zuknow learn together

新しい教材を作成

【世界史一問一答】3.東アジア世界の形成と発展【高校範囲完全網羅】

カード 264枚 作成者: hulahoop (作成日: 2014/07/14)

  • 3-1

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

盤石な知識により確実な得点を。少々骨が折れると思いますが、センター、国公立二次にはこのシリーズで完璧です。 必ずあなたの合格の助けとなります。

世界史を得意科目としたい受験生のために作りました。(7/14.東アジア世界の形成と発展作成)

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    3-1

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 魏晋南北朝(1)

    解説

  • 2

    中国史上、220~280年までの分裂時代を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三国時代

    解説

  • 3

    後漢末の混乱期、華北の実権を握り全国統一をめざして、216年に王となった群雄。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 曹操

    解説

  • 4

    208年、曹操が劉備と孫権の連合軍と長江中流域で戦い、敗北した戦い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 赤壁の戦い

    解説

  • 5

    曹操が王となった国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    曹操の子で、後漢の皇帝から禅譲され、魏の初代皇帝となった人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 曹丕(文帝)

    解説

  • 7

    文帝が定めた、魏の首都。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 洛陽

    解説

  • 8

    漢室の子孫を称し、四川地方に国を建てた人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 劉備

    解説

  • 9

    劉備が四川地方に建てた国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    蜀の都。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 成都

    解説

  • 11

    天下三分の計を立て、蜀の建国に貢献した宰相。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 諸葛亮(孔明)

    解説

  • 12

    222年に江南で独立し、国を建てた人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 孫権

    解説

  • 13

    孫権が建てた国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 14

    現在の南京の前身となった、呉の都。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 建業

    解説

  • 15

    魏の武将で、禅譲されて265年に皇帝となり、280年に呉を滅ぼして中国をいったん統一した人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 司馬炎

    解説

  • 16

    司馬炎が洛陽を都に建てた国(王朝)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 晋(西晋)

    解説

  • 17

    司馬炎の死後、290年から晋で始まった一族諸王による内乱。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 八王の乱

    解説

  • 18

    八王の乱の際の諸王による兵力利用を機に華北に侵入した、五つの異民族の総称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 五胡

    解説

  • 19

    五胡の一つで、山西に居住した、匈奴の別派。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 羯(けつ)

    解説

  • 20

    五胡の一つで、モンゴル系またはトルコ系といわれる遊牧民。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鮮卑

    解説

  • 21

    五胡の一つで、のちに前秦を建てたチベット系民族。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 氐(てい)

    解説

  • 22

    五胡の一つで、青海地方に居住したチベット系民族。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 羌(きょう)

    解説

  • 23

    匈奴が中心となって起こし、西晋を滅ぼした兵乱。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 永嘉の乱

    解説

  • 24

    3-2

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 魏晋南北朝(2)

    解説

  • 25

    西晋滅亡後、江南に逃れ東晋を建てた人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 司馬睿(しばえい)

    解説

  • 26

    東晋は建業を何と改称して都としたか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 建康

    解説

  • 27

    五胡の侵入から439年の鮮卑による統一まで、華北で諸国が興亡を繰り返した時代の総称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 五胡十六国

    解説

  • 28

    439~589年までの、華北と江南に統一王朝が併存した時代の呼称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 南北朝時代

    解説

  • 29

    東晋の武将劉裕が建てた、南朝最初の王朝名。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 30

    南朝の2番目の王朝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 31

    南朝文化の最盛期を現出した3番目の王朝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 32

    隋に滅ぼされた、南朝最後の王朝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 33

    鮮卑が建て、439年に華北を統一した国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北魏

    解説

  • 34

    北魏を建てた鮮卑の部族名。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 拓跋氏(たくばつし)

    解説

  • 35

    北魏が建国されてから5世紀末までの首都。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平城

    解説

  • 36

    北魏が439年に華北を統一したときの皇帝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 太武帝

    解説

  • 37

    5世紀後半に漢化政策を実施した、北魏の第6代皇帝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 孝文帝

    解説

  • 38

    孝文帝のときに遷都された、北魏の新首都。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 洛陽

    解説

  • 39

    北魏の分裂後、府兵制を開始したことで知られる、長安を都とした国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 西魏

    解説

  • 40

    東魏からの禅譲で成立した国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北斉

    解説

  • 41

    西魏からの禅譲で成立した国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北周

    解説

  • 42

    3-3

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 魏晋南北朝の社会・文化

    解説

  • 43

    三国の魏の文帝(曹丕)が始めた、地方に役人を派遣し、中央に人材を推薦させた官吏登用制度。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 九品中正(九品官人法)

    解説

  • 44

    九品中正における、中央から任命された役人の呼称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中正官

    解説

  • 45

    九品中正により、上級官僚を世襲的に独占するようになった豪族は、何と呼ばれる階層を形成したか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 門閥貴族

    解説

  • 46

    九品中正によって、豪族が上級官僚を独占する状況を批判したフレーズ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「上品に寒門なく、下品に勢族なし」

    解説

  • 47

    魏の曹操が国家財政確立のため、荒廃地を国有化して流民や一般農民に耕作させた制度。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 屯田制

    解説

  • 48

    西晋の武帝が国家財政確立のため、土地所有を制限する一方、農民に官有地を割り当てた制度。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 占田・課田法

    解説

  • 49

    北魏の孝文帝が国家財政確立のため、丁男・妻・奴婢・耕牛に土地を授給・回収した制度。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 均田制

    解説

  • 50

    北魏の孝文帝が制定した、村落統治制。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三長制

    解説

  • 51

    東晋の成立後、移住などで開発の進んだ地域。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 江南

    解説

  • 52

    三国の呉から東晋・南朝までの時期、建業・建康を都とした江南の王朝の文化の総称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 六朝文化

    解説

  • 53

    魏・晋時代に流行した、老荘思想に基づき、世俗を超越した表現で行われた哲学的論議。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 清談

    解説

  • 54

    清談を行った、阮籍らに代表される7人の総称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「竹林の七賢」

    解説

  • 55

    南朝とくに斉・梁で流行した、4字句と6字句の対句と韻をふむ華麗な形式の文体。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 四六駢儷体

    解説

  • 56

    「桃花源記」で知られる、東晋の田園詩人。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 陶潜(陶淵明)

    解説

  • 57

    「山居賦」などを残した、南朝宋の田園詩人。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 謝霊運

    解説

  • 58

    南朝梁の武帝の長子で、詩文に優れていた人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 照明太子

    解説

  • 59

    照明太子が編纂した、全30巻からなる詩文集。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『文選(もんぜん)』

    解説

  • 60

    「画聖」と称される、東晋の画家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顧愷之(こがいし)

    解説

  • 61

    女官へのいましめを書いた作品を題材として、顧愷之が描いた作品。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「女史箴図」

    解説

  • 62

    「書聖」と称され、「蘭亭序」で名高い書家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 王羲之

    解説

  • 63

    北魏の酈道元が著した地理書。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『水経注』

    解説

  • 64

    北魏時代の農法を著した、中国最古の農業書。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『斉民要術』

    解説

  • 65

    3-4

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仏教と道教

    解説

  • 66

    4世紀初め洛陽に来て仏教を広めた、西域の亀茲(クチャ)出身の僧。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仏図澄[ぶっとちょう](ブトチンガ)

    解説

  • 67

    5世紀初め長安に来て仏典の漢訳と教理の中国定着に大きく貢献した、父がインド人で亀茲出身の僧。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鳩摩羅什[くまらじゅう](クマーラジーヴァ)

    解説

  • 68

    4世紀末、念仏修行の白蓮社を結成し、浄土宗の始祖となった東晋の僧。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 慧遠(えおん)

    解説

  • 69

    仏典収集のため、4世紀末に長安から陸路インドへ向かい、海路で帰国した東晋の僧。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法顕(ほっけん)

    解説

  • 70

    法顕が著したインド旅行記。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『仏国記』

    解説

  • 71

    4~14世紀にかけて莫高窟などの石窟寺院が造営された、甘粛省西端のオアシス都市。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 敦煌

    解説

  • 72

    北魏前半の都である平城の西に位置し、石窟寺院が造営された場所。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 雲崗(うんこう)

    解説

  • 73

    北魏の遷都後から石窟寺院の造営が開始された、洛陽南方の地。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 竜門

    解説

  • 74

    秦・漢時代から始まり、魏・晋時代にもっとも盛んになった、仙人と長生不死の観念が結合した思想。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神仙思想

    解説

  • 75

    魏晋南北朝時代に流行した、無為自然を理想の生き方とする思想。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 老荘思想

    解説

  • 76

    後漢末の太平道や五斗米道を源流とし、北魏時代に教団組織を確立した中国固有の宗教。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 道教

    解説

  • 77

    北魏の太武帝に重用され、五斗米道(天師道)を改革して新天師道を確立した人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 寇謙之

    解説

  • 78

    3-5

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 朝鮮半島と日本

    解説

  • 79

    ツングース系貊族の一派が、前1世紀ころ中国東北部に建て、その後朝鮮半島北部に進出した国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高句麗

    解説

  • 80

    4世紀末~5世紀初め、朝鮮半島南部に進出し、倭とも戦い破ったとされる、高句麗の王。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 広開土王(好太王)

    解説

  • 81

    漢の武帝が設置した4郡の中心的存在だが、313年に高句麗に滅ぼされた郡。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 楽浪郡

    解説

  • 82

    後漢末に、楽浪郡の南部を割いて設置された郡。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 帯方郡

    解説

  • 83

    朝鮮半島南半部にいた民族の総称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 韓族

    解説

  • 84

    三韓の一つで、半島南西部に分立していた国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 馬韓

    解説

  • 85

    三韓の一つで、半島南東部に分立していた国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 辰韓

    解説

  • 86

    三韓の一つで、日本が進出したともいわれる国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 弁韓

    解説

  • 87

    4世紀半ば、半島南西部に分立していた三韓の国を統一して成立した国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 百済

    解説

  • 88

    4世紀半ば、半島南東部に分立していた三韓の国を統一して成立した国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新羅

    解説

  • 89

    日本が進出したともいわれる三韓の国の地域で、4世紀後半から成立した小国家連合の名称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 加羅(任那)

    解説

  • 90

    3世紀の日本に関する記述が残されている、『三国志』の一部分の俗称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『魏志倭人伝』

    解説

  • 91

    『魏志倭人伝』に記述されている、倭の国の名前。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 邪馬台国

    解説

  • 92

    『魏志倭人伝』に記述されている、邪馬台国の女王の名。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 卑弥呼

    解説

  • 93

    卑弥呼に魏の皇帝が授けたとされる称号。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 親魏倭王

    解説

  • 94

    4世紀ころに成立した日本の古代政権。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヤマト政権

    解説

  • 95

    中国南朝の『宋書』にみえる、朝貢した日本の5人の王の総称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 倭の五王

    解説

  • 96

    4世紀末~5世紀初めの日本(倭)と朝鮮半島との国際関係が記されている、高句麗側の碑文。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 広開土王碑(好太王碑)

    解説

  • 97

    3-6

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 隋の中国再統一

    解説

  • 98

    589年に、南朝の陳を滅ぼして中国を再統一した王朝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 99

    北周の外戚だが、禅譲により隋の初代皇帝(文帝)として即位した人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 楊堅

    解説

  • 100

    楊堅(文帝)が建設した隋の都。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大興城

    解説

  • 101

    貴族の高級官僚独占を防ぎ中央集権化を目指す目的で文帝が開始した、学科試験による官吏登用制度。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 科挙(選挙)

    解説

  • 102

    文帝が継承した、北魏に始まる土地制度。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 均田制

    解説

  • 103

    均田制に基づいて隋で実施された税制。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 租庸調制

    解説

  • 104

    文帝が整備した、西魏に始まる兵制。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 府兵制

    解説

  • 105

    隋の時代、モンゴル高原を支配していた遊牧民国家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 突厥

    解説

  • 106

    父の文帝を殺して即位した、隋の第2代皇帝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 煬帝

    解説

  • 107

    煬帝の時代に完成し、その後も南北をつなぐ経済の大動脈となった交通網。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大運河

    解説

  • 108

    煬帝が強行したが、3回とも失敗した外征。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高句麗遠征

    解説

  • 109

    3-7

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 唐の繁栄(1)

    解説

  • 110

    618年に建国し、前王朝に続いて中国を統一した王朝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 111

    唐の都。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 長安

    解説

  • 112

    唐の建国者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 李淵(高祖)

    解説

  • 113

    唐の第2代皇帝(太宗)となり、中国統一を完成した人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 李世民

    解説

  • 114

    太宗の時代、唐に服従した遊牧民国家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 東突厥

    解説

  • 115

    太宗の治世の繁栄をたたえる言葉。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「貞観の治」

    解説

  • 116

    周辺国家を服従させ、唐の最大領域を実現した第3代皇帝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高宗

    解説

  • 117

    高宗の時代に唐に服従した、西方の遊牧民国家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 西突厥

    解説

  • 118

    唐の中央政府の最高機関。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三省

    解説

  • 119

    三省のうちで、詔勅の立案起草を担当した機関。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中書省

    解説

  • 120

    三省のうちで、立案された詔勅や奏文の審議を担当した機関。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 門下省

    解説

  • 121

    三省のうちで、成立した詔勅を執行する行政機関。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 尚書省

    解説

  • 122

    行政機関のもとに置かれた六つの分掌を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 六部

    解説

  • 123

    六部のうち、官吏の人事を担当した分掌。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 吏部

    解説

  • 124

    六部のうち、戸籍・財務を担当した分掌。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 戸部

    解説

  • 125

    六部のうち、教育・祭祀・科挙を担当した分掌。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 礼部

    解説

  • 126

    六部のうち、軍事を担当した分掌。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 兵部

    解説

  • 127

    六部のうち、司法を担当した分掌。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 刑部

    解説

  • 128

    六部のうち、土木事務を担当した分掌。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 工部

    解説

  • 129

    3-8

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 唐の繁栄(2)

    解説

  • 130

    隋で始まり、唐で確立された地方行政区画制度。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 州県制

    解説

  • 131

    唐で確立された、中国の法体系の名称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 律・令・格・式

    解説

  • 132

    唐で確立された中国の法体系において、刑法典の名称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 133

    唐で確立された中国の法体系において、行政法ないし民法典の名称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 134

    科挙によらず、高級官僚の子弟が家柄の官位に従って任官できる制度。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蔭位の制

    解説

  • 135

    唐の均田制で丁男・中男に80畝が支給され、返還を義務付けられた田地の呼称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 口分田

    解説

  • 136

    唐の均田制で丁男・中男に20畝が支給され、世襲を認められた田地の呼称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 永業田

    解説

  • 137

    官位に応じて高級官僚に与えられ、世襲・売買が認められた田地の呼称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 官人永業田

    解説

  • 138

    唐代の労役のうち、地方官庁から課された年間40日の土木事業や臨時の労役。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 雑徭

    解説

  • 139

    府兵制を採用した唐が、各地の設け、府兵の徴集・訓練・動員の任にあたった軍営の名称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 折衝府

    解説

  • 140

    唐が周辺諸民族の統治のため、六つ設置した機関名。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 都護府

    解説

  • 141

    唐が高句麗征服の後、平壌付近に設置した機関名。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 安東都護府

    解説

  • 142

    唐がベトナム北部に設置した機関名。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 安南都護府

    解説

  • 143

    唐が外モンゴルに設置した機関名。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 安北都護府

    解説

  • 144

    唐がな内モンゴルに設置した機関名。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 単于都護府

    解説

  • 145

    初め高昌、のち亀茲に設置された機関名。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 安西都護府

    解説

  • 146

    ジュンガリア方面統治のために置かれた機関名。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北庭都護府

    解説

  • 147

    中央から役人を派遣し、そのもとで在地の族長を任命して、周辺民族を間接統治した政策。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 羈縻(きび)政策

    解説

  • 148

    3-9

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 唐の混乱と衰退

    解説

  • 149

    7世紀末、高宗の病に乗じて、中国史上で唯一の女帝となった皇后。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 則天武后

    解説

  • 150

    則天武后の即位で成立した国号。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 151

    8世紀初め、中宗を毒殺して女帝になろうとした皇后。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 韋后

    解説

  • 152

    則天武后と韋后の2人の皇后によって生じた政治的混乱の呼称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 武韋の禍

    解説

  • 153

    武韋の禍と呼ばれる政治的混乱を収め、712年に即位した、唐の第6代皇帝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 玄宗

    解説

  • 154

    玄宗の治世の前半の唐の繁栄を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「開元の治」

    解説

  • 155

    均田制の崩壊に伴い、749年に全面的に廃止された府兵制に代わった兵制。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 募兵制

    解説

  • 156

    第6代皇帝の治世下、周辺異民族に備えて辺境に10設置された募兵軍団の指揮官。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 節度使

    解説

  • 157

    玄宗の晩年の愛妃。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 楊貴妃

    解説

  • 158

    ソグド系の出身で3節度使を兼ね、河北の実権を握り、755年に反乱を起こした人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 安禄山

    解説

  • 159

    安禄山の部下で反乱に加わり、大燕皇帝を名乗ったソグド系の人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 史思明

    解説

  • 160

    755~763年まで続いた、安禄山、史思明らによる反乱。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 安史の乱

    解説

  • 161

    安史の乱の鎮圧に際して唐を援助した、モンゴル高原を支配していたトルコ系遊牧騎馬民族。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウイグル

    解説

  • 162

    安史の乱に乗じて、一時長安を攻略したチベット高原の国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 吐蕃

    解説

  • 163

    安史の乱の後、国内各地に置かれた節度使が中央政府から自立するようになると、何と呼ばれるようになったか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 藩鎮

    解説

  • 164

    徳宗時代の780年、租庸調制に代わって実施された、夏秋2回、現住地で銭納させる新税制。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 両税法

    解説

  • 165

    両税法を献策・推進した宰相。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 楊炎

    解説

  • 166

    均田制の崩壊後に発達した、小作人の佃戸を耕作者とした、貴族らによる大土地所有。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 荘園

    解説

  • 167

    唐滅亡の契機となった、875年からの農民反乱。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黄巣の乱

    解説

  • 168

    最初に挙兵した山東の塩密売商人。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 王仙芝

    解説

  • 169

    王仙芝に呼応して挙兵し、長安を占領して皇帝を称した、山東の塩密売商人。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黄巣

    解説

  • 170

    黄巣の乱において初め反乱軍に加わったが、唐に降伏して反乱鎮圧に活躍し、907年に唐を滅ぼした武将。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 朱全忠

    解説

  • 171

    3-10

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 唐の社会と文化(1)

    解説

  • 172

    唐代、城郭内の一区画に設けられた、商業・交易のための地域。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 173

    遠隔地交易の発達に伴って生まれた、唐代後半の送金手形制度。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飛銭

    解説

  • 174

    玄宗時代、広州に初めて設置された、海上貿易管理機関の名称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市舶司

    解説

  • 175

    海上貿易で活躍したイスラーム商人は何人か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アラブ人

    解説

  • 176

    広州とならんで、イスラーム商人が来航し彼らの居留地が置かれた、大運河沿いの江蘇省の港市。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 揚州

    解説

  • 177

    陸路貿易で活躍したイラン系民族は何人か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソグド人

    解説

  • 178

    「詩中に画あり、画中に詩あり」と評され、「南宗画の祖」とも呼ばれる盛唐の詩人。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 王維

    解説

  • 179

    安史の乱のとき反乱軍と間違われて一時流罪となったこともある、「詩仙」と称された盛唐の詩人。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 李白

    解説

  • 180

    「春望」など社会の現実うたった作品が多く、のちに「詩聖」と称された盛唐の詩人。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 杜甫

    解説

  • 181

    玄宗と楊貴妃の悲恋をうたった「長恨歌」などで有名な、中唐の詩人。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 白居易(白楽天)

    解説

  • 182

    唐宋八大家の一人で、文章家としては古文の復興を、学者としては儒学の復興を主張した人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 韓愈

    解説

  • 183

    唐宋八大家の一人で、韓愈とともに古文の復興をとなえた中唐の文章家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 柳宗元

    解説

  • 184

    人物画に秀でた、初唐の画家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 閻立本

    解説

  • 185

    玄宗に仕え、線の太さで量感や立体感を表す新技術を生み出した、盛唐の画家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 呉道玄

    解説

  • 186

    皇族出身で玄宗に仕え、山水画に秀でた盛唐の画家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 李思訓

    解説

  • 187

    唐初三大書家の一人で、楷書に秀でた書家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 欧陽詢

    解説

  • 188

    唐初三大書家の一人で、太宗・高宗に仕え、楷書に秀でた書家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 褚遂良(ちょすいりょう)

    解説

  • 189

    楷書・草書に力強い書風を開くいっぽう、安史の乱の際に義勇軍を率いて抗戦した、盛唐の書家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顔真卿(がんしんけい)

    解説

  • 190

    3-11

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 唐の社会と文化(2)

    解説

  • 191

    副葬品に多く使用された、緑・褐色・白などの彩色をほどこした唐代の唐器の名称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 唐三彩

    解説

  • 192

    太宗の勅令で『隋書』や五経の注釈書を編纂した儒学者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 孔穎達

    解説

  • 193

    孔穎達らが編纂した、五経の統一的な注釈書。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『五経正義』

    解説

  • 194

    隋の智顗を開祖とし、法華経を重んじ、日本へは最澄が伝えた仏教の一派。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 天台宗

    解説

  • 195

    唐中期にインドから伝来し、密教とも呼ばれ、日本へは空海が伝えた仏教の一派。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 真言宗

    解説

  • 196

    北魏に来朝したインド僧達磨が開祖で、坐禅と瞑想による実践を重視した仏教の一派。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 禅宗

    解説

  • 197

    東晋の慧遠が開祖で、阿弥陀浄土信仰を説く仏教の一派。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 浄土宗

    解説

  • 198

    唐初、往復とも陸路でインドに赴いた僧。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 玄奘

    解説

  • 199

    弟子が編集して完成した、玄奘の旅行記。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『大唐西域記』

    解説

  • 200

    7世紀後半、往復とも海路でインドに赴いた僧。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 義浄

    解説

  • 201

    義浄がシュリーヴィジャヤで記述した旅行記。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『南海寄帰内法伝』

    解説

  • 202

    北魏のころ伝わった、ゾロアスター教の中国名。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 祆教

    解説

  • 203

    ネストリウス派キリスト教の中国名。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 景教

    解説

  • 204

    ネストリウス派キリスト教の流行をたたえて、大秦寺に建立された碑。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大秦景教流行中国碑

    解説

  • 205

    イスラーム教の中国名。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 回教

    解説

  • 206

    3-12

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 東アジア文化圏の国ぐに

    解説

  • 207

    7世紀にラサを都に成立したチベットの王国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 吐蕃

    解説

  • 208

    吐蕃の首都ラサに建設された宮殿。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ポタラ宮殿

    解説

  • 209

    吐蕃の建国者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソンツェン=ガンポ

    解説

  • 210

    ラマ教とも呼ばれる、チベット固有の仏教。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チベット仏教

    解説

  • 211

    雲南地方に10世紀初めまで存続した、チベット=ビルマ系の人が建てた国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 南詔

    解説

  • 212

    唐と結んで百済・高句麗を滅ぼしたのち、676年に朝鮮半島を統一した国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新羅

    解説

  • 213

    新羅の首都。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 慶州(金城)

    解説

  • 214

    新羅の首都慶州の東南に残る、代表的な仏教寺院の名称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仏国寺

    解説

  • 215

    新羅の特権的な氏族的身分制。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 骨品制

    解説

  • 216

    7世紀末、中国東北地方の東部を中心に靺鞨人と高句麗の遺民によって建てられた国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 渤海国

    解説

  • 217

    靺鞨人で、渤海国の建国者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大祚榮

    解説

  • 218

    渤海国の首都。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上京竜泉府

    解説

  • 219

    聖徳太子によって小野妹子らが派遣された使節。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遣隋使

    解説

  • 220

    645年、中大兄皇子らが蘇我氏を打倒し、中央集権的な律令国家体制の確立をめざした政治改革。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大化の改新

    解説

  • 221

    百済滅亡後、救援のため出兵した日本水軍が、唐と新羅の水軍に大敗した戦い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 白村江の戦い

    解説

  • 222

    唐の長安をモデルとした、奈良の都の呼び名。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平城京

    解説

  • 223

    唐や大陸各地の文化の影響を受けた、国際色豊かな奈良時代の文化の名称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 天平文化

    解説

  • 224

    3-13

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 五代の分裂時代

    解説

  • 225

    907年の唐滅亡から960年まで、華北で5つの短命な王朝が興亡を繰り返した状態の呼称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 五代

    解説

  • 226

    五代の五王朝のうち汴州(開封)を都に建国された、最初の王朝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 後梁

    解説

  • 227

    唐を滅ぼした、後梁の初代皇帝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 朱全忠

    解説

  • 228

    五代の五王朝のうち、洛陽を都とした2番目の王朝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 後唐

    解説

  • 229

    契丹の援助を受け、開封を都に建国した、五代の3番目の王朝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 後晋

    解説

  • 230

    五代の五王朝のうち、開封を都とした4番目の王朝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 後漢

    解説

  • 231

    五代の五王朝のうち、開封を都とした最後の王朝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 後周

    解説

  • 232

    907年から979年の宋による中国統一までの、華北と江南・華南で興亡した諸国の総称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 五代十国

    解説

  • 233

    3-14

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 宋の統治(1)

    解説

  • 234

    後周の節度使が960年に建てた王朝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 235

    宋の建国者(太祖)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 趙匡胤(ちょうきょういん)

    解説

  • 236

    宋の都となった、大運河と黄河との合流点に位置する都市。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 開封

    解説

  • 237

    開封のにぎわう様子を描いた、張択端の作となる絵巻物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「清明上河図」

    解説

  • 238

    979年に中国統一を完成した、宋の第2代皇帝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 太宗

    解説

  • 239

    君主独裁制を確立するため、宋が採用した、文人官僚を重用した統治政策。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 文治主義

    解説

  • 240

    太祖のときに科挙制が完成されたが、科挙の最終試験として設けられたもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 殿試

    解説

  • 241

    宋が文治主義を採用して以降形成された、儒教的教養を持つ社会的支配層を指す名称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 士大夫

    解説

  • 242

    本来は皇帝の衛兵を指すが、宋では正規の国軍を意味した軍隊。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 禁軍

    解説

  • 243

    1044年に結ばれた、宋と西夏との講和条約の名称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 慶暦の和約

    解説

  • 244

    11世紀後半、財政破綻を克服するための改革をめざした宋の第6代の皇帝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神宗

    解説

  • 245

    神宗に登用され、宰相として改革を実施した、政治家にして唐宋八大家の一人でもある人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 王安石

    解説

  • 246

    王安石が断行した富国強兵の諸政策。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新法

    解説

  • 247

    新法のうち、小農民救済のため、穀物や資金を低利で貸し付けた法。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 青苗法

    解説

  • 248

    新法のうち、中小商人の保護を目的とした法。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市易法

    解説

  • 249

    新法のうち、各地の特産物を政府が買い上げ、不足地に転売するための法。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 均輸法

    解説

  • 250

    新法のうち、免役銭を徴収し、これを財源に労役を望む者を募集するための法。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 募役法

    解説

  • 251

    新法のうち、農閑期に軍事訓練を行い、民兵の養成をはかる法。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保甲法

    解説

  • 252

    新法のうち、農民に馬を貸与し、戦時に軍馬として徴発した法。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保馬法

    解説

  • 253

    3-15

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 宋の統治(2)

    解説

  • 254

    王安石の改革を支持した官僚グループの名称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新法党

    解説

  • 255

    王安石の改革に反対した、保守的な官僚グループの名称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 旧法党

    解説

  • 256

    旧法党の中心的人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 司馬光

    解説

  • 257

    遼を滅ぼした金が、宋の違約を理由に開封を占領し、1127年に宋(北宋)を滅ぼした事件。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 靖康の変

    解説

  • 258

    靖康の変のときに北に連れ去られた、「風流天子」と呼ばれた北宋の前皇帝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 徽宗

    解説

  • 259

    靖康の変のときに北に連れ去られた、北宋の皇帝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 欽宗

    解説

  • 260

    宋の滅亡時、江南に逃れて宋を再建した皇帝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高宗

    解説

  • 261

    再建された宋(南宋)の都。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 臨安(杭州)

    解説

  • 262

    金への抗戦をとなえた、南宋の主戦派の武将。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 岳飛

    解説

  • 263

    金との和平をとなえた、南宋の中心的政治家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 秦檜

    解説

  • 264

    金と南宋の国境線となった川。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 淮河(淮水)

    解説

56883

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ