zuknow learn together

新しい教材を作成

民事訴訟法 第6章 請求の複数訴訟

カード 10枚 作成者: マコチン (作成日: 2014/07/05)

  • 請求の選択的併合の場合、裁判所は弁論を分離することはできない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

司法書士

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    請求の選択的併合の場合、裁判所は弁論を分離することはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 本問のとおり。

    解説

  • 2

    請求の変更は、書面でしなければならないが、請求の原因の変更は、書面ですることを要しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 請求の変更は、書面でしなければならない(民訴143条2項)が、請求の原因の変更は、書面によることを要しない(最判昭35.5.24)。

    解説

  • 3

    訴えの変更は、著しく訴訟手続を遅滞させる場合であっても、被告の同意があれば、することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 訴えの変更が認められるためには、著しく訴訟手続を遅滞させないことを要する(民訴143条1項ただし書)。被告の同意の有無は関係ない。

    解説

  • 4

    売買契約の無効を主張して提起した所有権移転登記の抹消を求める訴訟において、その主張を詐欺による取消しに変更することは、訴えの変更になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 無効の主張を詐欺による取消しに変更することは、攻撃防御方法の変更であって、訴えの変更にはならない。

    解説

  • 5

    裁判所は、請求又は請求の原因の変更を不当であると認めるときは、申立てにより又は職権で、その変更を許さない旨の決定をしなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 民事訴訟法143条4項。

    解説

  • 6

    反訴が提起された後、本訴の取下げがされた場合、反訴は、係属しなかったものとみなされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 反訴の提起時には、本訴が係属していなければならないが、反訴提起後に本訴の取下げがあっても、反訴は影響を受けない。

    解説

  • 7

    反訴は、その請求が本訴の係属する裁判所の管轄に属さない場合には、当該請求と本訴が関連し、かつ、他の裁判所の専属管轄に属さないときでも、提起することができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 民事訴訟法146条参照。

    解説

  • 8

    反訴に対しては、さらに反訴を提起することはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 反訴は、請求の複数訴訟の一般的要件及び反訴の要件(民訴146条)を充たす限り、反訴に対する反訴であっても、提起することができる。

    解説

  • 9

    反訴が提起された場合には、当該提起が本訴の審理の終結間際にされたときでも、裁判所は、訴訟を遅延させることを理由に、反訴を却下することはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 反訴が本訴の審理の終結間際に提起され、それにより著しく訴訟手続を遅滞させることとなるときは、裁判所は、当該反訴を却下することができる(民訴146条1項2号参照)。

    解説

  • 10

    反訴は、事実審の口頭弁論の終結に至るまで、することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 民事訴訟法146条1項本文。

    解説

56777

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ