zuknow learn together

新しい教材を作成

民事保全法 第1章 民事保全法序説

カード 5枚 作成者: マコチン (作成日: 2014/07/05)

  • 仮差押命令は,金銭の支払を目的とする債権について,強制執行をすることができなくなるおそれがあるときに限り,発することができる。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

司法書士

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    仮差押命令は,金銭の支払を目的とする債権について,強制執行をすることができなくなるおそれがあるときに限り,発することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 仮差押命令は,強制執行をするのに著しい困難を生ずるおそれがあるときにも発することができる(民保20条1項)。

    解説

  • 2

    仮処分命令は,現状の変更により債権者が権利を実行できなくなるおそれがあるとき,又は権利の実行に著しい困難を生ずるおそれがあるときに限り,発することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 仮処分命令は,争いがある権利関係について債権者に生じる著しい損害又は急迫の危険を避けるためこれを必要とするときにも発することができる(民保23条2項)。

    解説

  • 3

    民事保全の手続に関する裁判は,口頭弁論を経ないですることができるが,口頭弁論を開いたときは,判決によらなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 民事保全の手続に関する裁判は,口頭弁論を経ないですることができ(民保3条),すべて決定手続によって行われる。

    解説

  • 4

    保全執行は,申立てにより又は職権で,執行裁判所又は執行官がする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 保全執行は,申立てにより,執行裁判所又は執行官が行い,職権により行うことはできない(民保2条2項)。

    解説

  • 5

    民事保全法に規定する裁判所の管轄は,保全命令に関するものも,保全執行に関するものも,すべて専属管轄である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 民事保全法6条。

    解説

56988

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ