zuknow learn together

新しい教材を作成

IT・システムアーキテクチャ用語

カード 16枚 作成者: コビー (作成日: 2013/10/21)

  • ASP

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

難しいIT専門の用語です。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ASP

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ASPとは、通常の業務用ソフトが持っている機能をインターネットなどのネットワーク上で提供し、月々の支払いでその機能が利用できるようにした提供業者のこと。Application Service Provider の頭文字を取った略語。

    解説

  • 2

    POS

    補足(例文と訳など)

    答え

    • POSは、小売店で売った商品の情報をコンピュータ管理するシステムのこと。Point Of Sales (販売時点情報管理)の頭文字を取った略語。POSでは商品を売ると同時に商品名、価格、時間、購入者の年代層などの情報をコンピュータで入力、蓄積、分析することができる。商品の情報は、商品に印刷してあるバーコード情報を用いる(最近はより情報が豊富な2次元バーコードも使用されている) 。

    解説

  • 3

    プロバイダー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロバイダーは、個人や企業のパソコンをインターネットに接続する業者のこと。

    解説

  • 4

    SCM

    補足(例文と訳など)

    答え

    • SCMは、取引先との資材調達や物流、在庫管理などの効率化、リードタイムの短縮を目的とする企業間連携システム。Supply Chain Management (サプライチェーンマネジメント)の頭文字を取った略語。SCMでは、 ITを駆使し、TOC理論をネットワーク上で利用することで、必要なデータの収集、分析、対策がリアルタイムにできる。

    解説

  • 5

    TOC

    補足(例文と訳など)

    答え

    • TOCは、エリヤフ・ゴールドラット氏が提唱した、SCM(サプライチェーンマネジメント)の基礎をなす理論のこと。Theroty Of Constraints (制約理論)の頭文字を取った略語。工場など物流の中で停滞している部分の制約条件をすばやく発見し、それに対処することで全体の生産性を上げるのがTOCの基本的な考え方である。TOCの対象は生産現場の工場に限らず、ビジネスすべてに応用できる。

    解説

  • 6

    WAN

    補足(例文と訳など)

    答え

    • WANは、企業の本社と工場のように、離れた場所を結びつけるネットワークのこと。Wide Area Network (広域情報通信網)の頭文字を取った略語。

    解説

  • 7

    VAN

    補足(例文と訳など)

    答え

    • VANは、企業間のECで使われる専用ネットワークのこと。Value-Added Network (付加価値通信網)の頭文字を取った略語。

    解説

  • 8

    CRM

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CRMは、企業が1人1人の顧客のニーズ、行動、満足度などにポイントを置き、マーケティングを行う経営の方法。Customer Relationship Managementの頭文字を取った略語。

    解説

  • 9

    プロトコル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロトコルは、ネットワーク上でデータ通信する場合の伝送手順を決めた約束事。決まったプロトコルの手順を守りさえすれば、異なるシステム間でも問題なくデータ通信できる。インターネットではTCP/IPというプロトコルが採用されている。

    解説

  • 10

    イントラネット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イントラネットは、企業内でネットワークを構築するのにインターネットで用いられているTCP/IPというプロトコルを用い、インターネットの情報と社内の情報をシームレスに扱うことができるようにした企業システムのこと。

    解説

  • 11

    インターネット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インターネットは、各国のコンピュータネットワークを結びつけた世界規模のコンピュータネットワーク。アメリカ国防省高等研究計画局が1970年頃に取り組んだコンピューター間の通信に関する研究がインターネットのベースとなっている。インターネットのはじめは学術研究が目的であったが、1990年代に商用化された。企業や個人をインターネットと結びつけるサービスを行う「プロバイダー」により、簡単にインターネットを利用できるようになった。

    解説

  • 12

    TCO

    補足(例文と訳など)

    答え

    • TCOは、コンピュータシステムを運用する総経費のこと。Total Cost Of Ownershipの頭文字を取った略語。TCOでは、システム導入時の初期費用だけではなく、機器の保守費、システムを運用するための人件費などすべての費用合計が入る。システム導入の効果を見る場合に重要視される。

    解説

  • 13

    グループウェア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グループウエアは、企業内の事務的な業務を効率化するためのシステムのこと。グループウエアと言えば通常、電子メールや電子会議、あるいは稟議など部署間をまたがる業務の流れ(ワークフロー)を実現するシステムがセットになっており、LANやWANのネットワーク上で、グループウェアを構築することにより、企業内での情報の共有化、意思決定の迅速化が図れる。

    解説

  • 14

    ロジスティクス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロジスティクスは、製品の製造/販売に関わるモノの流れ全体をいう。ロジスティクスという言葉は元々は軍事用語で、軍を展開する際に必要な物資の配送、調達のための戦略のことを言う。この考え方を製造業や大手小売業の物流システム作りに応用、マーケティングの一環として体系化された。

    解説

  • 15

    インターネット銀行

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インターネット銀行は、インターネット上で預金の取り扱いや資金決済を行う銀行。インターネット銀行は店舗がないため、設備投資や人件費を抑えることができるので預金金利や委託手数料を優遇できる。インターネット銀行の拡大とともに、従来多数の店舗を持っていた銀行は店舗を最小限に抑え、業務の効率化を進めている。

    解説

  • 16

    LAN

    補足(例文と訳など)

    答え

    • LANは、オフィスや工場にあるコンピューターを有機的に結びつける通信システム。Local Area Network (構内情報通信網)の頭文字を取った略語。

    解説

56717

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ