zuknow learn together

新しい教材を作成

企業買収などにかかわる用語集

カード 20枚 作成者: Umintyo (作成日: 2013/10/21)

  • LBO

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

買収、合併などにかかわる単語をあつめました。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    LBO

    補足(例文と訳など)

    答え

    • LBOは、買収のターゲットの企業資産を担保にして金融機関からお金を借り、買収を行う方法。Leveraged Buyoutの頭文字を取った略語。LBOは、買収が成立しないと、借金が残るというリスクもある。

    解説

  • 2

    M&A

    補足(例文と訳など)

    答え

    • M&Aは、企業のビジネスを拡大する手法で「M」が合併、「A」が買収を表す。Merger and Acquition (合併/買収)から来ている。合併は2つ以上の会社が1つになること、買収はある企業が相手企業の株式を買い取り、傘下に収めること。競争が激しくなっている現在、M&Aはビジネスを早期に拡大するために、時間をお金で買うという考え方。

    解説

  • 3

    MBO

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MBOはManagement Buyoutの頭文字を取った略語。 経営陣による企業買収のこと。MBOでは、経営者が外部の投資家等と共同で、自社の一部を購入したり、関連会社の経営者などが親会社から経営権を取得する。他社からの買収を防ぐ対策として実施されることもある。外食大手のすかいらーくは2006年6月、MBOを実施し、株式を非公開にすると発表した。逆にMBOを行った会社を上場させれば、株式公開益も得ることができる。

    解説

  • 4

    TOB

    補足(例文と訳など)

    答え

    • TOBは、企業に対して買収する前に、その会社の株式を買い付けるということを公開し、株式市場で不特定多数の株主から株式を買い取る手法。take-over bid (株式公開買い付け)の頭文字を取った略語。

    解説

  • 5

    インサイダー取引

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インサイダー取引は、企業の役員や大株主等がその職務や地位により得た未公開の情報をもとにして自社株等を売買すること。

    解説

  • 6

    インターバンク取引

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インターバンク取引とは、金融機関だけが参加できる取引のこと。

    解説

  • 7

    インデックス取引

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インデックス取引は、株価指数の値動きと連動性が高い複数の銘柄を一括売買して、あたかもその指数に投資するのと同じ運用効率を求める取引を言う。

    解説

  • 8

    クラウンジュエル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クラウンジュエルは敵対的買収防止策の1つ。敵対的な買収を仕掛けられた際、自社の重要な資産や事業部門を売却して価値を下げてしまい、買収の魅力をなくす非常手段のことをクラウンジュエルという。

    解説

  • 9

    コール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コールは金融機関同士の短期の貸し付け、借り入れのことです。英語でコール(call)とは、呼ぶという意味ですが、貸し出しの期間が呼べばすぐ返ってくるほど短い事からこのような名前がついています。コールは金融機関だけが参加するインターバンク市場の1つです。

    解説

  • 10

    スワップ取引

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スワップ取引は、お互いの金融資産や債務を交換する取引のこと。固定金利を支払う債務と変動金利を支払う債務の交換は金利スワップといい、スワップ取引の1つ。

    解説

  • 11

    ホワイトナイト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホワイトナイトは敵対的な買収を仕掛けられた企業を助ける友好的な企業のこと。敵対的な買収を仕掛けられた企業はその防止のため、ホワイトナイトに合併や大量の株式保有を依頼する。買収を仕掛けられている企業から見ると、自らを助けてくれる友好的な企業なのでホワイトナイト、すなわち白馬の騎士に見えるわけである。2006年、首都圏に弁当、総菜店を持つオリジンがドンキホーテに買収を仕掛けられた際、イオンがオリジンの友好的TOB(株式公開買い付け)に乗り出したのはホワイトナイトの一例と言われる。

    解説

  • 12

    ポイズンピル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ポイズンピルは買収防衛策の1つ。買収を仕掛けられた際、既存の株主に新株を発行し、買収者の比率を下げることをポイズンピル(毒薬条項)という。

    解説

  • 13

    信用取引

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 信用取引は、証券会社からお金や株券を借りて株式の売買をすること。通常、一定の証拠金を支払うことにより、信用取引の制度を利用できる。信用取引は手持ち資金以上の取引ができるため、利益が出るときも損失が出るときも「てこの原理」(レバレッジ効果)が働く。

    解説

  • 14

    先物取引

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 先物取引とは、将来の決まった日時に商品の受け渡しと代金の決済を行うことを契約する取引のこと。

    解説

  • 15

    株価指数オプション取引

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株価指数オプション取引は、株式相場全体の動きを示す株価指数を対象としたオプション取引。

    解説

  • 16

    株価指数先物取引

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 将来のある時点において、ある商品を、特定の価格で売買することを契約する取引を先物取引というが、その中で株価指数を対象としたものを株価指数先物取引と言う。

    解説

  • 17

    株式夜間取引

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株式夜間取引は、証券取引所が取引を終了した後の時間帯に売買を成立させる取引のこと。

    解説

  • 18

    競売

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 競売は、借金を返せなくなった債務者の担保不動産を裁判所が強制的に売却すること。

    解説

  • 19

    裁定取引

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 裁定取引とは、市場の間などの価格差を利用して、利ざやを稼ぐ方法のこと。

    解説

  • 20

    証券取引法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 証券取引法は、投資家の保護を目的に制定された法律。

    解説

56892

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ