zuknow learn together

新しい教材を作成

不動産金融主要企業一覧

カード 52枚 作成者: Nozomi (作成日: 2013/10/21)

  • グロブナー・ファンド・マネジメント・ジャパン・リミテッド

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

不動産金融の主要企業一覧になります。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    グロブナー・ファンド・マネジメント・ジャパン・リミテッド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 英国に本拠を置く、世界で最も歴史ある不動産投資会社のひとつ。日本においては拠点開設以来103件の取引物件があり、現在は46物件の管理を行っている。中国で1本、日本で3本のファンドを運用しており、今後アジアへの投資配分を引き上げることを検討している。

    解説

  • 2

    エートス・ジャパン・エルエルシー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 米系不動産投資会社の大手。日本市場を対象とした不動産投資ファンドとしては世界最大級の投資規模。不動産関連会社のM&Aも積極的に手掛ける。ほとんどのスタッフが日本人のプロフェッショナルであり、外資系ながら日本の商習慣に精通した助言が出来ることも特徴。

    解説

  • 3

    シービーアールイー株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 世界50カ国以上のグローバルネットワークを有する、大手不動産ソリューション企業。事業用不動産、投資用不動産の別を問わず包括的なコンサルティング・サービスを提供し、不動産戦略パートナーとして企業価値を向上に貢献する。

    解説

  • 4

    ゴールドマン・サックス・リアルティ・ジャパン有限会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゴールドマン・サックスグループ傘下の不動産アセットマネジメント会社。日本・アジア地区にてホテル、ゴルフ場等多様な投資物件のアセットマネジメントを行い、多角的なアプローチでリターンの最大化を提供する。

    解説

  • 5

    モルガン・スタンレー・キャピタル株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不動産投資アドバイザリーおよびアセット・マネジメント業務、プライベート・エクイティ業務を行う、モルガン・スタンレーHDの完全子会社。不動産ファンドは設立以来4000件、総額2.5兆円を超える不動産関連資産への投資を行っている。

    解説

  • 6

    アンジェロ・ゴードン・インターナショナル・エルエルシー東京支店

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 米・ニューヨークに本拠を置くオルタナティブ投資に特化したファンドの日本法人。グローバルでは約2兆5000億円の資産を運用しており、アジア向けの2本のファンドは総額600億円規模となっている。日本法人は4名体制。アジアでは他に、韓国に4名、香港に10名前後の投資プロフェッショナルを抱える。投資スタイルとしては単純な利回りを追求するのではなく、所謂バリューアッド型が多い。好立地にあるが、経年劣化により建物としての競争力が落ちてきたビルに投資・改修をし、賃料等を上げた上で売却する手法を取る。2012年には青山ベルコモンズを取得している。

    解説

  • 7

    オークツリー・ジャパン合同会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1995年米ロサンゼルスとニューヨークにて設立、世界11カ国において13のオフィスと700名の従業員を有する業界最大手クラスの投資会社。日本市場へは1998年に進出、不動産投資を含めて様々な投資案件に係る実績を誇る。運用資産約771億ドルを運用管理し、オポチュニスティックかつ堅実なリスク管理を重視しながら、ディストレスト、ハイ・イールド、転換社債、プライベート・エクイティ(エネルギー・インフラストラクチャー投資を含む)、不動産、エマージング市場、日本株及びメザニン・ファイナンスなどの投資商品の運営・助言を行っている。

    解説

  • 8

    GICリアルエステート・インターナショナル・ジャパン株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アジアにおいて最大規模の外国政府系ファンド。シンガポール政府の外貨準備金を運用する政府公社の不動産投資部門。あらゆるセクターの物件(オフィス、商業施設、産業施設、ホテル、そして住宅等)を投資対象とし、投資手法は、物件の直接取得から、不動産投資ファンドへの出資、不動産関連企業への戦略投資、ジョイントベンチャー、及び不動産向け債権に至るまで、多岐にわたる。2012年3月には「福岡ヤフージャパンドーム」(福岡市中央区)をソフトバンクグループに870億円で売却。

    解説

  • 9

    フォートレス・リアル・エステート・アジア合同会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1998年創設、欧米およびアジアに15拠点を構え、運用資産約546億ドルを有する世界有数のPEファンド/ヘッジファンド運用会社。日本においては、都心の高額な大型オフィスビルではなく、賃貸住宅や商業施設を担保とする不動産債権を取得。ビジネスホテルを含むこうした首都圏の中小型物件を主な投資対象とする。2009年に開始した第1号ファンドでは34%の収益率を確保し、第2号ファンドでは1300億円を投資家から調達した。

    解説

  • 10

    グローバル・ロジスティック・プロパティーズ株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • GIC(シンガポール政府投資公社)の不動産投資部門を源流とする、日本、中国及びブラジルにおける先進的物流施設プロバイダー。2009年に米系不動産会社のプロロジスが保有する国内物流施設を買収し、現在では7都市69物件の物流施設を所有・運営、総延床面積は約280万平方メートルにのぼる。また、中国においても主要な物流拠点をカバーする20都市において261の竣工物件を所有・運営しており、こちらの総床面積は約1,120万平方メートルにのぼる。

    解説

  • 11

    アジア・パシフィック・ランド・(ジャパン)・リミテッド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 香港で設立され、アジア市場で不動産投資・開発・アセットマネジメントを手がけている不動産金融の大手。日本で管理する不動産資産は63件、33億米ドルを超える規模を誇り、オフィス資産と住宅資産の分野で優れた実績を有している。また、中国では同国最大の不動産取引となった物件を含む8億米ドルを超える資産を管理しており、APL全体で管理する不動産資産は42.5億米ドルに及ぶ。

    解説

  • 12

    DTZ デベンハム・タイ・レオン株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1784年に英・バーミンガムで創業された、世界4大不動産コンサルティング会社の一角。1990年代後半からアジア太平洋地域へ本格進出し、日本には2001年に拠点を設立した。国内外の一般事業会社や機関投資家に対し、オフィス・物流施設等に関するコーポレート・リアルエステート・コンサルティング、テナント向けアドバイザリー、鑑定、不動産市場に関するリサーチ&コンサルティング、インベストメント・アドバイザリー、アセット・マネジメントなどのサービスを提供している。

    解説

  • 13

    プロロジス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1991年にアメリカで設立された、物流施設のグローバル・プロバイダー。アメリカ大陸・ヨーロッパ・アジアで合わせて5,500万平方メートル以上の物流施設を所有・運営・開発しており、22カ国で展開する約3,500棟の物流施設を製造業、小売業、輸送会社、3PL会社など、大規模な物流業務に携わる企業に賃貸している。2011年6月にAMBプロパティコーポレーションと経営統合し、総運営資産額は440億ドル(約3兆7,400億円)、時価総額240億ドル(約2兆400億円)の物流施設を所有することとなった。

    解説

  • 14

    ハイポ・リアル・エステート・キャピタル・ジャパン株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 独ミュンヘンに本店がある世界的不動産金融グループ。もとは独の大手銀行不動産融資業務がスピンオフする形で設立。リーマンショックを発端に資金繰りが悪化し、2009年にドイチェ・ファンドブリーフバンクAGの子会社となっている。

    解説

  • 15

    ジョーンズ ラング ラサール株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全世界におよそ200の営業拠点をもつ総合不動産サービスのリーディングカンパニー。アジア太平洋地域での活動は50年以上にわたり、現在では70カ国、約1000都市において48000名のスタッフが業務を展開している。2000年6月には、プロパティマネジメントをコアビジネスとする株式会社ランドビルマネジメントを統合し、日本市場における総合不動産サービス会社としての体制を確立した。

    解説

  • 16

    ハドソン・ジャパン株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 米ファンドのローンスターグループ傘下のアセット・マネジメント会社。私募ファンドのアセット・マネジメント業務等を行うほか、事務代行、資産適正評価及び経営コンサルティング業務などを展開中。

    解説

  • 17

    ラサールインベストメントマネージメント株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1999年にジョーンズラングウートンとラサールパートナーズが合併した際に、両者のファンドマネジメント部門が合併して誕生した、世界トップクラスの不動産投資顧問会社。日本においてもアウトレットモールやスーパーマーケット、物流拠点施設など幅広い実績を誇る。

    解説

  • 18

    レッドウッド・グループ・ジャパン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 旧AMBブラックパイン(AMBプロパティジャパンの前身)のスチュアート・ギブソン氏、チャールズ・デ・ポルテス氏が設立した不動産投資会社。日本、中国、韓国、シンガポールに拠点を持ち、アジア・ヨーロッパにおいて総額50億米ドルを超える不動産開発・既存物件取得活動の経験を保持している。優良新興国における都心部エリアをターゲットとし、物流倉庫、輸送拠点の不動産ソリューションを顧客に提案、遂行する。

    解説

  • 19

    三菱商事・ユービーエス・リアルティ株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三菱商事とUBSの合弁によって設立したアセットマネジメント会社。商業施設と産業用不動産に特化したREITを運営している。

    解説

  • 20

    CBREグローバルインベスターズ・ジャパン株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オランダINGグループの一員であったING不動産投資顧問が前身。2011年、CBREグループによるINGグループ不動産投資運用事業の買収にともない、社名を変更した。世界有数の不動産投資顧問会社の日本での拠点として、詳細なリサーチに基づいたポートフォリオの戦略立案、投資アドバイス、投資実行、アセットマネジメント等の一貫したサービスを提供している。

    解説

  • 21

    MGPA Japan LLC

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オーストラリアの総合金融サービスプロバイダーであるマッコーリー・グループが出資する、アジアとヨーロッパにおける不動産投資にフォーカスしたプライベートエクイティ不動産投資アドバイザリー会社。投資対象は、オフィス、リテール、インダストリアル、レジデンシャル、そしてホテルの各分野にわたり、開発、再開発プロジェクト、ジョイントベンチャーおよび不動産運営会社への投資も行っている。現在約110億米ドルの資産を運用している。投資規模は7500万米ドル(うちエクイティー投資が最低2000万米ドル)からを理想とし、大型投資には顧客である幅広い機関投資家との共同投資やパートナーシップによって対応する。

    解説

  • 22

    株式会社ウエストブルック・ジャパン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 米不動産投資会社ウェストブルック・パートナーズの日本拠点。オフィスからレジデンスまで、幅広い対象に投資を行っている。日本においては渋谷、表参道、芝公園等に商業ビルを持っている。

    解説

  • 23

    ヴェロックス アセット マネジメント コープ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 世界規模で不動産の投資・開発、長期運用を行う香港系の不動産プロ集団。国内では表参道周辺をはじめ都心部での商業施設開発に限定しており、その建築物の独創性は内外からも高い評価を得ている。

    解説

  • 24

    株式会社ダヴィンチ・アドバイザーズ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国内不動産を投資対象とした独立系不動産投資顧問会社。一部ファンドにおいては単なるアドバイザリーにとどまらず、自己資金を投入している。

    解説

  • 25

    グローバル・アライアンス・リアルティ株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不動産投資事業に精通した大手機関投資家、金融機関、不動産事業会社を母体として発足。J-REITの資産運用を行う不動産投資法人資産運用業と、国内外の投資家や不動産オーナーをお客様とする不動産運用マネジメント業を展開。

    解説

  • 26

    株式会社ハリファックス・アセットマネジメント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1952年から日本で営業活動を行っている不動産会社コリアーズ・ハリファックスのグループ会社。仲介、デューデリジェンス、プロパティマネージメントの専門家をはじめとする全国の不動産の専門家と緊密に連携することにより、投資基準に合致した資産を取得・管理している。

    解説

  • 27

    ユニ・アジア キャピタル ジャパン株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 香港で設立された投資会社UNI-ASIAの不動産投資部門を母体として設立された、不動産アセットマネジメント会社。日本国内のホテルや住宅に特化した不動産投資ファンドの組成から、エクイティ、ノンリコースローンのアレンジメント、ファンドの管理運営など一連のアセットマネジメント業務を行う。

    解説

  • 28

    ケネディクス株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 米国不動産会社の子会社として発足。不動産及び債権投資関連ビジネスを幅広く展開し、世界で培われた高度で専門的なスキルを強みに、総合的で的確な投資関連サービスを提供。

    解説

  • 29

    ストラテジック・バリュー・パートナーズ・ジャパン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アメリカで2001年に設立された投資ファンド。創業者のビクター・コースラはシティバンク、メリルリンチ、サーベラスなどで長年ディストレスト投資に携わってきた人物で、2004年にはロンドン、フランクフルト、東京に拠点を設けている。ヘッジファンドとPEをグローバルに運用している。

    解説

  • 30

    セキュアード・キャピタル・ジャパン株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヘッジファンド、不動産、PEに投資する複数のファンドを運用するオルタナティブ資産運用会社。2011年に香港を拠点とする不動産ファンドのパシフィック・アライアンス・グループと経営統合、業界のリーディング・カンパニーとして足場を固めた。

    解説

  • 31

    フィンテックグローバル株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国内独立系のブティック型投資銀行。ストラクチャードファイナンス分野に特化し、中立的な立場から企業の資金調達をアレンジする。

    解説

  • 32

    フェニックス・プロパティ・インベスターズ・ジャパン・リミテッド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2002年に香港で設立された不動産投資ファンド運用会社。オポチュニスティック、バリュー・アドを基本戦略とし、リノベーション・開発・再開発など様々な手法により資産価値の向上を図る。都内オフィスビルを革新的且つ低コストの改修により耐震性を強化し投資適格レベルへ向上させたり、香港の古いビルを取得し再開発するなどの高度なプロジェクトを初め、様々な案件に取り組んでいる。投資対象は、商業・オフィス・住宅を含むほぼ全てのセクター。

    解説

  • 33

    東京海上不動産投資顧問株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 東京海上火災保険の不動産部から派生した、日系保険会社グループ唯一の不動産投資顧問会社。機関投資家や年金基金向け不動産ファンドの組成・運営等のアセットマネジメント事業や、遊休不動産の有効活用の企画立案等の不動産ソリューション事業を展開している。

    解説

  • 34

    東京建物不動産投資顧問株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 東京建物グループにおける不動産ファンド事業の中核的役割を担う戦略子会社として設立。不動産投資に関する投資助言やコンサルティング業務などのサービス提供や不動産ファンドの組成・運用を行う。

    解説

  • 35

    丸紅アセットマネジメント株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大手商社丸紅グループで不動産投資業務を行う子会社。オフィス、住宅、商業施設等幅広い分野を対象に、ファンドの組成、運営受託、運用助言等を行う。

    解説

  • 36

    三井物産リアルティ・マネジメント株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三井物産グループの総合商社型アセットマネジメント会社。商社ならではの事業政・専門性の高い不動産ファンドを中心に運営している。

    解説

  • 37

    三井物産ロジスティクス・パートナーズ株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三井物産、中央三井信託銀行、ケネディクスの3社によって設立された、物流施設特化型REIT「日本ロジスティクスファンド投資法人」の資産運用会社。首都圏を中心として日本全国に30物件・1,586億円の物流施設を保有しており、中期的には資産規模3,000億円を目指して物流施設の投資を進めていく計画。

    解説

  • 38

    住商リアルティ・マネジメント株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 住友商事の100%出資により設立、機関投資家向けファンドにおけるアセットマネジメント業務を行う。特に商業施設の開発案件に強みがある。

    解説

  • 39

    ウェルス・マネジメント株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デベロップ・ストラクチャーを得意とする、独立系不動産金融会社。不動産開発投資、PE、債券等のアセットマネジメント業務を展開している。

    解説

  • 40

    森ビル不動産投資顧問株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 森ビルグループのアセットマネジメント業務を集約するために設立された100%子会社。

    解説

  • 41

    興和不動産投資顧問株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 興和不動産の証券化ビジネス部を母体とする、不動産投資顧問会社。私募不動産ファンドの運用業務を中心に、不動産証券化プロセス全般にわたるサービスを提供する。

    解説

  • 42

    GFA株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 旧興銀出身者を中心に設立された、不動産ファイナンス(不動産流動化・証券化)のアレンジャー業務を主要業務とする独立系ファーム。主に不動産流動化・証券化スキームの組成を通じ、不動産事業会社を中心とした顧客企業の資金調達を支援する。

    解説

  • 43

    株式会社シンプレクス・インベストメント・アドバイザーズ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日興コーディアルグループとシンプレクスグループの出資により設立された不動産アセットマネジメント会社。不動産開発事業、自己賃貸事業を両輪に、業界内で独自性を発揮している。2007年には主要株主がゴールドマン・サックスとエートスへと変更している。

    解説

  • 44

    株式会社イデラ キャピタルマネジメント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株式会社エムケーキャピタルマネージメントとアトラス・パートナーズ株式会社が合併して出来た独立系不動産投資会社。不動産マネジメントの現場力と長年培ってきたファンドマネジメント・新規商品開発力を融合し、安定的投資に不可欠な経済規模、経済成熟度、法制面の整備、治安、テクノロジー、環境等を兼ね備えた我が国不動産市場に豊富に存在する投資チャンスを提案するとともに、高い透明性と正確性を備えたさまざまな商品とサービスを提供する。

    解説

  • 45

    株式会社スプリング・インベストメント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 旧バブコック・アンド・ブラウンから現経営陣のMBOによって独立した不動産投資運用会社。日本の不動産マーケットを熟知した経験者によって構成されており、現物不動産・信託受益権の取得、不良債権(NPL)の取得、及び不動産を所有する法人のM&A、等様々な形態の取引に精通したメンバーが集まっている。また貸金業の許認可も受けており、多様な取引体制を整えている。

    解説

  • 46

    マーチャント・キャピタル株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不動産市場におけるマーチャントバンキング業務を専門とする独立系ブティック型投資銀行。メリルリンチ日本証券の不動産関連自己勘定投資チームのメンバーによって設立された。

    解説

  • 47

    株式会社日本ウェルスマネジメント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 富裕層、機関投資家向けに不動産コンサルティングを行う国内独立系の不動産投資顧問会社。金融と不動産の双方に関する高い専門性に裏打ちされた、多様なサービスを提供している。

    解説

  • 48

    株式会社三井住友トラスト基礎研究所

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「都市と不動産」に関する調査研究・提言とコンサルティング業務を行う専門シンクタンク。不動産の投資適格性評価や不動産市場に関する調査など、幅広い調査、コンサルティングを行う。

    解説

  • 49

    株式会社イシン・ホテルズ・グループ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • それぞれが世界的な不動産投資会社及びホテル運営会社であるグローブ・インターナショナル・パートナーズ及びウェストモント・ホスピタリティー・グループが共同出資し、日本に設立したホテル所有・運営会社。投機や買収を目的とせず、欧米で培ったホテルマネージメントの手法を駆使して直接経営しながら長期的な成長を促す。

    解説

  • 50

    ソラーレホテルズアンドリゾーツ株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チサンホテルチェーンの経営権を引き継いだ米ファンドのローンスターから運営を委託されていたユニゾンホテルズアンドリゾーツ株式会社が2004年に商号変更した。現在「チサン」、「ロワジール」等の基幹ブランドを含め、国内73軒のホテルを運営、フランチャイズ、アセットマネジメントを行う、外資系ホテルグループ。

    解説

  • 51

    インベスコ・グローバル・リアルエステート・アジアパシフィック・インク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 旧社名はAIGグローバル・リアルエステート・アジアパシフィック・インク。米資産運用大手のインベスコが2010年12月に米AIGのアジアにおける不動産投資マネジメント部門を買収し、現社名へ変更した。

    解説

  • 52

    ユニファイド・パートナーズ株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハードアセットに絡んだ投融資、ストラクチャリング組成、アセットマネジメントなどを事業の柱とする、野村ホールディングス傘下のファイナンス会社。

    解説

56706

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ