zuknow learn together

新しい教材を作成

民事執行法 第7章 少額訴訟債権執行

カード 5枚 作成者: マコチン (作成日: 2014/07/05)

  • 少額訴訟債権執行の手続は,簡易裁判所が行うほか,申立てにより,少額訴訟に係る債務名義が成立した簡易裁判所の裁判所書記官が行う。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

司法書士

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    少額訴訟債権執行の手続は,簡易裁判所が行うほか,申立てにより,少額訴訟に係る債務名義が成立した簡易裁判所の裁判所書記官が行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 少額訴訟債権執行の手続きは,地方裁判所のほか,申立てにより,債務名義が成立した簡易裁判所の裁判所書記官が行う(民執167条の2第1項柱書,144条1項参照)。

    解説

  • 2

    少額訴訟債権執行の手続において裁判所書記官が行う執行処分に対しては,執行裁判所に執行異議を申し立てることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 民事執行法167条の4第2項。

    解説

  • 3

    少額訴訟債権執行において,差押処分の申立てについての裁判所書記官の処分に対する執行異議の申立ては,その告知を受けた日から1週間以内にしなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 民事執行法167条の5第3項。

    解説

  • 4

    少額訴訟債権執行において,文書により先取特権を有することを証明した債権者は,裁判所書記官に対し,配当要求をすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 民事執行法167条の9第1項。

    解説

  • 5

    少額訴訟債権執行において,地方裁判所における通常の債権執行手続に事件を移行する決定に対しては,不服を申し立てることができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 民事執行法167条の10第4項,167条の11第6項,167条の12第2項。

    解説

56777

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ