zuknow learn together

新しい教材を作成

企業経営の用語

カード 22枚 作成者: コビー (作成日: 2013/10/21)

  • CS

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

経営についての用語集です。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    CS

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CSは、顧客のニーズを満たすことをマーケティングの中心とする考え方。Customers Satisfaction (顧客満足)の頭文字を取った略語。商品の機能や品質の差別化が難しくなってきている現在、CSは、顧客サービスの個性化により消費者に対してアピールしようとするものである。

    解説

  • 2

    会社更生法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 会社更生法は、経営が行き詰まっているが、再建の見込みはまだある株式会社について、債権者や株主等の利害を調整しながら会社の事業を継続し、その更生を図ることを目的とした法律。

    解説

  • 3

    カンパニー制

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カンパニー制は、企業を事業分野毎の独立性を高めた企業構築の方法。 アメリカとは異なり、持ち株会社の下に子会社を配置する完全な分社化が制度上不可能だった日本では、カンパニー制が1990年代後半からとられた。1997年の独占禁止法改正で純粋な持ち株会社が認められたため、カンパニー制は純粋持ち株会社へ移行する過渡的な形と見られる。

    解説

  • 4

    コーポレートガバナンス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コーポレートガバナンスは、企業経営を円滑にすすめることを目的に、利害関係者の利害を調整するメカニズムのこと。corporate governance (企業統治)から来ている。 企業経営に関連する利害関係者は株主、従業員、顧客、取引先、取引銀行、企業のある地域、債権者など広がりが大きい。日本では従来、株主の存在が軽く見られていたが、コーポレートガバナンスを進める上で株主の重要性が再認識されている。

    解説

  • 5

    コアコンピタンス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コアコンピタンスは、企業の競争力の中核になる事業のこと。core competenceから来ている。コアコンピタンスは最も他社との競争力が高い得意分野の事業を言う。現在の競争の厳しい世界においては研究開発などヒト、モノ、カネの投入はコアコンピタンスに集中し、その他の事業はアウトソーシングなど効率性を高めた経営、すなわちコアコンピタンス経営が重要であるとされる。

    解説

  • 6

    株式持ち合い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株式持ち合いは、企業同士が互いに相手の株式を保有する(持ち合う)こと。株式を持ち合うことで取引関係の強化などを目的とすることが多い。なお、株式持ち合いの結果、市場に流通する株式が減少するため、会社の買収(M&A)に効果があると言われる。最近は景気低迷の長期化で資産の効率化を進める動きが加速しており、利回りの低い持ち合い株式を売却する企業が多くなっている。

    解説

  • 7

    バランスシート調整

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バランスシート調整は、企業が負債の圧縮や収益性の向上のため、投資行動等を抑えること。バランスシートに記載の株式、土地等が大きな含み損を抱えている場合、損失の処理を優先的に処理することになり、積極的な投資行動を行えない。

    解説

  • 8

    系列

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 系列は、商取引を限られた相手とだけ行う企業グループ。自動車メーカーが部品メーカーを系列化して、品質を高くかつコストを下げ、生産量を確保してきたのがよく知られているが、「Keiretsu」は日本型のシステムとして海外でもそのままの言葉で通用する。

    解説

  • 9

    アウトソーシング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アウトソーシングは、企業内の業務を一括して外部企業に委託すること。outsourcingから来ている。情報システムの構築や運用等、コア・コンピタンスではない業務をアウトソーシングするのが一般的。

    解説

  • 10

    コンプライアンス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンプライアンスとは、法令等のルールを厳密に守ること。compliance(法令遵守)から来ている。 企業内でマニュアルを作成、配布して、社員にコンプライアンスの徹底を図り、社会的なルールに反する行為を未然に防ぐ活動を行うことが求められる。

    解説

  • 11

    キャッシュフロー経営

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キャッシュフロー経営は、実際のお金の出入りを示すキャッシュフローの拡大を重視した経営のこと。 キャッシュフローが多ければ、銀行融資などを受ける必要がなくなるので、経営の安定度が増すと考えられる。バブルの崩壊により、銀行の融資基準が厳しくなっており、キャッシュフローを重視した経営が叫ばれている。

    解説

  • 12

    増資

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 増資は、株式会社が資本金を増やすことを言う。

    解説

  • 13

    自社株買い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自社株買いは、企業が自社の発行した株式を買い戻すこと。一般的に、自社株買いには株式を買い戻すことで、株価の上昇要因となる、あるいは敵対的な買収を防げる効果がある。

    解説

  • 14

    メセナ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メセナは、芸術、文化の支援活動のこと。企業イメージの向上を図るため、メセナが盛んになっている。

    解説

  • 15

    執行役員

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 執行役員は、商法上の取締役ではないが、事業部門のトップなどとして業務の執行に専念する責任者。従来、日本の企業においては取締役の数が多すぎて、取締役全員が経営の意思決定をしているとは思えず、取締役がサラリーマンの出世ポストとしての意味合いが強かった。執行役員を設ける執行役員制度では経営に参画する取締役を必要人員に抑え、残りは執行役員として通常の業務の責任者として職務を全うする。 日本では1997年にソニーが初めて執行役員制度を導入した。

    解説

  • 16

    厚生年金基金

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 厚生年金基金は、1966年に発足した企業年金制度。 厚生年金基金は企業独自の年金部分と厚生年金の一部を国に代わって運用する代行部分で構成されている。バブル崩壊後、資産運用が著しくなく、解散する厚生年金基金が増加している。

    解説

  • 17

    社内ベンチャー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社内ベンチャーは、企業が新規分野の事業に進出する場合、企業の内部に設ける独立した事業体。社内ベンチャーは、ゼロから事業を起こし、短期間で新規事業を立ち上げる場合に有効な組織とされる。

    解説

  • 18

    リスクマネジメント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リスクマネジメントは、リスクが起こる前からその影響を予測し、実際に起こったときに影響を最小限に食い止める方法のこと。

    解説

  • 19

    監査役

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 監査役は、企業の会計監査、業務監査の担当。2001年の商法改正で負債200億円以上の企業は3人以上の監査役のうち半数以上(最低2人)は社外から起用することが義務づけられている。

    解説

  • 20

    持株会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 持ち株会社は、株式の保有を通じて、他の会社を支配することを主業務とする会社。持ち株会社自らは、製造等の事業はせず、保有株式の配当が収入となる。従来、独占禁止法で持ち株会社の設立は禁止されていたが、産業構造の変化が加速する中で、事業部門の分離統合や新規事業への参入が容易な持ち株会社が1997年に認められた。

    解説

  • 21

    エクイティファイナンス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エクイティファイナンスは、新株発行を伴う資金調達のこと。equity financeから来ている。エクイティファイナンスには公募や私募による増資のほか、転換社債(CB)や新株引受権付社債(ワラント債、WB)、優先株の発行などがある。企業にとって、エクイティファイナンスは銀行借り入れや普通社債の発行などにくらべて一般的にコストが下がるメリットがある。

    解説

  • 22

    リストラクチャリング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リストラクチャリングは、企業の事業再構築のこと。restructuringから来ている。リストラクチャリングという言葉は、最近はリストラの略称で、事業部門の縮小/廃止や人員整理などを言うケースが多いが、本来の意味は事業の再構築という前向きな意味。

    解説

56875

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ