zuknow learn together

新しい教材を作成

人間信頼性工学ver002

カード 35枚 作成者: Akifumi Tominaga (作成日: 2014/07/16)

  • 製造物責任と製品安全の生まれた理由

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

信頼性工学のテスト出る可能性が高い部分をPick

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    製造物責任と製品安全の生まれた理由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・安全・安心への社会的ニーズの高まり ・製造業者への責任範囲の拡大

    解説

  • 2

    不法行為責任とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製品事故による損害 →製品の欠陥 →過失 →製造業者の責任

    解説

  • 3

    製造物責任

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製品事故による損害 →製品の欠陥 →製造業者の責任

    解説

  • 4

    製造物責任の3つの要件

    補足(例文と訳など)

    答え

    • "1.製造物 - 製造又は加工された動産 2.製品欠陥による拡大損害 - 欠陥とは、当該製造物の特性、その通常予見される使用形態、その製造業者等が当該製造物を引き渡した時期その他当該製造物に係る事情を考慮して、当該製造物が通常有すべき安全性を欠いていること - 拡大損害とは、他人の生命、身体又は財産の侵害 3.製造業者 - 業として製造、加工又は輸入した者"

    解説

  • 5

    通常予見される使用形態とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『異常な使用形態でない使用形態』であり『合理的に予見可能な(あり得る)使用形態』を含む また、『通常』と『異常』の境界は灰色

    解説

  • 6

    消費者保護のために規制と制度は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製造物責任制度と製品安全規制がある

    解説

  • 7

    製造物責任制度とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 損害発生後の制度 被害者からの具体的な民事請求 個人の利益のための支払い

    解説

  • 8

    製品安全規制とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 損害発生前の予防 すべての人のために刑事責任を含めた公納介入を行う

    解説

  • 9

    製品安全規制のアプローチ方法とはなにがあるか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.個別規制(タテのアプローチ) 2.包括規制(ヨコのアプローチ)

    解説

  • 10

    1.個別規制(タテのアプローチ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 対象の個別個別品目の安全規制について明確化 →技術整合化及び規格に関するニューアプローチに関する指令(制定1985年)

    解説

  • 11

    2.包括規制(ヨコのアプローチ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製品の一般的な安全性に関する概念 製造事業者と消費者の自己責任規制 安全に関する情報公開など、個別規制で対象となっていない製品を含めて、製品の安全性に対する要求の明確化 →製品の一般安全性に関する指令(制定1992年)

    解説

  • 12

    製造物責任予防とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.製造物責任防御 2.製品安全

    解説

  • 13

    製造物責任防御

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 訴訟を提起された場合の「応訴対応方針の決定」、および訴訟に備えた活動である「適切な記録保存」や「製造物賠償責任保険」などの事前対策を含む

    解説

  • 14

    製品安全

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製造物責任の原因になる製品事故を防止するための、ユーザにとって安全な製品を作る活動

    解説

  • 15

    CSRとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業活動のプロセスに、社会的公正性や環境への配慮などを組み込んでいくこと

    解説

  • 16

    CSRの対象領域

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人権・労働基本権の保護, 安全な製品・サービスの提供 誠実な消費者対応 公正な競争条件の確保 地域社会貢献 ステークホルダーへの説明責任 等

    解説

  • 17

    CSRが重視されるようになった背景

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企画活動の規模拡大と複雑化による社会に与えるインパクトが拡大 環境問題の深刻化と、持続可能性概念の浸透 企業を経済的な側面だけでなく、社会性や環境配慮なども含めて総合的に評価する社会的な規範の形成

    解説

  • 18

    2つの品質保証

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・Productの保証, ・Processの保証

    解説

  • 19

    製品事故の発生のメカニズム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・職場ストレス, ・インターフェース(プリント読めない), ・操作性, ・作業ストレス

    解説

  • 20

    意図した使用だった場合の製品事故のメカニズム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.製品の劣化→故障→製品の事故→損害の発生(タイプ1の製品欠陥) 2.製品の使いくさ→製品の改造→製品の事故→損害の発生(タイプ2の製品欠陥) 3.製品とユーザのインターフェースの問題→エラー→製品の事故→損害の発生(タイプ3の製品欠陥)

    解説

  • 21

    FMEAの考え方

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 機能・作業・加工・組立等の状態に着目して時間的変化を読む 影響解析を行い、時間的変化に優先順位を付け事前に対策

    解説

  • 22

    FMEAとは、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 故障モードと影響解析

    解説

  • 23

    非要求機能の検出:負の出力

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 機能故障モード(機能の変化) 故障モード(モノの変化)

    解説

  • 24

    影響解析の評価項目

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発生頻度 影響度 検出難易

    解説

  • 25

    FTA実施の要点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 結果から要因へのバックワード思考プロセス 不具合発生状況の明確な記述と理解→図解による表現 設計と計画立案時の情報の理解と活用 論理の逐次的な展開, 幅広く要因を探索・検討

    解説

  • 26

    発生メカニズムを図示すつために用いるFTAの記号

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・事象記号 - 発生している問題やその要因の総称である事象を表現するために用いられる ・論理企業 - ANDやORなど上位と下位事象間の因果関係を表現するを用いて、事象間の因果関係を図解して明示し表現 - 枝分かれにより因果関係を表現していくことから、FT図の全体形状は木構造 ・移行記号 - 同じ事象について基本事象への展開を複数の箇所に表現することを避けるために、引用関係を明確に表現するために用いる - INとOUTの2種類

    解説

  • 27

    マニュアルの場合のインターフェース

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・感覚器官とのインターフェース ・操作器官とのインターフェース

    解説

  • 28

    自動化を入れたときのインターフェース

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・認知型インターフェース

    解説

  • 29

    組織の基本方針の決

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・安全にかかわるフィードバックによる学習のインセンティブは低い ・基本方針と組織文化の重要性を示唆

    解説

  • 30

    商品性と、安全性の優先順位

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・結果への革新 商品性は安全性に比較すると相対的に高い ・フィードバックの本質,商品性の目標追及のフィードバックは明確で、迅速、強制的 安全性の目標追及のフィードバックは、多くは消極的、しばしば的外れで大きな事故の後でのみ強制的

    解説

  • 31

    2タイプのエラー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アクティブエラー,潜在エラー

    解説

  • 32

    2つのレポートシステム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・想定した状態からの変化を報告し専門家の支援を活用するシステム ・原因調査・分析により解決し、体系的、知識化(情報審議・データベース化)

    解説

  • 33

    人間と機械の相対的な相違

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人間の情報処理は文脈依存

    解説

  • 34

    脳における情報処理の特徴

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①脳は外部情報と知識情報と価値情報に分けてそれぞれ分析・判断し価値情報によって脳活性を制御。脳が外部情報に価値あり、と認めると脳活性をたかめ、そのための情報処理の回路が発達 ②脳の中の価値基準の形成 自分の肉体を維持したいという欲求(生理欲求)と、自分の存在を受け入れてもらいたいという欲求(受容欲求)を遺伝的にもち、これらをもとに経験を通して価値基準を形成 ③価値基準の変更の難しさ 他人との関係や外部状況に対応することが難しくなった場合、自分の価値観は正しかったと思いたいので変えることはしたくない。自分の価値観をどうしても変更しなくてはこれ以上どうしようもならないというところまで追いつめられて苦しくなって、自分をはじめて変えることが可能。

    解説

  • 35

    認知インターフェースの重要なポイント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①感覚システムに一度に多くの情報を流さない ②処理過程のフィードバックと可視化 ③設計者とユーザのメンタルモデルのすり合わせが可能な学習システムの機能

    解説

56610

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ