zuknow learn together

新しい教材を作成

精神科01

カード 44枚 作成者: k_ono (作成日: 2014/06/18)

  • 双極性障害の治療に(   )を使うことがある。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

MCQ対策
疾病ver.


医学/医療/医師/国試

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    双極性障害の治療に(   )を使うことがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗てんかん薬

    解説

  • 2

    認知症の中では(   )が最も多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Alzheimer認知症

    解説

  • 3

    ナルコレプシーでは(   )を呈する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日中過眠、情動性脱力発作、睡眠麻痺、入眠幻覚

    解説

  • 4

    典型的なうつ病の病前性格として、(   )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 几帳面、まじめ、完璧主義、仕事熱心、周りとの協調性を重んじる

    解説

  • 5

    「家族に迷惑をかけていると自分を責めることがありますか。」といった質問により、単極性うつ病の症状である(   )の有無を確認できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 罪業妄想

    解説

  • 6

    抗精神薬の薬理作用は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • dopamine D2受容体遮断作用

    解説

  • 7

    抗不安薬の薬理作用は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • GABA受容体増強作用

    解説

  • 8

    抗うつ薬の薬理作用は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Serotonin再取り込み阻害作用

    解説

  • 9

    Altzheimer型認知症の進行を抑制薬の薬理作用は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • acetylcholine esterase阻害作用

    解説

  • 10

    薬物依存について、 すべての依存性薬物は、多少とも(   )を起こす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神依存

    解説

  • 11

    薬物依存について、 すべての依存性薬物に、(   )がみられるとは限らない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 身体依存や耐性

    解説

  • 12

    従来診断において、双極性感情障害は(   )に分類される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内因性精神病

    解説

  • 13

    日本の社会精神医学について、 自殺者数は、平成10年に初めて(   )となった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3万人超

    解説

  • 14

    日本の社会精神医学について、 自殺者は、(   )が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 女性より男性の方

    解説

  • 15

    日本の社会精神医学について、 G8の中で日本の自殺率は、(   )に高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2番目

    解説

  • 16

    日本の社会精神医学について、 精神障害の(   )は、増加傾向である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労災補償

    解説

  • 17

    日本の社会精神医学について、 専門職のうち、(   )の自殺率が最も高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医師

    解説

  • 18

    統合失調症の症状には、(   )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カタレプシー、抑うつ、幻聴、妄想

    解説

  • 19

    神経症性障害について、 器質的な病変はなく、(   )を主症状とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 機能障害

    解説

  • 20

    神経症性障害について、 病識はあり、(   )を保ち現実との接触も著しくは損なわれていない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現実検討能力

    解説

  • 21

    神経症性障害について、 (   )はあり、現実検討能力を保ち現実との接触も著しくは損なわれていない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 病識

    解説

  • 22

    神経症性障害について、 強迫性障害は、(   )要因が強い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遺伝的

    解説

  • 23

    アルコール離脱早期症候群では、(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自律神経症状(発汗、体温変化、心悸亢進、イライラ、不安)

    解説

  • 24

    アルコール離脱後期症候群では、(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 振戦せん妄(自律神経機能亢進、失見当識、意識変容、幻覚、四肢の振戦)

    解説

  • 25

    コルサコフ精神病では、(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 作話、記銘力障害、健忘、失見当

    解説

  • 26

    睡眠薬離脱状態では、(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自律神経症状(不眠、不安、焦燥感、発汗)

    解説

  • 27

    覚醒剤精神病では、統合失調症に類似した(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 陽性症状(幻覚、妄想)

    解説

  • 28

    器質性精神障害について、 通過症候群とは、原則として意識障害を伴わない、(   )のことで、回復可能である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 可逆的知能障害

    解説

  • 29

    急性脳器質性症候群では、(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意識障害、せん妄状態

    解説

  • 30

    慢性脳器質性症候群では、(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 認知症

    解説

  • 31

    内分泌精神症候群では、(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 本能的欲動の異常

    解説

  • 32

    器質性精神障害について、 急性外因反応型では、(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意識混濁

    解説

  • 33

    器質性精神障害について、 慢性外因反応型では、(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 認知症、人格崩壊

    解説

  • 34

    知能指数の平均は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 100

    解説

  • 35

    (   )が障害されると著しい記憶障害が起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 側頭葉

    解説

  • 36

    抗精神病薬の副作用について、 短期使用で出現する錐体外路症状には、(   )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パーキンソン症状、アカシジア、急性ジストニア

    解説

  • 37

    抗精神病薬の副作用について、 (   )は、まれであるが最も重篤な副作用であり生命にかかわる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 悪性症候群

    解説

  • 38

    抗精神病薬の副作用について、 (   )は、乳汁分泌や月経異常をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高プロラクチン血症

    解説

  • 39

    抗精神病薬の副作用について、 長期使用で出現する錐体外路症状には、(   )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遅発性ジスキネジア、遅発性ジストニア

    解説

  • 40

    アルツハイマー型認知症について、 (   )が治療に用いられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コリン性作動薬(塩酸ドネペジル)

    解説

  • 41

    アルツハイマー型認知症について、 他の脳部位に比べて、(   )が目立つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 海馬の萎縮

    解説

  • 42

    自殺未遂患者は、(   )が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 男性より女性の方

    解説

  • 43

    日本の自殺死亡率はアメリカの(   )の水準である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 約2倍

    解説

  • 44

    (   )の改正により過重労働者に対する面接が実施されるようになった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働安全衛生法

    解説

56638

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ