zuknow learn together

新しい教材を作成

Jカーブ効果の用語

カード 27枚 作成者: コビー (作成日: 2013/10/21)

  • ISO14001

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ISO14001

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ISO14001は、国際標準化機構(ISO)が定めた環境管理システムなどに関する国際規格。企業が製品を製造する過程で、環境に与える負担を削減する努力がISOによって認証を受けた各国の審査機関によって審査される。ISO14001の審査は原料の調達、製造、販売、消費からリサイクルまでの幅広い工程が対象となる。

    解説

  • 2

    社会主義市場経済

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会主義市場経済は、中国の経済政策。従来の計画的な経済である社会主義経済から市場経済を重視する体制への移行を進める考え方。社会主義市場経済について、1993年の中国全国人民代表大会で憲法に盛り込まれた。これにより、中国はすべての企業が公営で活動内容は政府が決めていたのを、民間企業の活動が認められるようになった。現在中国が大きく経済発展しているのは社会主義市場経済の導入が大きいといわれている。

    解説

  • 3

    累積債務

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 累積債務は、開発途上国の借金(債務)が返済を上回って拡大し、累積した結果、巨額になったこと。開発途上国が先進国から借金をし、産業の発展を計画しても、予定通りに行かない場合、累積債務の返済が滞ることになるが、投資家の信頼を失うなどにより通貨危機に発展する場合がある。

    解説

  • 4

    メキシコ通貨危機

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メキシコ通貨危機は、1994年、メキシコの通貨ペソの為替レートが1ドル3.5ペソが7.5ペソへ暴落した事件。メキシコの経済成長が資金を投下していた投資家の期待ほどではなく、海外の投資家が投下資金を引き上げたのが原因でメキシコ通貨危機が起きたと言われる。

    解説

  • 5

    国債収支

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国際収支は、一定期間の外国との経済取引収支。国際収支には通常の貿易からくる経常収支と証券投資などからくる資本収支とがある。国際収支速報では、2005年上期(4ー9月)に、はじめて資本収支が経常収支を8000億円程度上回った。これは今まで工業製品の輸出を中心に外貨を獲得してきた日本の国際収支構造が変化しつつあることを示していると言えよう。

    解説

  • 6

    タックスヘブン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タックスヘブンは、税金が課せられなかったり、税率が大変低いなどの企業等に有利な税制を持つ地域のこと。tax heaven 租税回避値からきている。タックスヘイブンは、バハマ/ケイマン諸島やヨーロッパに多い。最近は犯罪組織のマネーロンダリング(資金清浄)にも使われることがわかっており、タックスヘイブンの取り扱いが世界各国の間で話し合われている。

    解説

  • 7

    南北問題

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 南北問題は、地球の北半球と南半球に属する国々の諸問題のこと。先進国が主に北半球、開発途上国が主に南半球にあることから南北問題と呼ばれる。

    解説

  • 8

    多国籍企業

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多国籍企業は、複数の国にまたがって、活動を行う企業のこと。現在は自国に留まらず、最も効率の良い国、すなわち多国籍で研究開発、製造を行うことが企業の競争力を保つ上で不可欠となっている。日本の製造業でも、優秀な企業の多くは多国籍企業となっている。

    解説

  • 9

    変動相場制

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 変動相場制は各国通貨の価値を固定せずに市場の動きによって決める方法のこと。

    解説

  • 10

    資本収支

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 資本収支は、海外直接投資等の資本の流出とその逆の資本の流入の収支をいう。

    解説

  • 11

    タックスヘイブン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タックスヘイブンは、税金が課せられなかったり、税率が大変低いなどの企業等に有利な税制を持つ地域のこと。tax heaven 租税回避値からきている。タックスヘイブンは、バハマ/ケイマン諸島やヨーロッパに多い。最近は犯罪組織のマネーロンダリング(資金清浄)にも使われることがわかっており、タックスヘイブンの取り扱いが世界各国の間で話し合われている。

    解説

  • 12

    経常収支

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経常収支は、1つの国における一定期間のものやお金の輸出入の総額。経常収支は、商品の輸出入を示す貿易収支、サービスの輸出入を示すサービス収支、証券投資等の収支を示す所得収支、ODAの現物援助の収支を示す経常移転収支の合計となる。

    解説

  • 13

    内外価格差

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内外価格差とは、国内価格と海外価格の差のこと。

    解説

  • 14

    ハブ空港

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハブ空港は、自転車の車輪の軸受け(ハブ)とスポークの関係のように、放射状に航空路線が展開されている空港のこと。空港の発着能力が大きく、航空会社の主基地があり、24時間運用ができ、各路線との乗り継ぎ等が充実していることが、ハブ空港の要件となる。

    解説

  • 15

    特恵関税

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特恵関税は、特定の国に対して適用される特別に低い関税。特定の国と話し合って、相互に特恵関税を設定し合う場合、開発途上国への援助の意味で特恵関税を設定する場合等がある。

    解説

  • 16

    ルックイースト政策

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ルックイースト政策は、西欧の国ではなく、日本や韓国等東方の国を手本にしようとする政策。マレーシアのマハティール首相が1981年にルックイースト政策を打ち出した。マハティール首相は日本や韓国の経済発展を高く評価し、これを見習う政策をとったのである。ルックイースト政策により、日本、韓国からの企業による投資が増加し、マレーシア経済は着実に成長してきている。

    解説

  • 17

    対外純資産

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 対外純資産とは、ある国が持っている実質的な対外資産のこと。外貨準備等の対外資産から、外国人からの日本株式投資等対外債務を引いたもの。

    解説

  • 18

    ブーメラン効果

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブーメラン効果は、経済援助などを行った場合、その投資による生産活動の結果、その影響がもとの投資した企業に及ぶこと。投資先の企業が実力をつけた結果、投資元の企業よりコスト競争力がつけば、ブーメラン効果で投資元の企業の商品が売れなくなることもある。投げたブーメランが戻ってくることのたとえ。

    解説

  • 19

    京都議定書

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 京都議定書は、1997年、地球温暖化防止のために採択された議定書。会議が京都で開かれたので京都議定書と言う。京都議定書では、二酸化炭素等地球温暖化に影響を及ぼすガスについての排出削減目標を定めている。

    解説

  • 20

    ホットマネー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホットマネーは、短期的に国際金融市場を駆け回る資金のこと。ある国が経済危機に陥った場合、ホットマネーは短期間のうちにいっせいにその国から退避する。情報化社会においては情報の伝達速度、資金の移動手段どれもが非常に速くなっており、ホットマネーの金融市場へ与える影響は大きいものがある。

    解説

  • 21

    エマージング市場

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エマージング市場は、経済成長が著しく、投資先として有望な地域のこと。

    解説

  • 22

    最恵国優遇

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最恵国優遇は、貿易や関税に関する取り決めで、相手との通商条約で「最恵国優遇」が明記されていれば、少なくとも他国との関税率と同じ関税率にはするということである。「最恵国優遇」と明記している条約を交わしている国に対して、ある商品で5%の関税率を課していた場合、他の国で2%の取り決めをかわしたとすると、最恵国に対しても、関税率は2%となる。

    解説

  • 23

    プライムレート

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プライムレートは、銀行が最も優遇している企業向け最優遇貸し出し金利のこと。プライムレートは大手企業向け融資の指標となる。

    解説

  • 24

    地球温暖化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地球温暖化は、二酸化炭素等の温暖化ガスにより、地球の平均気温が上昇する現象。二酸化炭素等が熱を地球の外へ逃がさず、閉じ込めてしまうことからこの地球温暖化現象が起こる。地球の温暖化は海面上昇による低地の水没、河川の氾濫、生態系への悪影響が懸念されている。

    解説

  • 25

    NIES

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NIESは、工業化が進み、経済が成長してきている開発途上国。Newly Industrializing Economies (新興工業経済地域)の頭文字を取った略語。NIESは、アジアの韓国、シンガポールやラテンアメリカのアルゼンチン、ブラジル、ヨーロッパのギリシャ、ポルトガルなどを指す。また韓国、台湾、香港、シンガポールをアジアNIESと呼ぶことがある。NIESは、半導体等のハイテク部品生産は技術が向上し、日本を追い上げている。

    解説

  • 26

    経済特区

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経済特区は、中国で経済改革、開放の政策を進めるために設置された特別な経済地域。経済特区では外国企業が活動しやすいように、関税の免除や所得税の据え置き制度などがある。外国企業を誘致することで、中国側は土地、建物、労働力を提供するかわりに、中国国内に外国企業のすぐれた技術ノウハウが蓄積できるという期待感がある。

    解説

  • 27

    Jカーブ効果

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Jカーブ効果は、為替レートが変動したとき、その効果が現れるまでタイムラグがあり、短期的には予想される方向とは逆の現象が起こること。例えば、円安になれば、日本からの輸出価格が低下し、輸出が伸びて貿易黒字が大きくなるはずだが、その反対に貿易赤字が増えることがある。これをJカーブ効果と言う。短期的にはJカーブ効果がおこると、必ずしも理論通りの動きにはならない。

    解説

56938

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ