zuknow learn together

新しい教材を作成

民事執行法 第10章 財産開示制度

カード 5枚 作成者: マコチン (作成日: 2014/07/05)

  • 財産開示手続を実施する旨の決定がされた場合,債務者は,当該決定に対して執行異議を申し立てることができる。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

司法書士

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    財産開示手続を実施する旨の決定がされた場合,債務者は,当該決定に対して執行異議を申し立てることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 財産開示手続の申立てについての裁判に対しては,債務者は,執行異議を申し立てるのではなく,執行抗告をすることができる(民執197条5項)。

    解説

  • 2

    執行裁判所は,申立人及び開示義務者が出頭しなければ,財産開示期日における手続を実施することができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 執行裁判所は,申立人が出頭しないときであっても,財産開示期日における手続を実施することができる(民執199条5項)。

    解説

  • 3

    財産開示期日における手続は,公開してしなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 財産開示期日における手続は,非公開である(民執199条6項)。

    解説

  • 4

    申立人は,財産開示手続において得られた債務者の財産又は債務に関する情報を,当該債務者に対する強制執行を行う目的以外のために利用してはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 民事執行法202条1項。

    解説

  • 5

    財産開示期日において,執行裁判所は,開示義務者に対し質問を発することができるが,申立人は,開示義務者に対し質問を発することはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 執行裁判所だけでなく,申立人も,財産開示期日に出頭し,執行裁判所の許可を得て開示義務者に対し質問を発することができる(民執199条3項,4項)。

    解説

56767

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ