zuknow learn together

新しい教材を作成

医薬品別のプロドラッグの目的

カード 23枚 作成者: satono:P (作成日: 2014/07/10)

  • タランピシリン
    バカンピシリン
    レナンピシリン

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    タランピシリン バカンピシリン レナンピシリン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アンピシリン (βラクタム系抗生物質) エステル化による消化管吸収性の改善

    解説

  • 2

    セフォチアムヘキセチル セフロキシムアキセチル セフボドキシムプロキセチル セフカペンビボキシル セフジトレンピボキシル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セフォチアム (セフェム系) 脂溶性増大による消化管吸収性の改善

    解説

  • 3

    エナラプリル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジアジド体(エナラプリラト) 脂溶性増大による消化管吸収性の改善 ※カプトプリルはプロドラッグではない

    解説

  • 4

    塩酸フルスルチアミン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チアミン (ビタミンB1製剤) 脂溶性増大による消化管吸収性の改善 細胞内で非酵素的に還元

    解説

  • 5

    クロラムフェニコール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ? 疎水性基を導入した難溶性プロドラッグ 難溶度を低下させ、苦味を軽減

    解説

  • 6

    オセタルタミビルリン酸塩 (タミフル)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Ro64-0802 極性低下による腸からの吸収性の改善 カルボキシル基をエチルエステル化して、極性低下

    解説

  • 7

    ラニナミビルオクタン酸エステル水和物 (イナビル)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラニナミビル 脂溶性増大による消化管吸収性の改善 上気道に付着し、加水分解により活性 ※ザナミビル(リレンザ)はプロドラッグでない

    解説

  • 8

    シンバスタチン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • β-ヒドロキシシンバスタチン (脂質異常症治療薬) ラクトン体による腸からの吸収改善 ※ラクトン開環体は脂溶性が低い

    解説

  • 9

    バラシクロビル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アシクロビル (抗ウイルス作用) アミノ酸トランスポーターによる吸収性改善

    解説

  • 10

    インドメタシンファネシル アセメタシン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インドメタシン COX阻害による鎮痛・抗炎症作用 胃腸障害を防ぐことを目的とした

    解説

  • 11

    アンピロキシカム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ピロキシカム 胃腸障害を防ぐことを目的とした

    解説

  • 12

    ロキソプロフェン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Trans-OH型(ロキソニン) 解熱鎮痛剤 胃腸障害(体の中へ吸収される前)を防ぐことを目的とした

    解説

  • 13

    エリスロマイシンエチルコハク酸エステル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エリスロマイシン 水溶性低下による胃腸障害を防ぐ ※クラリスロマイシンはエリスロマイシンのOHをOCH3に変えただけでプロドラッグではない

    解説

  • 14

    シタラビンオクホスファート エノシタビン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シタラビン(Ara-C) 分解酵素に対する安定性の改善 肝臓に到達した後シタラビンに変化

    解説

  • 15

    テストステロンエンナント酸エステル テストステロンプロピオン酸エステル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テストステロン 脂溶性増大による作用の持続化 デポ製:油性の溶液または懸濁液として、筋肉中に注射する。

    解説

  • 16

    リボフラビンリン酸エステルNa デキサメタゾンリン酸エステルNa クロラムフェニコールコハク酸エステル ヒドロコルチゾンコハク酸エステルNa

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水溶性を高めて、溶解性改善

    解説

  • 17

    プレドニゾロンファルネシル酸エステル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プレドニゾロン 疎水性をあげることで炎症部位への取り込み増加による、局所作用を高めるため

    解説

  • 18

    ドカルパミン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドパミン(活性体) 初回通過効果の回避

    解説

  • 19

    CPT-11(イリノテカン)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 活性代謝物・難溶性 作用の持続化のため

    解説

  • 20

    レボドパ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドパミン(活性体) 血液脳関門の輸送体を介した吸収改善

    解説

  • 21

    ①ドキシフルリジン ②カルモフール ③テガフール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5-FU(活性体) ①腫瘍組織内でピリミジンヌクレオチドホスフォリラーゼにより活性 ②肝臓の代謝酵素により活性 ③加水分解により活性

    解説

  • 22

    アシクロビル ジドプジン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アシクロビル三リン酸 ジドプジン三リン酸(活性体) ウイルス感染部位でウイルス性チミジンキナーゼにより活性

    解説

  • 23

    サラゾスルファピリジン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5-アミノサリチル酸(活性体) 腸内細菌のアゾ還元酵素による変換により活性

    解説

56637

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ