zuknow learn together

新しい教材を作成

資産運用などの用語集

カード 17枚 作成者: Umintyo (作成日: 2013/10/21)

  • オルタナティブ投資

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

個人資産運用などで頻出する用語集になります。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    オルタナティブ投資

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オルタナティブ投資は、国内外の上場株式や債券に投資する従来の一般的な資産運用とは異なる投資/運用手段の総称。代替投資とも言う。alternative investmentから来ている。金融派生商品(デリバティブ)、ヘッジファンド、不動産投資信託などはオルタナティブ投資の一例。

    解説

  • 2

    ストラテジスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ストラテジストは、マクロ経済やミクロ経済を分析して、中長期的な投資の戦略を投資家やファンドマネージャーにアドバイスする人。証券界者などにストラテジストの肩書きを持つ人が多い。

    解説

  • 3

    デリバティブ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デリバティブは、株式、債券、外国為替などの従来の商品から派生してできた商品。derivative (金融派生商品)から来ている。デリバティブは、従来の金融商品の受け渡しや売買に伴う様々なノウハウを組み合わせ、商品化したもので、株式などの金融商品の相場変更によるリスクを回避する手段として開発された。

    解説

  • 4

    ファイナンシャルプランナー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ファイナンシャルプランナーは、消費者に資産運用などを助言する専門家。ファイナンシャルプランナーは、Financial Plannerの頭文字を取って、FPともいう。

    解説

  • 5

    ファンドマネージャー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ファンドマネージャーは、機関投資家の運用担当者。ファンドマネージャーは、専門知識を駆使して投資判断を行い、資産の運用を行う。経済状況や市場の動向を常に見極めて銘柄変更(ポートフォリオ変更)を行い、投資資金の効率運用を目指すのがファンドマネージャーの役目。

    解説

  • 6

    プライベートバンキング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プライベートバンキングは富裕層を相手に総合的な金融サービスを行うこと。通常、プライベートバンキングでは、顧客の要望に応じた資産のポートフォリオを組むために、預け入れの最低限度額はかなり高価である。

    解説

  • 7

    ペイオフ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ペイオフは、経営破綻した金融機関の預金を預金保険機構を通して預金者に払い戻すこと。

    解説

  • 8

    ポートフォリオ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ポートフォリオは分散投資のこと。例えば、異なる金融商品を組み合わせることポートフォリオとすることでリスクを軽減できる。

    解説

  • 9

    厚生年金

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 厚生年金は、1942年に創設された一般のサラリーマンを対象とした年金制度。厚生年金保険の給付年金は老齢年金、障害年金、遺族年金がある。

    解説

  • 10

    年金記録の確認

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 年金記録の確認は転職などで年金の権利が手続きミスなどで失効していないかどうかを調べる場合に必要になる。通常、年金記録の確認は社会保険事務所に直接出かけて行うか、インターネットで申請して郵送で結果を受け取る。

    解説

  • 11

    投資信託

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 投資信託は、投資家から資金を集めて、投信委託会社(運用会社)が運用し、その利益を投資家に分配するもの。略して投信とも言う。一般投資家が株式を売買するのは敷居が高い。その点、購入したい株式の方向だけを決めて投資信託を購入すれば、実際の売買は投資信託委託会社がやってくれるので便利。ただし、投資信託は株式に比較して手数料が高く、投信販売会社が安定した収益を獲得するための有力な手段でもある。

    解説

  • 12

    日本型401K

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本型401Kは、アメリカで普及した確定拠出年金401Kの日本版。401Kでは、税制上の優遇措置を受けながら掛け金を積み立て、老後に年金として受け取る。ただしアメリカとは異なり、60歳になるまで原則、掛け金の取り崩しはできず、個人による掛け金の上乗せは認められていない。

    解説

  • 13

    株価格付け

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株価格付けは、株式の個々の銘柄について、どのくらいの投資成果が得られる銘柄かを簡単な記号で示すこと。一般には証券アナリストが推奨銘柄について「buy(買い)」、「hold(持続)」、「sell(売り)」といった株価格付けを行い、投資判断を示す。

    解説

  • 14

    株式累積投資制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株式累積投資制度は、小額の資金を定期的に積み立てて株式に投資する制度のこと。投資家が月々一定額を証券会社に支払い、あらかじめ選んだ銘柄を購入する。証券会社は複数の投資家から集めた資金で株式を買い付け、個々の投資家に支払額に応じた持ち分の形で分配する。投資家は持ち分を時価で売却を行ったり、単位株数に達するまで投資を続けて名義変更することも可能。

    解説

  • 15

    確定拠出年金

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 確定拠出年金は、毎月一定の掛け金を積み立てることで老後資金を貯蓄する年金制度の総称。定額積み立て預金ににた仕組み。確定拠出年金の掛け金は債券や株式等で運用するため、同じ掛け金を積み立てても、運用実績により受け取る年金額は異なってくる。アメリカでは401KやIRAなどいくつかの確定拠出年金があることが知られているが、日本でも2001年度秋に確定拠出年金制度が解禁され、日本型401Kと言われる。

    解説

  • 16

    確定申告

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 確定申告は、所得税の申告方法。毎年1月1日から12月31日までの所得金額とそれに対する税額を計算して次の年の2月16日から3月15日までに税務署に確定申告する。ただし、サラリーマンなどの給与所得だけ(年収に制限あり)の場合、確定申告は必要ない。また、医療費をたくさん払った等、税金還付を受けられる場合、確定申告で税金が一部戻ってくる場合がある。

    解説

  • 17

    金融派生商品

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 金融派生商品は、株式、債券、外国為替などの従来の商品から派生してできた商品。デリバティブともいう。金融派生商品は従来の金融商品の受け渡しや売買に伴う様々なノウハウを組み合わせ、商品化したもの。株式などの金融商品の相場変更によるリスクを回避する手段として開発された。相場変動を回避することを「ヘッジ」と呼び、従来の投資とデリバティブを組み合わせた「ヘッジファンド」という投資信託もある。しかしながら、デリバティブの取引を増やしすぎて巨額の損失を被る場合もある。金融派生商品はリスクをヘッジするために開発されたが、金融商品である以上リスクはある。

    解説

56624

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ