zuknow learn together

新しい教材を作成

ファンド・資産運用

カード 28枚 作成者: コビー (作成日: 2013/10/21)

  • CLO

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ファンド・資産運用についての単語集です。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    CLO

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CLOは、複数のローンを証券化した商品のこと。Collateralized Loan Obligation の頭文字を取った略語。

    解説

  • 2

    キャピタルゲイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キャピタルゲインは、株式を売却したときに得られる買値との差。

    解説

  • 3

    逆ざや

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 逆ざやは、運用資金の利回りが調達時を下回る状態。損失が発生する状態のこと。

    解説

  • 4

    株式ミニ投資

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株式ミニ投資は、通常の売買単位の10分の1で売買できる株式の取引方法。 1995年に株式市場活性化対策の1つとして開始。株式ミニ投資では売買単位1000株の株式が100株単位で購入できるようになり、従来100万程度必要だった購入資金が10万円程度ですむようになった。ただし、株式ミニ投資の場合、名義は販売した証券会社にあるので、基本的に議決権はない。

    解説

  • 5

    信用買い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 信用買いは、証券会社に委託保証金を支払い、手持ち資金以上の株式を購入すること。空買いとも言う。信用買いは、株式が値上がれば利益が発生する。

    解説

  • 6

    MMF

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MMFは、アメリカではマネーマーケットファンド、日本ではマネーマネジメントファンドという。

    解説

  • 7

    ミューチュアルファンド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミューチュアルファンドは、アメリカのオープン型投資信託のこと。

    解説

  • 8

    ワラント債

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ワラント債は、新株引受権付社債。ワラント債では社債を発行した会社の新株を購入する権利を受け取れる。ワラント債を購入したあと株に変えることができる点は転換社債に似ているが、転換社債が株に転換した分、社債の残高が減少するのに対し、ワラント債は新株を引き受けても社債の残高は変わらない。

    解説

  • 9

    業績相場

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 業績相場とは、株式市場において、企業の業績向上時に相場全体があがることを言う。

    解説

  • 10

    株式売買委託手数料

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株式売買委託手数料は、投資家が株式を売買する場合に、証券会社に支払う手数料のこと。

    解説

  • 11

    公社債投信

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公社債投信は、国債、社債などの債券などで運用する投資信託。株式は公社債投信には含まれない。(株式が少しでも含まれる投信は株式投信という)

    解説

  • 12

    外貨預金

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外貨預金は、ドルやマルク、フランなどの外国通貨建てで行う預金のこと。外貨預金の預金金利はそれぞれの通貨の国内金利を基準に決められる。日本の金利は現在、非常に低く、外貨預金の利率が高いため、人気がある。ただし、外貨預金は、預金金利以外に為替相場の変動によっては差益や差損がでるため資産運用としてはリスクも考慮しなければならない。

    解説

  • 13

    株式分割

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株式分割は、発行株式を増やして、同じ資本金に対する株式を増加させること。株式分割を行った場合は、増加した株式を株主に持株数に応じて分配する。株式分割は、株価が下がることにより、投資家が株式を購入しやすくなる、従来の株式に増加分の株式を割り当てることで実質配当が多くなるなどの効果がある。

    解説

  • 14

    ヘッジファンド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヘッジファンドは、株式等への投資に際してデリバティブ(金融派生商品)を有効に活用し、相場の上下にかかわらず利益を追求するファンドのこと。

    解説

  • 15

    インデックスファンド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イールドスプレッドは、金利から見た株価水準を測る物差しの1つ。長期金利と株式益回り(株価収益率の逆数)との差をイールドスプレッドと言う。この差が通常より拡大すると金利に対する株価の割高感が高まり、株価が下落することが多いと言われている。

    解説

  • 16

    株式配当

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株式配当は、現金配当の代わりに配当の一部を新しく発行する株式で行うこと。

    解説

  • 17

    LTCM

    補足(例文と訳など)

    答え

    • LTCMは、アメリカの大手ヘッジファンド。Long Term Capital Managementの頭文字を取った略語。

    解説

  • 18

    イールドスプレッド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カバードワラントは、株式や株価指数等を対象に、あらかじめ決まった価格で購入したり、売却する権利を証券化した商品。

    解説

  • 19

    インカムゲイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インカムゲインは、利子/配当収入。例えば、株を持っていれば、定期的に配当が収入として入るが、これをインカムゲインという。一方、株式を売却したときに得られる利益はキャピタルゲインという。

    解説

  • 20

    グローバル債

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グローバル債は、世界中で同時に募集する債権。グローバル債は広い範囲での募集により、大量の資金を調達できる。

    解説

  • 21

    貸付信託

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 貸付信託は、信託銀行が多数の顧客から一定の契約に基づいて受け入れたお金を電力会社や鉄鋼会社などの基幹産業に長期資金として貸し付け、その運用収益を顧客に配当する仕組み。

    解説

  • 22

    カバードワラント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インデックスファンドは、東証株価指数や日経平均株価など株価指数と連動するように組み入れ銘柄を選び、常に市場平均並みの運用成果を上げることを狙った投資信託。

    解説

  • 23

    信用売り

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 信用売りは、証券会社などから借りた株式を売ること。信用取り引きの1つ。信用売りは持っていない株式を売ることになるので「空売り」と言う。信用売りしている株が値下がりしたとき、その株を買い戻すことで利益が得られる。

    解説

  • 24

    外国投信

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外国投信は、海外で設定され海外で運用されている投資信託。日本では代行証券会社が外国投信を輸入販売している。外国投信は世界の投信に投資できるので投資の選択幅が広がる。

    解説

  • 25

    委託保証金

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 委託保証金は、株式の信用取引等で取引をする顧客が証券会社等におさめる証拠金のこと。

    解説

  • 26

    サムライ債

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サムライ債は、円建て外債の愛称。外国の発行機関が日本で発行する円建て債券をサムライ債という。

    解説

  • 27

    転換社債

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 転換社債は、社債の1つ。一定の期間内ならいつでも一定の価格で株式と交換できる権利のついた社債。

    解説

  • 28

    株式投資信託

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株式投資信託は、信託財産を株式中心に運用する投資信託。

    解説

56782

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ