zuknow learn together

新しい教材を作成

民事執行法 第5章 動産執行

カード 5枚 作成者: マコチン (作成日: 2014/07/05)

  • 裏書の禁止されている有価証券は,動産執行の対象となる。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

司法書士

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    裏書の禁止されている有価証券は,動産執行の対象となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 裏書の禁止されている有価証券は,動産執行の対象とならない(民執122条1項参照)。

    解説

  • 2

    執行官は,債務者の占有する動産の差押えをするに際し,債務者の住居その他債務者の占有する場所に立ち入ることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 民事執行法123条2項。

    解説

  • 3

    第三者の占有する動産を差し押さえることはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 第三者の占有する動産であっても,その者が提出を拒まなければ,これを差し押さえることができる(民執124条)。

    解説

  • 4

    動産の差押えは,差押債権者の債権及び執行費用の弁済に必要な限度を超えてすることができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 民事執行法128条1項。

    解説

  • 5

    執行官は,差し押さえた動産を更に差し押さえることができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 民事執行法125条1項。

    解説

57049

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ