zuknow learn together

新しい教材を作成

民事執行法 第8章 非金銭執行

カード 5枚 作成者: マコチン (作成日: 2014/07/05)

  • 債務者は,明渡しの催告があった場合には,債権者以外の者に対しては,不動産等の占有を移転することはできない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

司法書士

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    債務者は,明渡しの催告があった場合には,債権者以外の者に対しては,不動産等の占有を移転することはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 民事執行法168条の2第5項。

    解説

  • 2

    執行裁判所は,作為を目的とする債務について,代替執行の決定をする場合には,債務者を審尋しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 民事執行法171条1項,3項。

    解説

  • 3

    間接強制決定をするには,相手方を審尋しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 民事執行法172条3項,167条の15第6項。

    解説

  • 4

    金銭債権についての強制執行は,間接強制の方法によることができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 扶養義務等に係る金銭債権(民執151条の2第1項各号)については,一定の場合を除いて,間接強制の方法によることができる(民執167条の15第1項本文)。

    解説

  • 5

    金銭の支払を受けるのと引換えに所有権の移転登記手続をする旨を記載した調停調書により登記を申請する場合には,その正本に執行文の付与を受けることを要する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 民事執行法174条1項,2項。

    解説

57064

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ