zuknow learn together

新しい教材を作成

民事執行法 第1章 民事執行法序説

カード 5枚 作成者: マコチン (作成日: 2014/07/05)

  • 執行裁判所のする裁判は,口頭弁論を経ないですることができる。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

司法書士

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    執行裁判所のする裁判は,口頭弁論を経ないですることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 民事執行法4条。

    解説

  • 2

    執行裁判所の行う民事執行の事件の記録の閲覧を,裁判所書記官に請求することができるのは,利害関係を有する者に限られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 民事執行法17条。

    解説

  • 3

    民事執行法に規定する裁判所の管轄は,専属管轄である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 民事執行法19条。

    解説

  • 4

    民事執行の申立ては,口頭ですることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 強制執行,担保権の実行及び民法,商法その他の法律の規定による換価のための競売並びに債務者の財産の開示の申立ては,書面でしなければならない(民執規1条)。

    解説

  • 5

    民事執行手続において,担保を立てる場合は,発令裁判所の所在地を管轄する地方裁判所の管轄区域内の供託所以外の供託所には,供託することができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 民事執行手続において,担保を立てる場合は,発令裁判所又は執行裁判所の所在地を管轄する地方裁判所の管轄区域内の供託所にしなければならない(民執15条1項本文)。

    解説

56883

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ