zuknow learn together

新しい教材を作成

画像で楽しく学ぶ世界の有名な画家・芸術家とその作品

カード 19枚 作成者: hulahoop (作成日: 2014/07/14)

  • モナ・リザ La Gioconda

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

世界の有名な画家・美術家・芸術家 一覧です ルネサンス バロック ロマン主義 写実主義 印象派 後期印象派 等の画家を作品とともに収録しました。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    モナ・リザ La Gioconda

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レオナルド・ダ・ヴィンチ 『最後の晩餐』、『モナ・リザ』などの精巧な絵画で知られるルネサンス期イタリアの巨匠。 絵画のみならず、彫刻、建築、土木、科学、数学、工学、天文学など種々の技術に通じ、極めて広い分野に足跡を残した万能の天才。

    解説

  • 2

    最後の審判 (システィーナ礼拝堂、正祭壇背面壁画)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミケランジェロ イタリア・ルネサンス期の彫刻家、画家、建築家、詩人。 レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロ・サンティとともにルネサンスの三大巨匠と呼ばれる。 その作風は、盛期ルネサンスの時代から、マニエリスムの時代への移り変わりを示している。

    解説

  • 3

    ベルヴェデーレの聖母

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラファエロ ミケランジェロが偉大な改革者であるのに対し、ラファエロはそれまでの芸術手法を統合、洗練して、女性的で優雅な様式を確立した。総合芸術の天才として彼の死後も賞賛され、模倣された。

    解説

  • 4

    受胎告知

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エル・グレコ スペインに移住する前にはイタリアのヴェネツィア、ローマに比較的長く滞在しており、作風にもイタリア絵画の影響が反映されている。「エル・グレコ」という名前はイタリア語で「ギリシャ人」を意味している。

    解説

  • 5

    キリスト昇架

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ルーベンス バロック時代のヨーロッパを代表する画家。動きの多い劇的な構図、人物の激しい身振り、華麗な色彩、女神像などに見られる豊満な裸体表現など、バロック絵画の特色が十二分に発揮されている。

    解説

  • 6

    真珠の耳飾りの少女

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フェルメール ルーベンス、レンブラントと並び、17世紀のオランダ美術を代表する画家とされる。フェルメールの絵に見られる鮮やかな青は、「フェルメール・ブルー」と呼ばれる。用いられた絵の具は、天然「ウルトラマリンブルー」。非常に貴重な鉱石「ラピスラズリ(Lapis lazuli)」を原材料としている。17世紀には金よりも貴重であったといわれ、「天空の破片」とも呼ばれた。

    解説

  • 7

    夜警

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レンブラント 特徴としては、作品の一点(ないし複数の点)に暗闇に鋭く差し込むような光線が当てられ、その部分を強調すると同時に、暗闇の部分を逆に強調する手法が見られる。 生涯を通じて数多くの自画像を描いたことでも知られ、その時々の彼の内面の変化を伺い知ることができる。

    解説

  • 8

    1808年5月3日、プリンシペ・ピオの丘での銃殺

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゴヤ スペインを代表するロマン主義の画家。聴覚を失いながらも、宮廷画家として王室や貴族の肖像画を描き、フランスとの戦争に関連する絵画も数多く残した。

    解説

  • 9

    民衆を率いる自由の女神

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 19世紀フランスにおけるロマン主義を代表する画家ウジェーヌ・ドラクロワ(Eugène Delacroix/1798-1863)。劇的な場面構成と優れた色彩表現でゴッホやルノワールなど後世の画家にも影響を与えた。

    解説

  • 10

    落穂拾い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミレー 大地とともに生きる農民の姿を、崇高な宗教的感情を込めて描いたミレーの作品は、早くから日本に紹介され、特に親しまれた。 ミレーの代表作の一つ『種まく人』は、岩波書店のシンボルマークとして採用されている。

    解説

  • 11

    石割り人夫

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クールベ 19世紀フランスの写実主義の画家。 当時のフランスにおけるロマン主義の風潮に対抗し、現実を空想によらず、ありのままに捉えようとする「写実主義」の主張「レアリスム宣言」で有名。

    解説

  • 12

    印象・日の出

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クロード・モネ クロード・モネ(Claude Monet/1840-1926)は、印象派を代表するフランスの画家。「光の画家」の別称があり、時間や季節とともに移りゆく光と色彩の変化を生涯にわたり追求した画家であった。ルノワール、セザンヌ、ゴーギャンらはやがて印象派の技法を離れて独自の道を進んでいったが、モネは終生にわたって印象主義の技法を追求し続けた。

    解説

  • 13

    ムーラン・ド・ラ・ギャレット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ルノワール ルノワール (Pierre-Auguste Renoir/1841-1919)は、フランスの印象派の画家。人物を好んで描き、 裸婦像、少女像などを得意とした。印象派展には1874年の第1回展から出品している。晩年は車椅子で制作を続け、「指に筆をくくりつけて描いた」という逸話も残されているほどだ。

    解説

  • 14

    エミール・ゾラの肖像

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マネ 17世紀スペイン絵画の写実主義・リアリズムから強い影響を受け、後に印象派グループの中心的存在として自らの芸術論を極めていった。日本美術に大きな関心を寄せた。

    解説

  • 15

    ひまわり

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゴッホ 現在でこそ極めて高い評価を得ているが、不遇の生涯を送っており、生前に売れた絵はたった1枚『赤い葡萄畑』だけであった。それでも弟テオドール(通称テオ)の援助でなんとか生活していた。

    解説

  • 16

    タヒチの女

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ポール・ゴーギャン フランスのポスト印象派の最も重要かつ独創的な画家の一人。

    解説

  • 17

    リンゴとオレンジのある静物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ポール・セザンヌ ゴッホやゴーギャンと同時期のフランスの画家。後期印象派の時期に活躍し、「近代絵画の父」として知られる。時間とともに移ろう光を追いかけている印象派に不満であり、「絵画は、堅固で自律的な再構築物であるべきである」という考え方は、続く20世紀美術に決定的な影響を与えた。

    解説

  • 18

    ゲルニカ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パブロ・ピカソ ピカソは「キュビスム(キュービズム)」と呼ばれる芸術動向の創始者とされ、従来の遠近法(一点透視図法)によらず、異なる複数の視点からとらえた物体の形を一つの画面に描写し、断片化された平面として再構成する独自の表現方法を確立した。

    解説

  • 19

    叫び

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ムンク この「叫び」で描かれる人物が叫んでいるわけではなく、夕暮れ時に突然の幻聴・幻覚に遭遇した人物が、恐怖を感じ手を耳に当て、懸命に不安と戦っている様子が描かれているという。

    解説

56701

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ