業などが顧客に販売する製品のことを指し、これにはソフトウェアやデータなどの無体物も含まれる。サービス(役務)は含まない事が多いが、パッケージ化・標準化されて提供されるサービスのことをプロダクトと称する場合もある。

    解説

  • 25

    チームセリング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1つの企業に対し、営業担当者が個々にコンタクトを行うのではなく、チームや営業部門全体でアプローチすることを「チームセリング」と言う。SFA(Sales Force Automation)と呼ばれる営業支援システムにより、営業スキルや情報を共有や営業プロセスの標準化を実行。営業個人の能力だけに頼らず、組織全体のナレッジを活用しながら営業活動を進めていくというもの。

    解説

  • 26

    SFA (Sales Force Automation)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顧客情報や商談情報、日報などの営業活動に必要な情報を一元管理して、支援するためのシステム。 従来の営業活動では、顧客情報や、商談情報や競合他社の情報などを、 営業担当者個人で把握しており、営業部門では共有されにくい状態でした。 そのため、営業担当者個人の力量で物件の受注が決まってきました。 SFAでは、営業担当者個人の中に留まりがちな情報を、SFAシステムで共有化することで個人営業から組織営業に転換をはかります。 また、他の営業担当の日報内容を参考にしながら、自分で営業としてステップアップしていくことが可能です。

    解説

  • 27

    トランザクション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンピュータにおける一連の不可分な情報処理を表した概念である。特に、データベースにおいてデータを検索したりレコードを更新したりする手続きについて用いられることが多い。 トランザクションとして扱われる一連の処理を不可分の処理単位として処理することを、トランザクション処理と呼ぶ。トランザクションとして実行された処理は、一連のすべての処理が問題なく行われた場合にのみ成功とみなされる。逆に複数の処理の中で何かひとつでも不具合が生じた場合には、すべての処理が失敗したものとみなされる。

    解説

  • 28

    ネイティブアプリ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • App storeやGoogle Playなどからダウンロードして、スマートフォンの画面に表示されたアプリをクリックして使うアプリ。 。Webアプリの利用にはインターネットに接続できるネットワーク環境が必要となるが、ネイティブアプリは必ずしもネットワーク環境を必要としない。通信にかかる時間の遅延も決定的に異なる。

    解説

  • 29

    WEBアプリ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インターネット上でアクセスが可能なアプリのこと。 Google ChromeやFirefoxなどのWebブラウザからアクセスして利用します。したがって、Webアプリは、スマートフォンの本体(デバイス)にダウンロードやインストールする必要がありません。 普段閲覧されているWebサイトと同じようにアクセスし利用しますので、WebアプリとWebサイトはほぼイコールと考えて問題ありません。

    解説

  • 30

    ストラテジー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 戦略 視野の長期・短期で、"strategy"(戦略)と"tactics"(戦術)を使い分けるひともいる。

    解説

  • 31

    ソリューション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IT業界では、顧客の抱える問題・課題を解決したり、要望・要求を満たすことができる製品やサービス、およびその組み合わせのことをソリューションということが多い。

    解説

  • 32

    マーチャンダイジング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業のマーケティング目標を実現するために、製品やサービスを最適な場所、時期、価格、数量で市場に提供するための計画と管理のこと。 流通業、小売業における重要な要素で、仕入計画や販売管理などとともに、商品力をいかに高めるかが重要となります。 商品力の構成は ・商品品揃え力 : 主力商品を中心とした商品展示数、アイテム数が最適化されているか ・商品構成力 : 売れ筋の商品を適切に配置できているか ・価格競争力 : 競合に比べ価格競争力が十分にあるか ・価格訴求力 : 売り場で価格が顧客にしっかりと伝わっているか ・価値提案力 : 販促ツールなどで商品の価値がしっかりと伝えられているか

    解説

  • 33

    縦割り

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 組織が上下関係を中心に運営されること。「―行政」 縦割り行政とは、部署間で連携がとれておらず、同じような業務や施策を行っていたり、逆にたらい回しに見られるように、責任のなすり合いなどが起こっていることに対して、批判的に使われる言葉。 競争意識ばかり前面に立つため全体での協調性は次第になくなり不祥事等が起こりやすい。また、相互監視がしづらくなりくさいものに蓋をしろ的なものと成る。これらから、縄張り意識や自己保身といったものが芽生え、コンプライアンスの立場からも現代にはマッチしなくなってきている。 長所は、専門的なものを深くえぐることや、競争原理が働き部署としての協調性は高まる。

    解説

  • 34

    横割り

    補足(例文と訳など)

    答え

    • いくつかの同格の部署を並列して関連づけ組織すること。 いわば連携して目指す目標に邁進すること。組織全体としての連帯感が生まれる。 一方で全体的なバランスをとるため専門的な部分については深く食い込むことは出来ず少数精鋭主義は無理。 短所は一旦悪い方向に進むと全体がずるずると引きずりこまれるため、改善として相互監視する部署が必要となる。

    解説

  • 35

    財務部

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業における財務 ・資産、負債、損益、キャッシュフローの管理 ・資金の調達、および調達した資金の運用 資産、負債、損益、キャッシュフローの管理 資金の調達、および調達した資金の運用 「財務部」が存在する企業の場合は、「財務」という言葉はおおよそ、日々のお金の流れを管理し、資金がショートしないように資金繰りを考え、お金を調達してくる仕事を指していることが多い[2]。 財務部が資金調達の仕事を進める時には、経理部が作成する決算書(非公開のものを含む)などが必要とされることが多く、財務部と経理部は切っても切れない関係にある[3]。 財務部が存在しない企業においては、経理部が財務の仕事まで担当していることが多く、「経理」と「財務」という言葉は厳密に使い分けられていないことが多い。 専らその仕事を行う人を配置している企業もあり、財務は職種として成立している。欧米の企業や外資系の企業ではCFO(最高財務責任者)の肩書を持つ人がその職務を取り仕切っている例も多い。

    解説

  • 36

    IR (Investor Relations)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業が株主や投資家に対し、財務状況など投資の判断に必要な情報を提供していく活動全般を指します。  企業はIR活動を通じて株主、投資家、顧客などと意見交換することで、お互いの理解を深め、信頼関係を構築し、資本市場での正当な評価を得ることができます。逆に、外部からの厳しい評価を受けることで、経営の質を高めています。 株主・投資家(インベスター)との間に良好な関係(リレーションズ)を築くことで、有利な資金調達が可能になるなどのメリットがある。   最近では、日本企業の海外での資金調達が進み、情報開示、IRに関する意識が高まったことや、外国人投資家が増大するなどによりIRが重要視されるようになってきている。   IRと広報の違いは、広報は社会一般に対して企業の商品や活動などを広く知らせイメージアップを目的とするのに対し、IRは株主・投資家などに投資判断に関係する企業情報を、良し悪しに関わらず継続して発信するものである。IRを行う上で重要なのは「公正さ」と「説明責任」の意識である。

    解説

  • 37

    コンソーシアム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 共同体、(企業)連合、合弁企業、共同事業体、組合、協会、協議会などの意味を持つ英単語。 複数の個人や法人、団体が集まり結成される組織・団体の一種で、同種の団体が集まって共同事業を行なったり、特定のテーマや目的に関連する企業や団体、個人が共同で活動を行なったり、参加者が財産や権利を出し合って共同で運用したりするもの。

    解説

  • 38

    エンジェル投資家

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エンジェル投資家またはエンジェル(ヨーロッパにおいてはビジネスエンジェルと呼ばれている)は、創業間もない企業に対し資金を供給する富裕な個人のことである。投資の見返りとして株式や転換社債を受け取ることが一般的である。エンジェル同士でグループを形成し、情報の共有や共同出資を行う動きも見られる。

    解説

  • 39

    第三者割当増資

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第三者割当増資(だいさんしゃわりあてぞうし)とは、株式会社の資金調達方法の一つであり、概ね、株主であるか否かを問わず、特定の第三者に対して募集株式を割り当てる方法による増資のことである。 第三者割当増資は、取引先・取引金融機関・自社の役職員などの縁故者にこの権利を与えることが多いことから、「縁故募集」ともいう。上場会社の場合は、資本提携や事業支援・会社再建のために資金調達を必要とする場合におこなわれることが多い。また、敵対的買収の対象となった会社が、買収会社の持株比率を低下させるべく、防衛策の一環としてホワイト・ナイト(白馬の騎士:対象会社にとって友好的な事業戦略上のパートナー等)に対しておこなう場合もある。

    解説

  • 40

    新株引受権

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新株引受権(しんかぶひきうけけん)とは、会社が発行する株式(新株)を優先的に引き受けることができる権利をいう。

    解説

  • 41

    新株予約権

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新株予約権とは、新株予約権を持っているものが予め定めた価格で会社に対して、新株の発行や会社が所有している自己株式を移転することを要求できる権利のことを言います。特に取締役や従業員などに対して付与するものをストックオプションといいます。新株予約権の会計処理は・・発行者側→発行価額を負債に計上。権利が行使されたら資本金へ振り替えます。       権利行使される前に期限が来たら、利益へ振り変わります。取得者側→取得した場合は、有価証券として処理。       権利行使した場合は、株式へ。しなかった場合は、損失へ振り替えます。

    解説

  • 42

    モラルハザード

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プリンシパル=エージェント問題。経済学のプリンシパル=エージェント関係(「使用者と被用者の関係」など)において、情報の非対称性によりエージェントの行動についてプリンシパルが知りえない情報や専門知識がある(片方の側のみ情報と専門知識を有する)ことから、エージェントの行動に歪みが生じ効率的な資源配分が妨げられる現象。「隠された行動」によって起きる。

    解説

  • 43

    エグゼキューション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • M&Aにおける一連の事務手続き等の管理や、実行をすることをいいます。

    解説

  • 44

    Iターン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 都会出身者が地方に移り、定住することを「Iターン」という

    解説

  • 45

    Uターン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 出身地に戻ることが「Uターン」

    解説

  • 46

    Jターン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地方出身者がいったん都会に出たあと別の地方に移住することを「Jターン」

    解説

  • 47

    PMO

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業内で、個々のプロジェクトのマネジメント支援を専門に行う部門。 PMOは常にいくつものプロジェクトが実施されるような大企業などに置かれ、社内のプロジェクトマネジメント方式の標準化や研修などを通じての普及、実施中のプロジェクトの管理業務の支援、プロジェクト間の調整などを行う。最近では、自社でPMOを設置できない規模の企業などに向けて、PMO業務をサービスとして提供する企業も現れている。

    解説

  • 48

    ポートフォリオ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 様々な分野で「自らの持つ様々な種類のものをひとまとめにして一覧できるようにしたもの」というニュアンスの用語として用いられている。 Web業界では、WebデザイナーやWeb制作会社が、過去に自らが手がけたWebサイトの一覧をポートフォリオ(サイト)と呼んでいる。

    解説

  • 49

    スケール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 増減する、拡大・縮小する、などの意味を持つ英単語

    解説

  • 50

    労働集約的産業

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事業活動を営む上で、労働力に対する依存度が高い産業のこと。接客応対を中心とするサービス業に多く見られる。一般に従業員を数多く抱えるため、賃金コストの割合が高い。 これは多くの場合は機械化が難しい分野で、単純労働力の提供が収益の源泉となっている産業。例えば飲食業・人的なサービス業・運送業などが代表例となる。一人あたりの、資本投下額が小さく、売上げに占める労務費の割合が高い。

    解説

  • 51

    知的集約型産業

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 研究開発,デザイン,専門的判断など高い知的活動が生産に重要な役割を果たす産業。 (1)研究開発集約産業(コンピューター,航空機,原子力,海洋開発等),(2)高度組立て産業(公害防止機器,教育機器,数値制御工作機械,工場生産住宅等),(3)ファッション産業(高級衣類,住宅調度品,電気音楽機器等),(4)知識産業(情報処理サービス,コンサルティング,ソフトウェア開発等)の4グループに分けられる。 知的労働力や、研究開発によって会社としての知識や技術力を高めることが収益の源泉となっている産業。投資ファンド、コンサルティング(ファーム)、ファブレスメーカー、製薬会社が典型例。一人あたりの、資本投下額はさほど大きくはならないが、成功している例では一人あたりの収益力は高くなる。

    解説

  • 52

    資本集約産業

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 資本投下を行い、労働力よりも機械や設備の力で生産したりサービス提供をするような産業。メーカーや、大型商業施設などが代表例。一人あたりの、資本投下額が大きく、売上げに占める労務費の割合は下がる。

    解説

  • 53

    コモディティ化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 所定の製品カテゴリーにおいて、品質、機能、形状などの競争における差別化特性が無くなり、顧客からすると製品に違いを見出すことのできない、どの製品を買っても同じという状態のこと。

    解説

  • 54

    パラダイムシフト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化すること。 「発想の転換」や「見方を変える」、「固定観念を捨てろ」、「常識を疑え」などから始まり「斬新なアイディアにより時代が大きく動くこと」まで、さまざまな意味で使われている。

    解説

  • 55

    ステークホルダー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業の経営行動などに対して直接・間接的に利害が生じる関係者(利害関係者)のことをいう。 ・具体的には、株主、消費者(顧客)、従業員、得意先、地域社会などが挙げられる。

    解説

  • 56

    ブレイクダウン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上位の目標を下位に展開していくときの1つの方法。研究者やコンサルタントによって、目標の下位展開をすべてブレイクダウンと呼んでいることもあれば、営業部門における売上目標のように、職場全体の数値的な目標を各メンバーに割り振っていくような方法のみを指していることもある。

    解説

  • 57

    ブレイクスルー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 進歩、前進、また一般にそれまで障壁となっていた事象の突破を意味する英単語。 本質的な課題を打ち破る革新的な解決策のこと。 ブレークスルーを見出すには、ある課題の表面的な症状に振り回されるのではなく、そうした症状を引き起こしている真の原因を探り当て、ベスト・プラクティスなどを参考に大胆な発想の転換を行う必要がある。

    解説

  • 58

    アイデンティティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己が環境や時間の変化にかかわらず、連続する同一のものであること。主体性。自己同一性。「―の喪失」

    解説

  • 59

    スポークスマン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 政府や団体の意見などを発表する担当者、また、代弁者。

    解説

  • 60

    ノスタルジア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 異郷から故郷を懐かしむこと。同義語に郷愁(きょうしゅう)・望郷(ぼうきょう)など。 過ぎ去った時代を懐かしむこと。同義語に懐古(かいこ)・追憶(ついおく)など。

    解説

56908

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ