zuknow learn together

新しい教材を作成

ワールドカップ2014 イタリアの代表選手【画像】

カード 23枚 作成者: ゆう (作成日: 2014/06/23)

  • GK
    1 ジャンルイジ・ブッフォン
    (Gianluigi BUFFON) ユベントス

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

2014年FIFAサッカーワールドカップ、ブラジル大会において注目のイタリアの選手に焦点をあてまとめてみました。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    GK 1 ジャンルイジ・ブッフォン (Gianluigi BUFFON) ユベントス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レアル・マドリードのイケル・カシージャスは「あまりにも多くの才能に恵まれ、冷静でチーム全体に良い影響を及ぼしている」と評価している。

    解説

  • 2

    13 マッティア・ペリン (Mattia PERIN) ジェノア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イタリア代表として各年代でプレーしている。2012年8月10日、チェーザレ・プランデッリ監督によってイングランド代表との親善試合のメンバーとしてA代表に初招集された。

    解説

  • 3

    12 サルバトーレ・シリグ (Salvatore SIRIGU) パリ・サンジェルマン (フランス)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    DF 4 マッテオ・ダルミアン (Matteo DARMIAN) トリノ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パレルモで主力に定着できなかったため2011-12シーズンは2部トリノFCにすると、主力としてチームのセリエA昇格に大きく貢献した。シーズン終了後にパレルモが全保有権を獲得。その後、トリノとパレルモの共同保有となった。

    解説

  • 5

    20 ガブリエル・パレッタ (Gabriel PALETTA) パルマ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2005年には、U-20アルゼンチン代表としてリオネル・メッシ、セルヒオ・アグエロらとともにFIFAワールドユース選手権優勝に貢献する。

    解説

  • 6

    19 レオナルド・ボヌッチ (Leonardo BONUCCI) ユベントス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 幼い頃からユヴェンティーノであり、ユヴェントス移籍により夢を叶えたことになった。1997-98のチャンピオンズリーグ決勝でユヴェントスがレアル・マドリードに敗れた際には涙が止まらなかったと語っている。

    解説

  • 7

    15 アンドレア・バルザーリ (Andrea BARZAGLI) ユベントス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 足元の技術やスピードは平均的だが、対人戦や空中戦に強い屈強なセンターバック。また、90分間を通して高い集中力を保ち、決して無理なディフェンスをしない為、ミスを犯す事が滅多に無い。

    解説

  • 8

    3 ジョルジョ・キエッリーニ (Giorgio CHIELLINI) ユベントス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 以前は左サイドバックとして将来を嘱望されていたが、2007-2008シーズンにセンターバックにコンバートされ、以降センターバックとして定着している。

    解説

  • 9

    2 マッティア・デ・シリオ (Mattia DE SCIGLIO) ACミラン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2013年6月、コンフェデレーションズカップのイタリア代表に選ばれ、グループリーグ初戦のメキシコ戦に先発出場した。

    解説

  • 10

    7 イグナツィオ・アバーテ (Ignazio ABATE) ACミラン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2013年11月15日のドイツとの親善試合で代表初得点を挙げた。

    解説

  • 11

    MF 18 マルコ・パローロ (Marco PAROLO) パルマ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2009年セリエBのACチェゼーナへ移籍。同シーズンで昇格に貢献、翌シーズンセリエA初挑戦ながらレギュラーとして活躍し、2011年には代表デビューを果たした。この出色の活躍からチェゼーナは、キエーヴォから残り50%の保有権を全て買取り2015年まで契約を延長した。

    解説

  • 12

    6 アントニオ・カンドレーヴァ (Antonio CANDREVA) ラツィオ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中盤のすべてのポジションをこなし、司令塔としての才能を評価されている。イタリア代表のチームマネージャーを務めるルイジ・リーヴァは「フィジカルも良く、運動量があって、ボールへのタッチも上手い」とし、イタリア代表監督のマルチェロ・リッピはドイツW杯のメンバーと比較し「シモーネ・ペッロッタのようなプレーができる」と評している。

    解説

  • 13

    14 アルベルト・アクイラーニ (Alberto AQUILANI) フィオレンティーナ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イタリア代表では2006年11月15日の親善試合・トルコ戦で初出場。2011年8月10日のスペインとの親善試合でおよそ2年ぶりの得点となる決勝ゴールを挙げ、勝利に貢献した。

    解説

  • 14

    16 ダニエレ・デ・ロッシ (Daniele DE ROSSI) ASローマ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ローマ生まれのローマ育ちという生粋のロマニスタ。アテネオリンピックでは日本戦でオーバーヘッドシュートを決めた。

    解説

  • 15

    8 クラウディオ・マルキジオ (Claudio MARCHISIO) ユベントス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ユヴェントスユース出身の生え抜き選手であり、アレッサンドロ・デル・ピエロに続くバンディエラとして期待されている。また自身の持ち味がスペースへの飛び出しであると考えている。

    解説

  • 16

    21 アンドレア・ピルロ (Andrea PIRLO) ユベントス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2013年5月に2014 FIFAワールドカップを最後に代表から引退する意向を明かした。同年6月16日のFIFAコンフェデレーションズカップ2013、メキシコ戦でイタリア代表史上5人目となる、通算100試合出場を達成。この試合では直接フリーキックから先制ゴールを挙げ、大会選定のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。

    解説

  • 17

    5 チアゴ・モッタ (Thiago MOTTA) パリ・サンジェルマン (フランス)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2011年2月9日、EURO2012目前の調整試合であるドイツとの国際親善試合にイタリア代表として初招集され、先発出場しイタリア代表デビューを果たした。

    解説

  • 18

    23 マルコ・ヴェッラッティ (Marco VERRATTI) パリ・サンジェルマン (フランス)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中盤の下がり目のポジションからロングパスによってゲームメイクする古典的レジスタ。守備意識は高い反面、ゴールを狙うことはさほど得意ではないと評される。

    解説

  • 19

    FW 9 マリオ・バロテッリ (Mario BALOTELLI Barwuah) ACミラン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2013年4月、アメリカの雑誌タイムの世界で最も影響力のある100人に選ばれた神童。

    解説

  • 20

    22 ロレンツォ・インシーニェ (Lorenzo INSIGNE) ナポリ

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 21

    10 アントニオ・カッサーノ (Antonio CASSANO) パルマ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ボールを持つと技術と知性を発揮し、素晴らしい視野の広さとゴールへの意識を併せ持つ。本人は「ゴールよりアシストが好きだ」とし、チームメイトの長友佑都へのアドバイスの中で「ギリギリまで味方を見て、パスの出しどころがなければシュートを打つ」という旨を語っている。

    解説

  • 22

    11 アレッシオ・チェルチ (Alessio CERCI) トリノ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 突破力があり、サイドから中央に切り込むプレーを得意とする。

    解説

  • 23

    17 チーロ・インモービレ (Ciro IMMOBILE) トリノ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2013年7月12日、ユヴェントスがジェノアから保有権を買い戻しトリノFCへ共同保有で移籍した。 2013-2014シーズンは開幕からゴールを量産し、自身初のセリエA得点王となった。 2014年6月、ボルシア・ドルトムントへの移籍が決定。

    解説

56661

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ