zuknow learn together

新しい教材を作成

経営・財務指標用語集

カード 10枚 作成者: コビー (作成日: 2013/10/21)

  • BBレシオ

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

経営・財務指標の用語集です。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    BBレシオ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • BBレシオは、出荷額に対する受注額の割合。book to bill ratioの頭文字を取った略語。

    解説

  • 2

    PER

    補足(例文と訳など)

    答え

    • PERは、Price Earnings Ratio (株価収益率)の頭文字を取った略語。株価/1株あたり利益 で算出する。PERは企業の株価の妥当性の指標となる。一般に人気のある業種のPERはそうでない業種のPERに比べて高い。株価純資産倍率(PBR)はストック面からの見方であるのに対し、株価収益率(PER)はフロー面からの見方。

    解説

  • 3

    流動比率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 流動比率は、企業の短期的な支払い能力を見る指標。 流動資産/流動負債 で算出される。流動比率が高いほど支払い能力が高いことになる。

    解説

  • 4

    ROA

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ROAは企業の総資産からいかに効率的に経営を行い、利益をあげたかを示す指標。Return On Assets (総資産利益率)の頭文字を取った略語。 ROAは企業の税引き後利益(当期利益)を総資産で割って算出する。

    解説

  • 5

    株価純資産倍率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株価純資産倍率は、経営状態の評価に使われる指標で、株価/1株あたりの純資産 で算出する。株価収益率(PER)はフロー面からの見方であるのに対し、株価純資産倍率(PBR)はストック面からの見方となる。株価純資産倍率が高い会社は経営の総合力が高いと評価される。

    解説

  • 6

    株価収益率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株価収益率は、企業の株価の妥当性の指標で、株価/1株あたり利益 で算出する。一般に人気のある業種の株価収益率はそうでない業種の株価収益率に比べて高い。株価純資産倍率(PBR)はストック面からの見方であるのに対し、株価収益率(PER)はフロー面からの見方となる。

    解説

  • 7

    ROE

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ROEは、株主資本からいかに効率的に経営を行い、利益をあげたかという指標。Return On Equity (株主資本利益率)の頭文字を取った略語。 Equityは株主を示す。ROEは税引き利益/株主資本 で算出する。

    解説

  • 8

    PBR

    補足(例文と訳など)

    答え

    • PBRは、Price Book-value Ratio (株価純資産倍率)の頭文字を取った略語で、 株価/1株あたりの純資産 で算出する。 PER(株価収益率)はフロー面からの見方であるのに対し、PBR(株価純資産倍率)はストック面からの見方となる。PBRが高い会社は経営の総合力が高いと評価される。

    解説

  • 9

    フリーキャッシュフロー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フリーキャッシュフローは、企業の事業活動による期中の純現金収支。現金収入から現金支出、税金等を差し引いた金額で、フリーキャッシュフローは企業の価値判断の指標としても使われる。

    解説

  • 10

    自己資本比率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己資本比率は、財務指標の1つで、(自己資本/総資本*100)で算出する。 自己資本の資産総額に占める割合のことである。自己資本は資本金や資本準備金等で構成され、自己資本比率が高いほど、企業の財務的な安全性が高いとされる。なお、自己資本比率は株主資本比率とも言う。

    解説

57056

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ