zuknow learn together

新しい教材を作成

供託法 第3章 供託物払渡手続 / 第4章 特殊な供託手続

カード 15枚 作成者: マコチン (作成日: 2014/07/05)

  • 弁済供託の供託金還付請求権につき,処分禁止の仮処分がされた場合,供託者は,供託金の取戻請求をすることができない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

司法書士

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    弁済供託の供託金還付請求権につき,処分禁止の仮処分がされた場合,供託者は,供託金の取戻請求をすることができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 還付請求権と取戻請求権は別個独立の請求権であるので,原則として,一方の処分又は差押え等は他方に影響を及ぼさない(最判昭37.7.13)。

    解説

  • 2

    被供託者は,家賃の弁済供託金の供託物払渡請求書に「供託受諾,ただし家賃一部弁済受領の留保をする。」と記載して,還付請求をすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 昭35.3.30民事甲775号回答。

    解説

  • 3

    被供託者は,家賃の弁済供託金につき,損害賠償金として供託を受諾し,還付請求をすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 被供託者は,家賃の弁済供託金につき,損害賠償金として供託を受諾し,還付請求をすることはできない(昭38.6.6民事甲1669号認可)。

    解説

  • 4

    被供託者は,供託金を受領するには反対給付の履行をすることを要する場合であっても,供託の受諾をするには反対給付の履行をすることを要しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 被供託者が受諾の意思表示をする場合には,同時に反対給付を履行する必要はない。

    解説

  • 5

    供託物払渡請求書には,請求者又はその代表者若しくはその管理人若しくは代理人が記名押印しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 供託規則22条2項。

    解説

  • 6

    供託物還付請求権の仮差押債権者は,当該供託を受諾する旨の意思表示をすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 還付請求権の仮差押債権者は,供託受諾の意思表示をすることはできない(昭38.2.4民事甲351号認可)。

    解説

  • 7

    登記された支配人によって供託物の払渡しを請求しようとする場合には,登記所の作成した代理人であることを証する書面を供託物払渡請求書に添付しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 支配人その他登記のある代理人については,登記所が作成した代理人であることを証する書面を「提示」すれば足りる(供託規27条1項ただし書)。

    解説

  • 8

    供託物の還付を請求する場合において,供託物払渡請求書に供託書正本及び供託通知書を添付したときは,印鑑証明書を添付することを要しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 供託物払渡請求書に供託書正本及び供託通知書を添付した場合には印鑑証明書の添付が不要とされる取扱いは廃止された。

    解説

  • 9

    債権者が供託を受諾しないことを理由として,供託者が供託物を取り戻すときは,取戻しをする権利を有することを証する書面を添付することを要しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 昭36.4.8民事甲816号認可。

    解説

  • 10

    被供託者は,供託金の還付請求をするまでは,供託所に対してした供託受諾の意思表示を撤回することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 供託受諾の意思表示は,撤回することができない(昭37.10.22民事甲3044号回答)。

    解説

  • 11

    被供託者が供託所に対して供託受諾の意思表示を口頭でした後でも,供託者は,供託物の取戻しをすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 昭36.4.4民事甲808号認可。

    解説

  • 12

    執行供託における供託金の払渡しは,裁判所の配当等の実施としての支払委託に基づいてされ,供託物払渡請求書には,当該裁判所の交付に係る証明書を添付しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 供託規則30条1項,2項。

    解説

  • 13

    営業により損害を受けたとして,営業保証金として供託された金銭の還付を請求する者は,供託金利息も合わせて払渡しを受けることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 保証供託の場合,利息には担保権が及ばない(供託4条ただし書類推適用)ため,還付を請求する者は,供託金利息の払渡しを受けることはできない(昭7.5.3民事局会議決定参照)。

    解説

  • 14

    営業保証のため供託した国債証券の償還期限が到来したときは,供託者は,供託所が国債の償還金を受け取り,これを国債証券に代わる供託物として保管することを求めることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 供託法4条。

    解説

  • 15

    訴訟費用の担保として有価証券を供託している場合には,供託者は,裁判所の許可を得た上で,供託物を当該有価証券から金銭に換えることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 差替えにおいては,供託者は,供託物である金銭を有価証券に,有価証券を金銭に換えることができる(昭42.1.9民事甲16号認可参照)。

    解説

57033

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ