zuknow learn together

新しい教材を作成

民事執行法 第9章 担保権の実行

カード 5枚 作成者: マコチン (作成日: 2014/07/05)

  • 抵当権の実行としての競売の開始決定がされた不動産については,他の抵当権に基づく競売の申立てがされた場合であっても,更に競売の開始決定をすることはできない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

司法書士

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    抵当権の実行としての競売の開始決定がされた不動産については,他の抵当権に基づく競売の申立てがされた場合であっても,更に競売の開始決定をすることはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 抵当権の実行としての競売開始決定においても,二重開始決定をすることができる(民執188条・47条1項)。

    解説

  • 2

    担保不動産競売は,債務名義がなくとも担保権の登記(仮登記を除く)に関する登記事項証明書の提出があれば開始される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 民事執行法181条1項3号。

    解説

  • 3

    担保不動産競売の開始決定に対する執行異議の申立てにおいては,債務者又は不動産の所有者は,担保権の不存在又は消滅を理由とすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 民事執行法182条。

    解説

  • 4

    担保不動産競売手続における買受人は,代金を納付した場合であっても,代金の納付前に担保権が消滅していたときは,不動産を取得することができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 担保不動産競売においても,買受人は代金納付時に不動産を取得し(民執188条・79条),この効果は担保権の不存在又は消滅により妨げられない(民執184条)。

    解説

  • 5

    不動産の先取特権の実行手続は,担保不動産競売の方法によらなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 不動産を目的とする担保権の実行は,担保不動産競売と担保不動産収益執行とがあり,これらのうち債権者が選択したものにより行う(民執180条)。

    解説

57003

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ