zuknow learn together

新しい教材を作成

憲法 第3章 基本的人権各論-03

カード 6枚 作成者: マコチン (作成日: 2014/07/11)

  • 小売商業調整特別措置法の規定は,立法府がその裁量権を逸脱し,当該法的規制措置が著しく不合理であることが明白な場合に限り,違憲となる。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

司法書士

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    小売商業調整特別措置法の規定は,立法府がその裁量権を逸脱し,当該法的規制措置が著しく不合理であることが明白な場合に限り,違憲となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 小売市場の許可規制は,積極目的規制であるため,立法府がその裁量権を逸脱し,当該法的規制措置が著しく不合理であることが明白な場合に限って違憲となる(最大判昭47.11.22)。

    解説

  • 2

    薬局の新たな開設について,主として国民の生命及び健康に対する危険の防止という目的のために,地域的な適正配置基準を満たすことを許可条件としたとしても,憲法に違反しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 薬局の開設に適正配置を要求する旧薬事法6条2項,4項は憲法22条1項に違反し,無効である(最大判昭50.4.30)。

    解説

  • 3

    憲法22条2項は,国籍離脱の自由を認めているが,外国の国籍を自らの意思で取得したという理由だけで日本の国籍を失わせることは,憲法上許されない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 外国の国籍を自らの意思で取得したという理由だけで日本の国籍を失わせることは,憲法上許される(国籍法11条1項参照)。

    解説

  • 4

    憲法29条1項による財産権の保障には,個人の現に有する具体的な財産上の権利の保障と,個人が財産権を享有し得る法制度,すなわち私有財産制の保障の二つの側面がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 最大判昭62.4.22。

    解説

  • 5

    ため池の破損,決壊の原因となる堤とうの使用行為は,憲法,民法の保障する財産権の行使の埒外にあり,そのような行為は条例によって禁止,処罰することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 最大判昭38.6.26。

    解説

  • 6

    財産権を制限する法律が,損失補償が必要であるにもかかわらず,損失補償を認める規定を欠いている場合,その法律自体は憲法29条3項違反で無効となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 憲法29条3項に基づき損失補償を請求することができるので,その法律自体は同条3項違反を理由として無効とならない(最大判昭43.11.27)。

    解説

56953

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ