zuknow learn together

新しい教材を作成

22アメリカ

カード 45枚 作成者: centifolia (作成日: 2014/07/07)

  • <概要>

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ソムリエ・ワインアドバイザー・ワインエキスパート呼称資格認定試験対策  (不完全箇所等順次更新します。)。 アカデミー・デュ・ヴァンの講座に準拠しています。

<カードの音声ファイル>
リンク先に用意しています。ご活用ください。(順次作成予定)
http://goo.gl/zdwzyu

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    <概要>

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ワイン生産量は世界第4位。栽培面積、40.3万ヘクタール。年間生産量、2196万ヘクトリットル。いずれもフランスの半分くらい。

    解説

  • 2

    <州別生産順位>

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1位 カリフォルニア州、全体の90%。 2位 ワシントン州 3位 ニューヨーク州 4位 オレゴン州。

    解説

  • 3

    <歴史>1769年

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ローマカトリック教会のフランシスコ修道会がミサ用にワインを作り始めた。 品種はミッション種。良質ではない。

    解説

  • 4

    <歴史>1848年

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メキシコ戦争に勝利。カリフォルニアがアメリカに。

    解説

  • 5

    <歴史>1849年

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1849年から、ゴールドラッシュによるカリフォルニアの人口急増によりワイン需要増大。

    解説

  • 6

    <歴史>19世紀後半

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 19世紀後半、ジャン・ルイ・ヴィーニュによってヴィティス・ヴィニフェラ系のブドウ導入。

    解説

  • 7

    <歴史>1920年

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1920年から1933年、禁酒法。

    解説

  • 8

    <歴史>1976年

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1976年、アカデミー・デュ・ヴァン創始者、スティ-ヴン・スパリュアが、パリでフランスワインとカリフォルニアワインの、 比較テイスティング実施。

    解説

  • 9

    <歴史>近年

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 近年、シャープシューター(ヨコバイ科の昆虫)が媒介するピアーズ病の被害が南カリフォルニア中心に拡大。

    解説

  • 10

    <気候>

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 寒流のカリフォルニア海流によって発生する霧が涼しさをもたらす。 特に、ナパ、ソノマなどの比較的冷涼な地域に高級なワイナリーが集中している。

    解説

  • 11

    <主なブドウ品種>黒ブドウ 生産順位

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 比率60% 1位 カベルネ・ソービニヨン 2位 ジンファンデル、別名、プリミティーボ(プーリア州) ルーツはクロアチアの土着品種。 3位 メルロ 4位 ピノ・ノワール 5位 シラー 10位 ルビー・カベルネ、カベルネ・ソービニヨンとカリニャンの交配種

    解説

  • 12

    <主なブドウ品種>白ブドウ 生産順位

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1位 シャルドネ 2位 フレンチ・コロン・バード 3位 ソービニヨン・ブラン、別名、ヒュメ・ブラン 4位 ピノ・グリ 5位 シュナン・ブラン 6位 リースリング、別名、ホワイト・リースリング、ヨハニスベルク・リースリング

    解説

  • 13

    <品質分類>ヴァラエタル・ワイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブドウ品種名の表示のある高級ワイン

    解説

  • 14

    <品質分類>セミ・ジェネリック・ワイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヨーロッパの有名ワイン産地名を使用したワイン。2006年3月以降禁止された。

    解説

  • 15

    <品質分類>メリテージ・ワイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メリテージ・ワイン、ぶどう品種をブレンドしたボルドータイプの高品質ワイン。オーパスワンが有名。

    解説

  • 16

    <品質分類>AVA

    補足(例文と訳など)

    答え

    • AVAはアメリカ政府認定の栽培地域。210地域。AVAは境界線を定めるだけで品種、栽培、醸造に関する規定はない。

    解説

  • 17

    <ワイン法>ラベル表示(1983年改訂)・アメリカ合衆国

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 品種75%以上  産地・州75%以上、 群・カウンティ75%以上 AVA85%以上 畑95%以上 収穫年 AVA95%以上、AVA以外85%以上。

    解説

  • 18

    <ワイン法>ラベル表示(1983年改訂)・カリフォルニア州

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 産地の州のみ100%、以外はアメリカ合衆国と同じ。

    解説

  • 19

    <ワイン法>ラベル表示(1983年改訂)・オレゴン州

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オレゴン州 品種90%以上  ただし、ボルドー系品種などは75%以上 品種以外(産地、収穫年)は全て95%以上。

    解説

  • 20

    <ワイン法>アルコール度数 留意事項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テーブルワインでは、補糖が禁止。酒精強化によりアルコール度数が14%を超え、24%未満のものは、辛口であっても、デザートワインに分類される。

    解説

  • 21

    <ワイン法>エステイト・ボトル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ワイナリーとブドウ畑が、同一のブドウ栽培エリアに位置しているワインは、 「エステイト・ボトルド」の表示ができる。 ブドウ畑はワイナリーによって所有、または管理され、そのワイナリーで醸造・瓶詰めされたものに限る。 ワイナリーとブドウ畑が同一のブドウ栽培エリアにない場合、他の条件を満たしていればm「プロプライアター・グロウン」または「ヴィントナー・グロウン」の表示が可能。

    解説

  • 22

    <産地>アメリンとウィンクラー博士のワイン産地区分

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カリフォルニアでの適地、適品種を実現するために、ヨーロッパにおける気候と品種の関係を元に構築した。 4月1日カから10月31日までの日数と日毎の温度差(1日の平均気温-華氏50度)を足して、リージョン1からリージョン5 リージョン1のみ0~2500、以降、リージョン2から500ずつ区切る。 摂氏=(華氏ー32)×5/9

    解説

  • 23

    <産地>カリフォルニア州 5地域

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ノースコースト、 セントラル・コースト、 シエラ・フットヒルズ、 セントラル・ヴァレー、 サウスコースト

    解説

  • 24

    <産地>ノースコースト・ナパ・カウンティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最も主要な産地で高級ワインの産地。全米のワイナリーの半数にあたる約800のワイナリーがある。

    解説

  • 25

    <産地>ノースコースト・ナパ・カウンティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ナパ・カウンティ ブドウ栽培面積は4万5千ヘクタール、カリフォルニアワイン生産量の約5%。 AVAナパ・ヴァレーはこのカウンティのほとんどを占める。 主要品種は赤カベルネ・ソービニヨン、白シャルドネである。

    解説

  • 26

    <産地>ノースコースト・ナパ・カウンティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ナパ・ヴァレーは西側をマヤカマス山脈(ソノマ・カウンティとの境界線)、東側をヴァカ山脈(ソラノ・カウンティとの境界線)、北西をセント・ヘレナサンに囲まれ、南端はサン・パブロ湾に面した細長い産地。 サン・パブロ湾から吹き込んでくる冷たい海風と霧が影響を与え、湾に近い南部は冷涼、北部は夏暑く、冬寒くなる。 最南端にはアバ・ロス・カーネロスがあり、 東半分はナパ・カウンティ、 西半分はソノマ・カウンティに属している。 南部では冷涼気候に適したピノ・ノワール、シャルドネが栽培されている、 最北端にはアバ・カリストガがあり、温暖でカベルネ・ソービニヨンなどが栽培されている。北部は南部より気温が10度高い。

    解説

  • 27

    <産地>ノースコースト その他のカウンティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • その他のカウンティはメンドシーノ、レイク、ソラノ、マリン。

    解説

  • 28

    <産地>セントラルコースト 概要

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サンフランシスコ・カウンティ南部から太平洋にそって、サンタ・バーバラまでの産地。 冷たい霧や、海流の影響を受ける、海沿いの地域と、内陸の、乾燥した、温暖な地域に分かれる。 カウンティは、サンタ・クルーズ、モントレー、サン・ルイス・オビスポ、サンタ・バーバラなど。

    解説

  • 29

    <産地>シエラ・フットヒルズ 概要

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シエラ・ネヴァダ山脈の、西側斜面の産地。ジンファンデルが広く栽培されている。

    解説

  • 30

    <産地>セントラル・ヴァレー 概要

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 西側を海岸山脈、東側をシエラ・ネヴァダ山脈に挟まれた、内陸の部の南北に広がる産地。カリフォルニア州最大。カリフォルニア州のワイン用ブドウの70%が栽培されている。日常用ワインを生産。

    解説

  • 31

    <産地>サウス・コースト 概要

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サンディエゴ、ロサンゼルス周辺の産地。

    解説

  • 32

    <AVA>ナパ・カウンティ 重要なAVA

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヨーントヴィル ハウエル・マウンテン ダイヤモンド・マウンテン・ディストリクト ワイルド・ホース・ヴァレー(ナパ、ソラノの両郡にまたがって存在) クームズ・ヴィル(2011年認定)、 ロス・カーネロス(ナパ、ソノマ両郡にまたがって存在。スパークリングワインの生産拠点)

    解説

  • 33

    <AVA>ナパ・カウンティ その他のAVA

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラザフォード カリストガ アトラス・ピーク スプリング・マウンテン・ディストリクト オークヴィル オーク・ノール・ディストリクト マウント・ヴィーダ- チルズ・ヴァレー スタッグス・リープ・ディストリクト、 セント・ヘレナ ナパ・ヴァレー ノース・コースト(ノースコーストの広域アバ)

    解説

  • 34

    <AVA>ソノマ・カウンティ 重要なAVA

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パイン・マウンテン・クロヴァーディル・ピーク(2011年認定、ソノマ、メンドシーノ両郡にまたがって存在) チョーク・ヒル ラシアン・リヴァー・ヴァレー(高級ワインの産地) フォート・ロス・シービュー(2011年認定)

    解説

  • 35

    <AVA>ソノマ・カウンティ その他のAVA

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ナイツ・ヴァレー ドライ・クリーク・ヴァレー ロック・パイル アレクサンダー・ヴァレー ベネット・ヴァレー グリーン・ヴァレー・オブ・ラシアン・リヴァー・ヴァレー ソノマ・ヴァレー ソノマ・コースト ソノマ・マウンテン ノーザン・ソノマ ムーン・マウンテン・ディストリクト(2013年認定、教本には記載なし。)

    解説

  • 36

    <AVA>セントラル・コースト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サンタ・クルーズ・マウンテンズ モントレー パソ・ロブレス(ローヌ系品種が多く栽培) サンタ・マリア・ヴァレー サンタ・イネズ・ヴァレー

    解説

  • 37

    <産地>ノースウェスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カリフォルニア州の北に位置する、ワシントン州、オレゴン州、アイダホ州で構成される地域。 ワシントン州、オレゴン州にまたがるようにしてカスケード山脈が南北に走っており、その西側は、雨の比較的多い海洋性気候、東側は乾燥した大陸製気候となっている。

    解説

  • 38

    <産地>ワシントン州の概要

    補足(例文と訳など)

    答え

    • AVAは13、ワイナリーは750以上。州内には有名は都市シアトルがある。 栽培面積、生産量はカリフォルニア州に続き第2位。 カリフォルニア州より夏の日照時間が1日につき2時間長い。 ブルゴーニュ、ボルドーと同じ緯度に位置。 昼夜の温度差が大きいため、酸がしっかりとして風味豊かなバランスの良い、ワインとなる。 黒ブドウ50%、白ブドウ50%。 シャルドネ19%、リースリング16%、カベルネ・ソービニヨン26%、メルロー21%、シラー8%。 カスケード山脈の西側は海洋性気候、東側は大陸性気候。最大のアバはコロンビア・ヴァレー。

    解説

  • 39

    <AVA>ワシントン州

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビュージェット・サウンド(ワシントン州で唯一、カスケード山脈の西側にある。) ヤキマ・ヴァレー(ワシントン州の3分の1以上を占める。州内で最初に認可されたアバ。シャルドネが最も多い。 コロンビア・ヴァレー内。) ナチェス・ハイツ(2012年認定。ヤキマ・ヴァレー内、16ヘクタール。) スナイプス・マウンテン(ヤキマ・ヴァレー内) レッド・マウンテン(コロンビア・ヴァレー内にある。カベルネ・ソービニヨン、メルロなど、赤ワインが主。) エンシェント・レイクス(コロンビア・ヴァレー内) ホース・ヘブン・ヒルズ ワルーク・スローブ ラトルスネーク・ヒルズ レーク・シェラン

    解説

  • 40

    <AVA>ワシントン州とオレゴン州にまたがるAVA

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コロンビア・ゴーシュ(シャルドネ、ゲビュルツトラミネール、リースリング、ピノ・グリなど。) コロンビア・ヴァレー(ワシントン州最大のAVA) ワラワラ・ヴァレー(カベルネ・ソービニヨン、メルロ、シャルドネ、シラーなど。)

    解説

  • 41

    <産地>オレゴン州の概要

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 栽培面積、生産量は第4位。AVAは17。ワイナリーは419。北緯45度に位置。ピノ・ノワールが中心的な品種。 州内栽培面積の、60%を占める。また、オレゴン州はアメリカで最も厳しいラベル表示を独自に制定している。 カスケード山脈の西側は、太平洋からの海風の影響を受け、冷涼。 ここにはオレゴン州最大のアバ、ウィラメット・ヴァレーがある。東側は大陸性気候。

    解説

  • 42

    <AVA>オレゴン州

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウィラメット・ヴァレー(オレゴン州最大のアバ。高品質なピノ・ノワールの産地。) ダンディー・ヒルズ ヤムヒル・カールトン・ディストリクト マクミンヴィル リボン・リッジ エオラ・アミティ・ヒルズ チャハレム・マウンテンズ 以上すべてウィラメット・ヴァレー内に位置。

    解説

  • 43

    <AVA>オレゴン州とアイダホ州にまたがって存在するAVA

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スネイク・リヴァー・ヴァレー 唯一、カスケード山脈の東側に位置する。

    解説

  • 44

    <産地>ニューヨーク州の概要

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 17世紀中頃、オランダ人によって、マンハッタン島に、初めて、ブドウが植えられた。極端な大陸性気候と、厳しい冬により、アメリカ産の、ヴィティス・ラブルスカ系(フォクシー・フレーヴァーという独特な臭い)しか育たないと、信じられてきた。 1950年代中頃、フランス人、シャルル・フルニエと、ロシア系の、コンスタンチィン・フランクの2人が、フィンガー・レイクス地方で、ヴィティス・ヴィニフェラ系ブドウを使って、ワイン造りを始めた。 現在、ヴィティス・ラブルスカ、フレンチ・ハイブリッド、フランス系品種と米国系品種の交配種、ヴィティス・ヴィニフェラの3種類のブドウを栽培している。

    解説

  • 45

    <AVA>ニューヨーク州

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フィンガー・レイクス(生産量で、州全体の85%。フィンガー・レイクスの中にセネカ・レイクとカユガ・レイクの2つのAVA、がある。) ハドソン・リヴァー・リージョン(アメリカで商業ベースで生産された最古の生産地区。) ロング・アイランド(海洋性気候。ロング・アイランドの中にノース・フォーク・オブ・ロング・アイランド、ハンプトンズ・オブ・ロング・アイランドの2つのAVAがある。) レイク・エリー・アンド・ショートーカ ヴィティス・ラブルスカ系、フレンチ・ハイブリッド中心。 ナイアガラ・エスカ-プメン 2005年認定。ニューヨーク州で最も新しいアバ。ピノ・ノワール中心。

    解説

56576

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ