zuknow learn together

新しい教材を作成

民事執行法 第4章 不動産執行-02

カード 10枚 作成者: マコチン (作成日: 2014/07/05)

  • 買受人は,売却許可決定が確定した時に不動産を取得する。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

司法書士

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    買受人は,売却許可決定が確定した時に不動産を取得する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 買受人は,代金を納付した時に不動産を取得する(民執79条)。

    解説

  • 2

    差押えの効力は,強制競売の開始決定が債務者に送達され,かつ,差押えの登記がされた時に生ずる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 差押えの効力は,開始決定が債務者に送達された時又は差押えの登記がされた時のいずれか早い時に生ずる(民執46条1項)。

    解説

  • 3

    強制競売の開始決定がされた不動産について強制競売の申立てがあったときは,執行裁判所は,さらに強制競売の開始決定をする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 民事執行法47条1項。

    解説

  • 4

    不動産の強制競売において,差押えの登記後に登記された仮差押えの債権者は,配当要求をすることができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 不動産の強制競売の開始決定に係る差押えの登記後に登記された仮差押債権者は,配当要求をすることができる(民執51条1項)。

    解説

  • 5

    売却許可決定に対しては,執行抗告をすることができないが,売却不許可決定に対しては,執行抗告をすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 売却の許可又は不許可の決定に対しては,その決定により自己の権利が害されることを主張するときに限り,執行抗告をすることができる(民執74条1項)。

    解説

  • 6

    売却許可決定がされた後においては,強制競売の申立てを取り下げることはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 売却許可決定がされた後であっても,最高価買受申出人等の同意があれば,強制競売の申立てを取り下げることができる(民執76条1項本文)。

    解説

  • 7

    不動産の強制競売において,仮差押えの執行は,売却により効力を失わない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 不動産に係る仮差押えの執行は,売却によりその効力を失う(民執59条3項)。

    解説

  • 8

    強制競売及び強制管理のいずれについても,当該開始決定が債務者に送達される前に,差押えの効力が生ずる場合がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 強制競売及び強制管理のいずれについても,当該開始決定が債務者に送達される前に,差押えの効力が生ずる場合がある(民執111条前段・46条1項)。

    解説

  • 9

    強制競売及び強制管理のいずれについても,申立てについての裁判に対しては,執行抗告をすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 強制競売の開始決定に対しては,執行抗告をすることができない(民執45条3項参照)。

    解説

  • 10

    不動産の強制管理の管理人は,不動産について,債務者の占有を解いて自らこれを占有することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 民事執行法96条1項。

    解説

57036

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ