zuknow learn together

新しい教材を作成

憲法 第4章 統治機構-07

カード 10枚 作成者: マコチン (作成日: 2014/07/16)

  • 法律の憲法適合性を審査する権限は,最高裁判所だけでなく,下級裁判所も有する。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

司法書士

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    法律の憲法適合性を審査する権限は,最高裁判所だけでなく,下級裁判所も有する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 最大判昭25.2.1。

    解説

  • 2

    憲法と条約との間の効力の優劣についての条約優位説は,憲法98条1項は国内法規との関係で憲法の最高法規性を規定しているが,条約が除かれていることを根拠とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 条約優位説は,本問のように憲法98条1項の文言を根拠とするとともに,国際協調主義(同条2項)を強調する。

    解説

  • 3

    憲法と条約との間の効力の優劣についての条約優位説に対しては,硬性憲法性を損なうとの批判がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 条約の締結手続(憲73条3号ただし書,61条,60条2項)は,憲法の改正手続(憲96条1項)と比べてはるかに容易なので,条約優位説に対しては,本問のような批判がある。

    解説

  • 4

    憲法と条約との間の効力の優劣についての憲法優位説に立った場合にのみ,条約に対する違憲審査権が及ぶと考えることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 条約優位説に立つと,憲法は条約の下位規範であるから,条約に対して憲法上の制度である違憲審査権が及ばないことになり,憲法優位説に立つと,条約に対しても及ぶことになる。

    解説

  • 5

    違憲判決の効力に関する一般的効力説は,憲法98条1項が憲法の条規に反する法律の全部又は一部はその効力を有しないと規定することを根拠とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 本問の説は,憲法98条1項が「この憲法は,国の最高法規であって,その条規に反する法律,…の全部又は一部は,その効力を有しない」と規定していることをその論拠の一つとしている。

    解説

  • 6

    違憲判決の効力に関する個別的効力説に対しては,法的安定性又は予見可能性を害し,また,不公平を生み,平等原則にも反するという批判がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 本問の説によれば,違憲判決が言い渡された場合でも依然として法律としての効力を有し,当該法律を適用することも可能であることから,本問のような批判がある。

    解説

  • 7

    違憲判決の効力に関する個別的効力説は,憲法上,国会は違憲とされた法令を速やかに改廃し,また,政府はその執行を控えるなどの措置を採ることが期待されているとする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 本問の個別的効力説は,自説に対する批判を考慮し,国会での改廃措置や行政機関による執行の差控えが期待されるとして,その不都合を回避しようとしている。

    解説

  • 8

    違憲判決の効力に関する個別的効力説は,違憲審査権が具体的事件の裁判に付随してその解決に必要な範囲においてのみ行使されることを根拠とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 本問の説は,わが国の違憲審査制(憲81条)が付随的違憲審査制であると解されることを前提とし,具体的な事件の解決に必要な限りで違憲判決の効力を認めるべきであるとする。

    解説

  • 9

    違憲判決の効力に関する一般的効力説に対しては,裁判所による一種の消極的立法を認めることになり,国会は国の唯一の立法機関であると規定する憲法41条に反するという批判がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 本問の説によれば,違憲判決が下されることによって,違憲と判断された法律は,一般的にその効力を失い,実質的には廃止されたのと同じことになるため,本問のような批判がある。

    解説

  • 10

    国会が憲法改正の発議をするには,各議院の出席議員の3分の2以上の賛成が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 憲法の改正は,各議院の総議員の3分の2以上の賛成で,国会が,これを発議することを要する(憲96条1項)。

    解説

56689

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ