zuknow learn together

新しい教材を作成

【世界史一問一答】9.近代ヨーロッパの成立【高校範囲完全網羅】

カード 268枚 作成者: hulahoop (作成日: 2014/07/14)

  • 9.1

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

盤石な知識により確実な得点を。少々骨が折れると思いますが、センター、国公立二次にはこのシリーズだけで完璧です。 やりきれば必ずあなたの合格の助けとなります。  

世界史を得意科目としたい受験生のために作りました。(7/14作成)

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    9.1

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アジアへの来航

    解説

  • 2

    15世紀前半にアフリカ西岸の探検を援助し、ポルトガルの海外発展の基礎を築いた王子。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エンリケ航海王子

    解説

  • 3

    エンリケ航海王子のとき攻略した、ジブラルタル海峡南岸に位置するアフリカ西北端の港市。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セウタ

    解説

  • 4

    エンリケ航海王子の派遣した探検隊が到達した、アフリカ大陸最西端の岬。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヴェルデ岬

    解説

  • 5

    インド航路の開拓を支援した、15世紀後半のポルトガル王。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジョアン2世

    解説

  • 6

    ジョアン2世の命で1488年に出港し、アフリカ南端を確認したポルトガルの航海者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バルトロメウ=ディアス

    解説

  • 7

    アフリカ南端の地点を、ジョアン2世は何と命名したか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 喜望峰

    解説

  • 8

    1498年、イスラーム教徒の水先案内でインド航路の開拓に成功したポルトガルの航海者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヴァスコ=ダ=ガマ

    解説

  • 9

    ヴァスコ=ダ=ガマが到達したインド西南岸の港市。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カリカット

    解説

  • 10

    15世紀後半、北欧の横帆船と地中海の三角帆船が融合して生み出され、外洋航海をさらに容易にした船。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カラック船

    解説

  • 11

    1509年、ポルトガル艦船がマムルーク朝艦隊を破り、航海・アラビア海の制海権を奪った戦い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ディウ沖海戦

    解説

  • 12

    1510年ポルトガルの遠征軍が占領し、総督府を置き、以後アジア進出の本拠地とした港市。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゴア

    解説

  • 13

    香料諸島への中継地として、1505年にポルトガル船来航し、しだいに支配を固めたインド南端の島。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セイロン島(スリランカ)

    解説

  • 14

    1512年のポルトガル、1521年のスペイン勢力の来航後、各国の争奪の的となった香辛料の生産地。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モルッカ(マルク)諸島

    解説

  • 15

    1517年の来航後、1557年にポルトガル人が居住権を獲得し、対明貿易の拠点となった広州南方の小港。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マカオ

    解説

  • 16

    1543年にポルトガル人が漂着し、このとき日本に鉄砲が伝えられた島。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 種子島

    解説

  • 17

    16世紀前半のポルトガルのように、領域を支配せず、海洋ルートの支配で交易独占をはかる国を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 海洋帝国

    解説

  • 18

    9.2

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アメリカ大陸・太平洋への到達(1)

    解説

  • 19

    1492年、スペイン女王の援助を受け、西回りでのアジア航路開拓に出航したジェノヴァ生まれの航海者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コロンブス

    解説

  • 20

    コロンブスを援助したスペイン女王。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イサベル

    解説

  • 21

    コロンブスに大きな影響を与えた、フィレンツェの天文・地理学者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トスカネリ

    解説

  • 22

    コロンブスに大きな影響を与えた、トスカネリの説。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地球球体説

    解説

  • 23

    第1回西航時にサンタ=マリア号が出航した、スペイン西南海岸の港。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パロス

    解説

  • 24

    第1回西航時にコロンブスの一行が最初に上陸した、バハマ諸島のなかの島。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サンサルバドル島

    解説

  • 25

    大航海時代前に、ヨーロッパ人がアジアの一地域を指して呼んだ名称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インディアス

    解説

  • 26

    コロンブスがインドに到達したと誤認したため、カリブ海東部の島々を総称するようになった名称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 西インド諸島

    解説

  • 27

    コロンブスのアジア到達の報に接し、教皇アレクサンデル6世が1493年に設定した、ポルトガル・スペインの勢力分界線の呼称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 植民地分界線(教皇子午線)

    解説

  • 28

    ポルトガル・スペイン両国が協議して、1494年にこの勢力分界線を西方に移動した海外領土分割条約。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トルデシリャス条約

    解説

  • 29

    スペインがモルッカ諸島をポルトガルに売却したことで1529年に確定した、太平洋での勢力分界条約。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サラゴサ条約

    解説

  • 30

    イギリス王ヘンリ7世の後援で、ニューファンドランド・北アメリカ沿岸を探検したイタリア人航海者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カボット

    解説

  • 31

    1500年、アジアに向かう航海中嵐に遭い、現在のブラジルに漂着したポルトガルの提督。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カブラル

    解説

  • 32

    1501年からの4回にわたる探検で、コロンブス到達の地がアジアでないと判定したイタリア人。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アメリゴ=ヴェスプッチ

    解説

  • 33

    ドイツの地理学者がアメリゴ=ヴェスプッチの名前にちなんで命名した、新大陸の名称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アメリカ

    解説

  • 34

    1513年にパナマ海峡を横断して太平洋に到達し、ここを「南の海」を命名したスペインの探検家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バルボア

    解説

  • 35

    9.3

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アメリカ大陸・太平洋への到達(2)

    解説

  • 36

    1519年、スペイン王の援助を受けてセビリャから西回りで出発し、1521年に現在のフィリピン諸島に到着し、ここで現地人と争い戦死したポルトガル人航海者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マゼラン(マガリャンイス)

    解説

  • 37

    マゼランが命名した「平和の海」とは、何を指すか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 太平洋

    解説

  • 38

    マゼランの到達後、1542年に当時の皇太子の名にちなんで命名された、多くの島々からなる地域の名称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フィリピン

    解説

  • 39

    1571年に総督レガスピがルソン島に建設し、その後スペインのアジアでの拠点となった港市。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マニラ

    解説

  • 40

    アメリカ大陸到達後、ラテンアメリカを征服した「コンキスタドール」と呼ばれた人たちを、一般に何と称するか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「征服者」

    解説

  • 41

    1521年にアステカ王国を滅ぼし、メキシコを征服したスペイン人。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コルテス

    解説

  • 42

    1533年にインカ帝国を滅ぼし、ペルーを征服したスペイン人。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ピサロ

    解説

  • 43

    1545年に現在のボリビア南部で発見された、アメリカ大陸最大の銀山の名前。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ポトシ銀山

    解説

  • 44

    スペインが太平洋で行った、メキシコとマニラとの間を結ぶ貿易。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アカプルコ貿易

    解説

  • 45

    使われた帆船の名前に由来する、アカプルコ貿易の別称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ガレオン貿易

    解説

  • 46

    酷使によるインディオ人口の激減を補うため、アフリカからどのような人が労働力として運ばれたか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黒人奴隷

    解説

  • 47

    スペイン政府が外国商人と結んだ、黒人奴隷の供給契約を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アシエント

    解説

  • 48

    16世紀初めよりスペインが採用した、先住民のキリスト教徒化を条件に、植民者に対して土地所有と先住民の使役を認めた制度。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エンコミエンダ制

    解説

  • 49

    エンコミエンダ制下の状況を『インディアスの破壊についての簡潔な報告』で弾劾した、ドミニコ派修道士。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラス=カサス

    解説

  • 50

    エンコミエンダ制に代わり、17~18世紀に広まった、債務奴隷を主な労働力とする大農園制。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アシエンダ制

    解説

  • 51

    カリブ海地域やラテンアメリカではアシエンダ制のもとで発展した、主に植民地や反植民地で輸出用商品作物を生産する大農園経営。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プランテーション

    解説

  • 52

    9.4

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 商業革命と価格革命

    解説

  • 53

    西欧人が航海や探検によってインド洋や大西洋地域に進出を開始した、15~17世紀をとくに何時代と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大航海時代

    解説

  • 54

    新航路の開拓やアメリカ大陸への到達で、商業が地球規模に拡大し、またヨーロッパ経済の中心が北イタリアの都市から大西洋岸の都市に移った現象。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 商業革命

    解説

  • 55

    16世紀を通じて香辛料貿易で繁栄した、ポルトガルの首都。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リスボン

    解説

  • 56

    15世紀後半からオランダ独立戦争で破壊されるまで、中継貿易と金融業でヨーロッパ経済の中心として繁栄した、現在のベルギー北部の商業・港湾都市。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アントウェルペン(アントワープ)

    解説

  • 57

    アメリカ大陸から大量の銀が流入し、ヨーロッパで銀貨が下落し、物価が騰貴した現象。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 価格革命

    解説

  • 58

    1970年代半ばにウォーラーステインがとなえ広まった、近代以降の世界を、地球的な規模に商業活動が広まる中で成立した、世界的な分業体制によるものと捉える分析方法。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「近代世界システム」

    解説

  • 59

    ウォーラーステインの「近代世界システム」では、豊かな資本や高い技術を持つ強力な国・地域を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「中核」

    解説

  • 60

    ウォーラーステインの「近代世界システム」では、資が乏しく技術力も劣る国や地域を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「周辺」

    解説

  • 61

    プロイセンなど東欧で発展した、おもに輸出用穀物を生産するため、地主貴族が農民の賦役労働を利用して経営した大農場。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グーツヘルシャフト

    解説

  • 62

    グーツヘルシャフトのもとで行われた農奴制。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 再版農奴制

    解説

  • 63

    9.5

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イタリア=ルネサンス(1)

    解説

  • 64

    14~16世紀にかけて、イタリアで始まり、西欧各地に広まった、芸術・思想上の新しい動き。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ルネサンス

    解説

  • 65

    中世キリスト教的な禁欲主義から脱し、人間のありのままの姿を肯定する、ルネサンスの基本的思想。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人文主義(ヒューマニズム)

    解説

  • 66

    イタリア=ルネサンスの最大の中心となった、トスカナ地方の都市共和国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フィレンツェ

    解説

  • 67

    イタリア=ルネサンス最大の庇護者となった、フィレンツェの富豪一族。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メディチ家

    解説

  • 68

    15世紀前半にメディチ家の当主となり、アカデミー(プラトン学園)の開設などでルネサンスの発展に大きな功績を残した人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コジモ=デ=メディチ

    解説

  • 69

    15世紀後半、フィレンツェの最繁栄期に専制君主となる一方、多くの芸術家や人文主義者の庇護者として、ルネサンスの最盛期をもたらした人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロレンツォ=デ=メディチ

    解説

  • 70

    14世紀前半に大叙事詩を著し、イタリア=ルネサンスの先駆者と呼ばれるフィレンツェ人。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ダンテ

    解説

  • 71

    ダンテの著した大叙事詩。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『神曲』

    解説

  • 72

    ダンテの『神曲』は口語で書かれたが、現在のイタリア語に発展したこの口語とは何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トスカナ語

    解説

  • 73

    フィレンツェの詩人・人文主義者で、古代ローマをたたえ、古典の収集・復活に努力した人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ペトラルカ

    解説

  • 74

    『アフリカ』と並ぶ、ペトラルカの代表作。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『叙情詩集』

    解説

  • 75

    人文主義者としてギリシア古典を研究し、初めてホメロスをラテン語に翻訳したことでも有名な人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ボッカチオ

    解説

  • 76

    14世紀半ばの黒死病流行期のフィレンツェを題材とした、ボッカチオの代表作である風刺的短編小説集。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『デカメロン』

    解説

  • 77

    宗教・道徳から切り離し、現実主義的な政治を進める必要性を説いたフィレンツェの外交官。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マキャヴェリ

    解説

  • 78

    イタリア統一のためには「獅子の勇猛と狐の狡知を兼ねた人物こそが必要」と述べた、マキャベリの著作。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『君主論』

    解説

  • 79

    9.6

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イタリア=ルネサンス(2)

    解説

  • 80

    フィレンツェにあるルネサンス式大聖堂の大円蓋を完成させた、初期ルネサンスの建築家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブルネレスキ

    解説

  • 81

    「フィレンツェの誇り」と称される、初期ルネサンス式の代表的な大聖堂。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サンタ=マリア大聖堂

    解説

  • 82

    ローマにあるカトリックの総本山の大聖堂新築に際して、最初の設計者となった建築家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブラマンテ

    解説

  • 83

    16世紀初め、教皇ユリウス2世のときに建設が始められた、カトリックの総本山の大聖堂の名称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サン=ピエトロ大聖堂

    解説

  • 84

    サン=ピエトロ大聖堂のもっとも重要な建築である、ローマ教皇庁の宮殿。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヴァチカン宮殿

    解説

  • 85

    多くの壁画や祭壇画が描かれている、ヴァチカン宮殿内の主要礼拝堂の名称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • システィナ礼拝堂

    解説

  • 86

    ルネサンス様式絵画の先駆者と呼ばれる、フィレンツェ生まれの画家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジョット

    解説

  • 87

    自由な写実を新しく始めた、14世紀後半~15世紀半ばにかけての彫刻家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ギベルティ

    解説

  • 88

    彫刻におけるルネサンス様式を確立した、14世紀後半~15世紀半ばにかけての人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドナテルロ

    解説

  • 89

    メディチ家の保護を受け、女性美を開放的に描いた作品の多い、ルネサンス中期の画家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ボッティチェリ

    解説

  • 90

    「春」とともにボッティチェリの代表作で、海の泡のなかから生まれてくる女神を描いた作品。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「ヴィーナスの誕生」

    解説

  • 91

    「万能の天才」の典型とされ、絵画のほか自然諸科学や技術にもすぐれた人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レオナルド=ダ=ヴィンンチ

    解説

  • 92

    レオナルド=ダ=ヴィンチがミラノの聖堂の壁画として描いた、受難前夜のキリストと十二使徒との夕食の様子を描いた作品。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「最後の晩餐」

    解説

  • 93

    レオナルド=ダ=ヴィンチが描いた、その神秘的なほほえみの美しさで知られる女性像。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「モナ=リザ」

    解説

  • 94

    主にフィレンツェとローマで活躍した、ルネサンスを代表する彫刻家・画家・建築家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミケランジェロ

    解説

  • 95

    自由・独立の精神を青年の裸体を通じて表現した、ミケランジェロがつくった大理石像。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「ダヴィデ」

    解説

  • 96

    『旧約聖書』創世記の物語から構成される、ミケランジェロがシスティナ礼拝堂の天井に描いた大壁画。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「天地創造」

    解説

  • 97

    ミケランジェロが描いた、システィナ礼拝堂正面の大祭壇画。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「最後の審判」

    解説

  • 98

    多くの「聖母子像」で知られる代表的な画家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラファエロ

    解説

  • 99

    9.7

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 西欧諸国のルネサンス

    解説

  • 100

    ネーデルラント出身で、「16世紀最大の人文主義者」といわれる人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エラスムス

    解説

  • 101

    聖職者らの悪徳を痛烈に風刺したエラスムスの作品。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『愚神礼賛』

    解説

  • 102

    14世紀末からフランドル地方を中心に活躍した画家たちとその画風を、何と総称するか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フランドル派

    解説

  • 103

    宗教画と肖像画が多い、油絵の技法を改良したフランドル派の画家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ファン=アイク兄弟

    解説

  • 104

    農民の生き生きとした姿や、自然を写実的に表現した作品を描いた画家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブリューゲル

    解説

  • 105

    深い精神性を感じさせる重く沈んだ画風で多くの版画を残した、ドイツ=ルネサンスの先駆的画家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デューラー

    解説

  • 106

    宗教的題材を描いた、デューラーの代表的作品。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「四使徒」

    解説

  • 107

    ルターと親しく、とくに宗教改革者の肖像画を描いたドイツの画家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クラナハ

    解説

  • 108

    イギリスに渡りヘンリ8世の宮廷画家となり、またエラスムスらの肖像画を描いたドイツの画家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホルバイン

    解説

  • 109

    古典研究をヘブライ語の聖書研究にまで広げた、ドイツの人文主義者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロイヒリン

    解説

  • 110

    レオナルド=ダ=ヴィンチの庇護者となるなど、「フランス=ルネサンスの父」と呼ばれた国王。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フランソワ1世

    解説

  • 111

    本業は医師の、フランス=ルネサンスの代表的作家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラブレー

    解説

  • 112

    架空の巨大な自然児とその子の正直素朴な生き方を描いて、社会的因習を風刺したラブレーの作品。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『ガルガンチュアとパンタグリュエルの物語』

    解説

  • 113

    合理主義と中庸の思想を持ち、ユグノー戦争の調停にも奔走した、フランスの人文主義者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モンテーニュ

    解説

  • 114

    モンテーニュが公私にわたる生活をかえりみて著した作品。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『随想録』

    解説

  • 115

    スペイン社会の矛盾を、ユーモアとペーソスにあふれた作品に表現した作家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セルバンテス

    解説

  • 116

    正義感あふれる時代錯誤の騎士と現実主義者の従者との滑稽な内容を描いた、セルバンテスの風刺作品。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『ドン=キホーテ』

    解説

  • 117

    9.8

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イギリス=ルネサンス・技術と科学精神の発達

    解説

  • 118

    14世紀のイギリス=ルネサンスの先駆的作家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チョーサー

    解説

  • 119

    イギリス版『デカメロン』といわれるチョーサーの作品。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『カンタベリ物語』

    解説

  • 120

    エラスムスの友人で、ヘンリ8世の離婚に反対し、処刑されたイギリスの人文主義者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トマス=モア

    解説

  • 121

    架空の理想社会を描き、当時のイギリスで展開されていた「囲い込み」を批判したトマス=モアの作品。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『ユートピア』

    解説

  • 122

    エリザベス期最大の詩人・劇作家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シェークスピア

    解説

  • 123

    父王を殺されたデンマーク王子の復讐が内容の、シェークスピアの性格悲劇作品。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『ハムレット』

    解説

  • 124

    ユダヤ人高利貸しと商人との争いを描いた、シェークスピアの喜劇作品。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『ヴェニスの商人』

    解説

  • 125

    中国で実用化され、イスラーム世界を経て、13世紀西欧に伝わり、戦法を変化させた技術。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 火薬(火砲)

    解説

  • 126

    火薬を用い、14世紀後半南ドイツで出現し、15世紀後半に実用化された武器。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鉄砲

    解説

  • 127

    中国で実用化され、イスラーム世界を経て西欧に伝わり、大洋航海術を大きく前進させた技術。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 羅針盤

    解説

  • 128

    西欧では1450年ころ活版印刷術が開発されたが、当時のドイツの活版印刷術の創始者は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グーテンベルク

    解説

  • 129

    天体観測に基づいて地動説を説き、『天球回転論』を著したポーランドの聖職者・天文学者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コペルニクス

    解説

  • 130

    汎神論と地動説を主張し、宗教裁判で火刑に処された16世紀のイタリア人学者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジョルダーノ=ブルーノ

    解説

  • 131

    物体落下の法則を発見し、また望遠鏡で木星の衛星を監察して地動説を確信した、ピサ生まれの学者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (ガリレオ=)ガリレイ

    解説

  • 132

    17世紀初め、遊星(惑星)運行の法則を確認し、近代天文学の基礎を築いたドイツの天文学者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ケプラー

    解説

  • 133

    9.9

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドイツの宗教改革

    解説

  • 134

    メディチ家出身で、ドイツ宗教改革の直接の原因を生み出した教皇。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レオ10世

    解説

  • 135

    サン=ピエトロ大聖堂の建築費捻出のため、レオ10世が販売を許可した証明書(符)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 贖宥状(免罪符)

    解説

  • 136

    神聖ローマ帝国が分裂状態にあったため、ローマ教会から搾取されたことを蔑んで呼ばれた言葉。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「ローマの牝牛」

    解説

  • 137

    1517年、贖宥状の販売を批判して、ドイツで宗教改革を開始した人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マルティン=ルター

    解説

  • 138

    マルティン=ルターが神学教授をしていた大学のあった、ドイツ中部の小都市。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヴィッテンベルク

    解説

  • 139

    マルティン=ルターがヴィッテンベルクの教会で、贖宥状の販売を批判して発表した文書。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 九十五カ条の論題

    解説

  • 140

    1521年、マルティン=ルターが呼び出され、自説の撤回を求められた議会名。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヴォルムス帝国議会

    解説

  • 141

    ヴォルムス帝国議会を招集した、ドイツの新皇帝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カール5世

    解説

  • 142

    皇帝から弾圧されたマルティン=ルターをヴァルトブルク城に匿い保護した、反皇帝派の有力諸侯。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ザクセン選帝侯フリードリヒ

    解説

  • 143

    聖書中心主義をとるマルティン=ルターが、保護された城内で完成させたもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『新約聖書』のドイツ語訳

    解説

  • 144

    「人は信仰によってのみ義とされる」という信仰義認説を主張した、マルティン=ルターの著作。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『キリスト者の自由』

    解説

  • 145

    1522年に小領主や騎士が起こした蜂起の呼称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 騎士戦争

    解説

  • 146

    1524~25年、ドイツ南部・中部の農民が、農奴制や領主制の廃止をめざして起こした反乱。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドイツ農民戦争

    解説

  • 147

    信仰を社会改革への要求と結びつけ、貧農の側についてドイツ農民戦争を指導した人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミュンツァー

    解説

  • 148

    ドイツ農民戦争中の1525年に作成された、農民側の統一綱領は何と呼ばれるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 十二カ条要求

    解説

  • 149

    ドイツ農民戦争平定後に始まった、諸候が最高の司教として領内教会の保護支配権を掌握した制度。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 領邦教会制

    解説

  • 150

    1494年から始まった、イタリア支配をめぐる神聖ローマ皇帝とフランス王との戦い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イタリア戦争

    解説

  • 151

    1529年、フランスと同盟関係を結んだオスマン帝国軍が、神聖ローマ帝国の都を包囲した事件。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (第1次)ウィーン包囲

    解説

  • 152

    ウィーン包囲のあと、ルター派公認を取り消した皇帝に対して、ルター派が抗議文を提出したことが語源となって生まれた、新教徒(改革派)を総称する名称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロテスタント

    解説

  • 153

    1530年、ルター派のドイツ諸侯・都市が結成した反皇帝同盟。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シュマルカルデン同盟

    解説

  • 154

    1545年からの公会議開催を契機に、1546~47年に同盟派諸候が皇帝側と戦った事件。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シュマルカルデン戦争

    解説

  • 155

    1555年、ルター派信仰の容認と諸候の新旧両教選択権の承認を取り決めた、帝国議会の決議の呼称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アウクスブルクの宗教和議

    解説

  • 156

    9.10

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スイスの宗教改革

    解説

  • 157

    1523年にスイスで宗教改革を開始したが、保守派との戦いで戦死した人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ツヴィングリ

    解説

  • 158

    ツヴィングリが改革運動を開始した都市。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チューリヒ

    解説

  • 159

    フランスで福音主義をとなえたが迫害され、スイスに亡命して改革運動を行ったフランス人。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カルヴァン

    解説

  • 160

    1536年、カルヴァンがスイスの都市バーゼルで出版した主著。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『キリスト教綱要』

    解説

  • 161

    カルヴァンが『キリスト教要綱』を出版した後まねかれ、神聖政治を行った都市。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジュネーヴ

    解説

  • 162

    カルヴァンが主著で主張した、魂の救済はあらかじめ神によって決められているとする考え。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 予定説

    解説

  • 163

    牧師とこれを補佐する信徒代表による教会運営を、何制度と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 長老制度

    解説

  • 164

    自営農民やジェントリを支持層とする、イングランドのカルヴァン派の呼称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ピューリタン(清教徒)

    解説

  • 165

    ピューリタンの教会組織が語源の、スコットランドのカルヴァン派の呼称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プレスビテリアン(長老派)

    解説

  • 166

    フランスのカルヴァン派の呼称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ユグノー

    解説

  • 167

    ネーデルラントのカルヴァン派の呼称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゴイセン

    解説

  • 168

    新教諸派に共通する、ローマ教皇や聖職者の特権を否定する説と何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 万人祭司主義

    解説

  • 169

    9.11

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イギリス国教会・対抗宗教改革

    解説

  • 170

    国王を国内教会の唯一最高の首長とする、イギリスの国家教会。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イギリス国教会

    解説

  • 171

    1534年に発布され、イギリス国教会制度とローマ教皇からの分離独立を確定した法。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 首長法(国王至上法)

    解説

  • 172

    離婚問題を原因に、首長法を発布したイングランド国王。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヘンリ8世

    解説

  • 173

    1549年に国教会の礼拝儀式とカルヴァン派に近い教義の採用を制定したイングランド国王。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エドワード6世

    解説

  • 174

    エドワード6世が新教としての制度と教義を規定した文書。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一般祈祷書

    解説

  • 175

    スペイン皇太子と結婚した熱心なカトリック教徒で、新教徒を弾圧し、「血のメアリ」と呼ばれたイングランド女王。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メアリ1世

    解説

  • 176

    1558年に即位して宗教的混乱を収拾し、イギリス国教会を確立した女王。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エリザベス1世

    解説

  • 177

    1549年の法を1559年に再び制定し、イギリス国教会の礼拝・祈祷の統一を図った法。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 統一法

    解説

  • 178

    台頭する新教に対抗して行われた、旧教側の自己革新運動。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 対抗(反)宗教改革

    解説

  • 179

    1534年に設立され、教皇に絶対服従を誓い、厳格な組織と規律を持ち、旧教側の先頭にたって対抗運動を展開した新教団。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イエズス会(ジェズイット教団)

    解説

  • 180

    イエズス会設立の中心となり初代総長となった、もとスペインの軍人。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イグナティウス=ロヨラ

    解説

  • 181

    イグナティウス=ロヨラとともにイエズス会を設立し、海外伝道で1549年に日本に来航した、スペイン人の宣教師。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フランシスコ=ザビエル

    解説

  • 182

    1545年から開催された、当初、新旧両派の調停を目的としたが、新教派の出席拒否で旧教側が教皇の至上権とカトリックの教義を再確認した公会議。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トリエント(トレント)公会議

    解説

  • 183

    トリエント公会議を主催し、またイエズス会設立を認可した教皇。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パウルス3世

    解説

  • 184

    とくにスペインで猛威をふるった、異端者を発見・処罰する教会の法廷の呼称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 宗教裁判

    解説

  • 185

    反カトリックとみなされ、その所持や流布を禁じられた書物と著者のリスト。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 禁書目録

    解説

  • 186

    とくに宗教改革期以降に激化した、悪魔に魂を売った者とみなした人々に対して行われた愚行。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 魔女狩り

    解説

  • 187

    宗教改革によって生じた新旧両派の対立を名目して、17世紀中ごろまで西欧各地でおこった戦争。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 宗教戦争

    解説

  • 188

    9.12

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イタリア戦争と主権国家体制

    解説

  • 189

    明確な国境で囲まれた領域と、独立した主権を持つ近代国家を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主権国家

    解説

  • 190

    主権を持つ多くの国家が成立し、それらが互いに並立・競合して国際政治を展開する体制。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主権国家体制

    解説

  • 191

    イタリア戦争を終結させ、ヨーロッパで主権国家体制が成立する契機となった、1559年の講和条約。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カトー=カンブレジ条約

    解説

  • 192

    イタリア戦争で小銃・大砲などの新兵器が使用され始めた、この軍事上の変革を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 軍事革命

    解説

  • 193

    貴族・聖職者などの身分、ギルド・大学などの職能団体、都市や農村などの地域的団体などの社団(中間団体)が大きな特権を認められていた国家を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社団国家

    解説

  • 194

    16~18世紀のヨーロッパで展開された、王権への集中化が進んだ政治体制を、とくに何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 絶対王政(絶対主義)

    解説

  • 195

    王権を、神から直接に授けられたとする思想。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 王権神授説

    解説

  • 196

    絶対王政において、王の手足となって働いた行政職。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 官僚

    解説

  • 197

    絶対王政のもと、傭兵からなり、戦時・平時を問わずに組織された軍隊。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 常備軍

    解説

  • 198

    商業資本が、生産者に原料・道具を前貸しして注文生産を行い、製品を独占的に買い上げた制度の呼称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 問屋(といや)制度

    解説

  • 199

    資本家が工場を建て、労働者を集めて、分業による協業を通して生産を行わせた、資本主義生産様式の初期段階の制度の呼称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マニュファクチュア(工場制手工業)

    解説

  • 200

    もとは中世末期に成立した都市の住民を意味したが、近代になると富裕な商工業などの市民を意味した言葉。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市民階級(ブルジョワジー)

    解説

  • 201

    絶対王政時代に、国家が積極的に経済活動に介入して行った経済政策。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 重商主義

    解説

  • 202

    重商主義の初期段階で、鉱山開発や貴金属の輸出制限などによる貨幣獲得を重視した政策。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 重金主義

    解説

  • 203

    重金主義の次の段階で、貿易黒字の拡大による貨幣獲得を重視した政策。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 貿易差額主義

    解説

  • 204

    9.13

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スペインの全盛期・オランダの独立

    解説

  • 205

    1516年から、婚姻関係によりスペイン王家をも兼ねるようになったのは何家か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハプスブルク家

    解説

  • 206

    ハプスブルク家がネーデルラントに支配を広げ、その結果、孫がスペイン王となるきっかけを作った皇帝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マクシミリアン1世

    解説

  • 207

    1516年に即位したスペイン国王は、のちに神聖ローマ皇帝カール5世として即位した。この国王は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カルロス1世

    解説

  • 208

    16世紀後半、父からスペイン王位を承継し、スペイン絶対王政の最盛期を現出した人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フェリペ2世

    解説

  • 209

    フェリペ2世が1571年、ヴェネツィアなどとの連合でオスマン帝国海軍を破った戦い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レパントの海戦

    解説

  • 210

    1580年にフェリペ2世が併合した、アメリカ大陸やアジアに広大な海外領土を持つ隣国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ポルトガル

    解説

  • 211

    ポルトガル併合の結果、世界最大の植民地帝国を形成したスペインを形容した呼称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「太陽の沈まぬ国」

    解説

  • 212

    中世以来、中継貿易や毛織物生産で繁栄したが、15世紀後半にハプスブルク家領となった地域。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ネーデルラント

    解説

  • 213

    ネーデルラントの新教徒らが中心となって、スペインの圧政に対して1568年から起こした戦争。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オランダ独立戦争

    解説

  • 214

    毛織物工業がさかんで、カトリック教徒が多く、オランダ独立戦争から途中で脱落した地域(州)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 南部10州

    解説

  • 215

    1579年、北部7州が新教の自由獲得までの団結を誓って結成した同盟。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ユトレヒト同盟

    解説

  • 216

    北部7州のなかでもっとも有力で、「オランダ」の語源となった州。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホラント州

    解説

  • 217

    1581年に独立を宣言し、1648年のウェストファリア条約で国際的に独立が承認された国の正式名。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ネーデルラント連邦共和国

    解説

  • 218

    1579年のユトレヒト同盟結成の際の中心的指導者で、独立宣言後に初代オランダ総督に就任した人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オラニエ公ウィレム

    解説

  • 219

    1602年、多くの貿易会社を統合して設立され、おもにアジア貿易を独占した会社。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 東インド会社

    解説

  • 220

    1617年に設立され、1621年に特許権を取得し、大西洋地域での貿易活動にあたった会社。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 西インド会社

    解説

  • 221

    17世紀前半、アントウェルペンに代わって西ヨーロッパ経済の中心となった、オランダの首都。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アムステルダム

    解説

  • 222

    圧倒的な経済力を基礎とし、政治・軍事面でも並ぶものがない強大な力を持った国家を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 覇権国家

    解説

  • 223

    9.14

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イギリスの発展

    解説

  • 224

    テューダー朝時代、地方の名望家として要職について地方行政を担当した地主層。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジェントリ(郷紳)

    解説

  • 225

    地方行政や裁判を担当した無給の名誉職。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 治安判事

    解説

  • 226

    中世後期以来のイギリスの代表的産業。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 毛織物工業

    解説

  • 227

    15世紀末~17世紀半ばに展開された、牧羊のため、領主や地主が開放農地を小作人から取り上げて、生垣や塀で囲んだ動き。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 囲い込み(エンクロージャー)

    解説

  • 228

    1600年、エリザベス1世によって設立され、アジア全域での貿易独占権を与えられた会社。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 東インド会社

    解説

  • 229

    1588年、イギリスが破ったスペイン艦隊は何と呼ばれていたか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無敵艦隊

    解説

  • 230

    スペイン艦隊がイギリス海軍の活躍と暴風で壊滅した戦い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アルマダ海戦

    解説

  • 231

    アルマダ海戦で父子で活躍したイギリス海軍軍人。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホーキンズ

    解説

  • 232

    イギリス人として初の世界周航に成功し、アルマダ海戦でも副司令官として活躍した航海者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドレーク

    解説

  • 233

    エリザベス1世の寵愛を受け、北米植民を行ったが失敗した人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ローリ

    解説

  • 234

    国家から外国船略奪の許可を受けて活動した、民間の武装船の呼称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 私拿捕船(私掠船)

    解説

  • 235

    エリザベス1世が発布した、貧民の救済と浮浪者の取締りを定めた法。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 救貧法

    解説

  • 236

    9.15

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フランスの内乱と絶対王政

    解説

  • 237

    16世紀後半、幼くして国王に即位したが、その治世中に宗教戦争が勃発したフランス国王。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シャルル9世

    解説

  • 238

    幼いシャルル9世の母として政治に介入し、フランスを大混乱に陥れた、メディチ家出身の女性。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カトリーヌ

    解説

  • 239

    1562年から始まった、フランスの宗教戦争。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ユグノー戦争

    解説

  • 240

    1572年、王の妹と新教徒のナヴァル王との結婚を祝ってパリに集まった新教派を大量虐殺した事件。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サンバルテルミの虐殺

    解説

  • 241

    1589年、ヴァロワ朝の断絶でフランス国王に即位し、その後、新教徒からカトリックに改宗した人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アンリ4世

    解説

  • 242

    アンリ4世の即位によって始まった、フランス新王朝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブルボン朝

    解説

  • 243

    1598年、新教徒に旧教徒と同等の市民権と個人に信仰の自由を認め、ユグノー戦争を終結させた王令。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ナントの王令(勅令)

    解説

  • 244

    1610年に即位し、絶対王政を確立したフランス国王。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ルイ13世

    解説

  • 245

    絶対王政確立のため、1614年に招集され、15年に解散さえrて、以後1789年まで招集が停止されたもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三部会

    解説

  • 246

    1624年からフランス宰相となり、大貴族を抑え、ユグノーの政治力をくじき、王権の絶対化に努めた人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リシュリュー

    解説

  • 247

    フランス絶対王政の最盛期を現出した国王。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ルイ14世

    解説

  • 248

    1661年までフランス宰相として幼い国王を助け、中央集権化を進めた人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マザラン

    解説

  • 249

    1648年から53年にかけて、王権の伸張に反対する貴族たちが起こした反乱。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フロンドの乱

    解説

  • 250

    王の勅令を審査する権限を持っており、フロンドの乱の際に貴族たちの拠点となった最高司法機関の名称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高等法院

    解説

  • 251

    9.16

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三十年戦争・ロシアの発展

    解説

  • 252

    17世紀のヨーロッパが、経済活動の停滞、戦争・革命などの社会不安に襲われていたことを示す表現。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「17世紀の危機」

    解説

  • 253

    1618年からドイツを中心として始まった、最後の宗教戦争にして最初の国際戦争となったもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三十年戦争

    解説

  • 254

    三十年戦争は、新国王の新教派抑圧に対して、どこの新教派の起こした反乱から始まったか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベーメン(ボヘミア)反乱

    解説

  • 255

    フランスと同盟して、1630年から新教徒保護を名目として、ドイツに侵入したスウェーデン王。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グスタフ=アドルフ

    解説

  • 256

    皇帝軍に雇われ、デンマーク・スウェーデン軍を撃退した傭兵隊長。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヴァ(ワ)レンシュタイン

    解説

  • 257

    1648年に締結され、ヨーロッパの主権国家体制を確立したといわれる講和条約。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウェストファリア条約

    解説

  • 258

    ウェストファリア条約で独立を国際的に承認された2国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スイス・オランダ

    解説

  • 259

    ウェストファリア条約で、ロレーヌ地方とともにフランスが神聖ローマ帝国から獲得した地域。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アルザス

    解説

  • 260

    ウェストファリア条約で、スウェーデンが神聖ローマ帝国から獲得した、バルト海沿岸のドイツ東北部の地域名。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 西ポンメルン

    解説

  • 261

    ウェストファリア条約により、ドイツの各領邦は完全な主権が認められ、帝国が300以上の領邦に事実上解体したこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神聖ローマ帝国の有名無実化

    解説

  • 262

    16世紀後半、イヴァン4世時代に最盛期を迎えたロシアの国家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モスクワ大公国

    解説

  • 263

    イヴァン4世時代に始まるロシアの専制君主体制は、その称号になぞらえて何と呼ばれるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ツァーリズム

    解説

  • 264

    イヴァン4世に征服された、キプチャク=ハン国の流れをくむ、ヴォルガ川中流域のモンゴル系国家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カザン=ハン国

    解説

  • 265

    南ロシアの辺境地帯に住み、自治的な集団を形成していた、騎馬に長じた戦士集団。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コサック

    解説

  • 266

    16世紀後半、シベリア西部の探検を行い、占領地をイヴァン4世に献上した戦士集団の族長。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イェルマーク

    解説

  • 267

    1613年、貴族らの全国会議でロシア皇帝に選ばれた人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミハイル=ロマノフ

    解説

  • 268

    ミハイル=ロマノフを開祖に成立したロシアの王朝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロマノフ朝

    解説

56931

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ